2015年8月23日(日)

11R

2015年8月23日(日) | 2回札幌2日 | 15:25発走

第51回札幌記念(GII)

芝・右 2000m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(特指) 定量 | 本賞金:6800、2700、1700、1000、680万円 | レコードが出たレース

予想

◎本命はトーホウジャッカル。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・1.59.1

デビューから149日での菊花賞Vは史上最速記録。3分1秒0の驚異的な日本レコードを叩き出す快挙でもあった。極限の走りに長期休養の代償も払ったが、復帰戦の宝塚記念で0秒3差4着。上位人気が相次いで圏外に消える中、8カ月のブランクを感じさせない力強さで追い上げ、改めて地力の高さを示した。ひと叩きで攻め気配は当然良化。まずは伝統のG2で弾みをつけ、秋のG1戦線に舞い戻る。

○対抗はラストインパクト。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・1.58.3

昨年は重賞3勝の大活躍。G1の有馬記念、天皇賞・春で0秒2差に善戦するなど、今や現役トップクラスに肩を並べるまで成長を遂げた。3000M超の長丁場より2000Mが距離ベスト。北海道シリーズは初参戦となるが、先行・差し自在の脚質で小回りコースも何ら問題ない。大目標の天皇賞・秋を見据え、復帰初戦から存在感を示したい。

▲単穴はラキシス。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・2.01.7

G1馬5頭が顔をそろえた大阪杯で、ダービー馬キズナや天皇賞馬スピルバーグら超A級牡馬を軽く一蹴。男勝りのパフォーマンスに「現役最強牝馬」を強く印象づけた。不良馬場での豪快な脚力から、北海道の洋芝も適性がありそうだ。内側の馬番1〜4番で全5勝中4勝を挙げているように、馬群にひるまない勝負根性がセールスポイント。絶好の最内枠から再び牡馬打倒に挑む。

△抑えはダービーフィズ。△穴はディサイファ。


たまちゃんの今週のワンポイントアドバイス

距離巧者、ラストインパクト

全5戦で争われる「サマー2000シリーズ」の第4戦。現在、アズマシャトル(小倉記念)、グランデッツァ(七夕賞)、ダービーフィズ(函館記念)の3頭が10点で並んでトップ。ここでダービーフィズが優勝すると12点が加算されて、最終戦を待たずにシリーズチャンピオンとなり、報奨金4000万円が贈られる。

過去10年、連対馬は9-12、1-9、5-12、5-1、7-1、1-5、1-5、4-1、2-8、2-1番人気の組み合わせで決まった(2013年は函館競馬)。1番人気は7連対(3勝2着4回)と安定した成績を残しているが、2、3番人気はそれぞれ2、0連対と不調。代わりに7番人気以下から6頭が連に食い込んでいる。

馬連配当は
3けた……2回
1000円台…4回
3000円台…1回
4000円台…1回
万馬券……2回

2けた人気が2着に健闘した05、07年は3万1070円、2万390円の波乱となったが、2000円未満の人気サイドで決まった年が過半数の6回。

また、3連単配当は275万円台、2万円台、33万円台、1万円台、3万円台、3万円台、1万円台、1万円台、7万円台、1万円台。馬連で万馬券が飛び出した05、07年に275万円、33万円台の高配当が出ている。なお、3着は13、2、3、3、4、7、2、2、14、7番人気だった。

連対馬の前走クラスは、重賞18頭(G1=9頭、G3=9頭※海外G1を含む)、オープン特別1頭、準オープン1頭。重賞から臨戦した馬が好走している。

路線別(着順)は4連対で宝塚記念(3、13、9、1着)、函館記念(7、3、1、3着)、クイーンS(2、3、5、8着)が並び、2連対でオークス(1、2着)が続いている。

牡馬は123頭出走して14連対(連対率11%)、牝馬が22頭で6連対(同27%)。牝馬は連対数で見劣るものの、率では牡馬を大きく上回っている。


◎……ラストインパクトは距離を疑問視されていた阪神大賞典、天皇賞・春で3、4着と健闘。中でも前走の天皇賞・春は、内から鋭く伸びて0秒2差まで迫った。芝2000Mは金鯱賞のレコード勝ちを含めて(3.1.1.2)と最も得意。ベストの距離で4個目のタイトルを奪取する。

○……ラキシスは前走の宝塚記念で0秒4差の8着。スタートのタイミングが合わずに出負け、外側を回らされるコースロスも痛かった。2走前の大阪杯でキズナなどG1馬5頭をまとめて差し切った実力馬。得意の2000Mで巻き返す。

▲……トーホウジャッカルは昨年の菊花賞を驚異のレコードで制覇。8カ月ぶりとなった前走の宝塚記念でも見せ場たっぷりの4着と能力の高さをアピールした。今回は中7週のローテーションで、菊花賞後の臨戦態勢よりも順調。上位2頭をまとめて破っても不思議はない。

△1……ディサイファは連覇を狙った前走のエプソムCで半馬身差の3着。スローペースで差し切りはならなかったが、前年覇者の意地は見せた。札幌は初めてでも同じ洋芝の函館で2戦2勝。仕掛けどころひとつで上位争いに浮上する。

△2……ステラウインドは前走の七夕賞で0秒2差の2着。勝負どころで前が詰まり外へ出すロスがありながら、最後までしっかりと伸びている。デキ落ちはなく、昨年の函館記念3着で洋芝適性も実証済み。今回も大崩れは考えにくい。

△3……トウケイヘイローは一昨年のこのレースを含めて重賞4勝の実力馬。6月に復帰して10、7着とまだ結果を出せずにいるが、潜在能力は互角以上。スタートを決めてマイペースに持ち込めれば大駆けも十分にある。

Yahoo! toto

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 ラキシス
2 2 フレージャパン        
2 3 スワンボート        
3 4 ダービーフィズ  
3 5 ヒットザターゲット        
4 6 サイモントルナーレ        
4 7 ラストインパクト
5 8 ヤマカツエース        
5 9 ステラウインド      
6 10 ハナズリベンジ        
6 11 ディサイファ  
7 12 トーホウジャッカル
7 13 トウケイヘイロー      
8 14 ハギノハイブリッド        
8 15 サクラアルディート        

買い目

大多12=7 12=1 12-4 12-11 7=1
綾恵12=7 12=11 12-1 12-4 7=11
山田1=7 1=12 1=4 7=12 7=4 12=4
たま7=1 7=12 7=9 7=11 7=13
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。