競馬 - 産経大阪杯 - スポーツナビ

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2014年4月6日(日)

11R

2014年4月6日(日) | 2回阪神4日 | 15:35発走

第58回産経大阪杯(GII)

芝・右 2000m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系4歳以上 | オープン (国際)(指定) 別定 | 本賞金:6200、2500、1600、930、620万円 |

予想

◎本命はエピファネイア。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・1.58.1

昨秋の菊花賞(G1)を5馬身差で圧勝。皐月賞(G1)、日本ダービー(G1)はいずれも2着に泣いたが、気性面の成長により非凡な才能が開花した。最終追い切りでは抑えの利いた走りを見せ、仕上がりの良さをアピール。休養明けでも期待十分だ。

○対抗はキズナ。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・2.01.1

昨秋の凱旋門賞(国際G1)で4着に好走。今回は半年ぶりの実戦となるが、帰厩後は順調にメニューを消化し、臨戦態勢は整っている。阪神コースでは毎日杯(G3)快勝の実績。紛れの少ない小頭数なら、当然有力な存在だ。

▲単穴はメイショウマンボ。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・1.58.6

昨年のオークス(G1)、秋華賞(G1)を制し、牝馬二冠を達成。前走のエリザベス女王杯(G1)は外を回るロスがありながら、豪快に差し切り3つ目のG1タイトルを獲得した。ここで相手にしなかったデニムアンドルビーがジャパンC(G1)で2着。牡馬の一線級が相手でも侮れない。

△抑えはショウナンマイティ。


たまちゃんの今週のワンポイントアドバイス

◇阪神11R・大阪杯

過去10年の連対馬は(1)(8)、(1)(4)、(3)(6)、(1)(2)、(1)(7)、(3)(1)、(6)(9)、(1)(8)、(6)(1)、(1)(2)番人気でワンツーした。1番人気は6勝、2着2回と上々の成績を残しているが、2、3番人気が2、2連対と不振。代わりに、6番人気以下から7頭が連対している。

馬連配当は
3けた……5回
2000円台…1回
4000円台…1回
5000円台…1回
6000円台…1回
万馬券……1回

6、9番人気で決まった2010年に2万5640円の波乱となったが、5回は1000円未満で決着。全体としては平穏に収まる傾向を見せている。

クラス別はG1組7頭、G2組8頭、G3組3頭、オープン特別組1頭、1000万下組1頭。重賞からの臨戦馬以外は苦戦している。
ステップ(着順)は5連対の中山記念組(4、4、2、2、1着)がトップ。次いで有馬記念組(9、5、2着)とジャパンC組(4、2、2着)が3連対で、2連対の京都記念組(3、3着)の順となっている。
年齢別は4〜8歳以上馬が27、32、30、16、14頭出走して、8、6、4、1、1連対。連対率は30、19、13、6、7%。04、05年に高齢の8、7歳馬が連続で連対したが、9割は4〜6歳で占めている。

4歳のG1トリオが激突する。エピファネイアは昨年のクラシックで2、2、1着、キズナがダービーとニエル賞(仏G2)を制し、牝馬のメイショウマンボはオークス、秋華賞を勝利して、エリザベス女王杯で古馬を完封した。3頭は甲乙つけがたい実力馬だが、メイショウマンボで勝負する。G1・3勝の勲章が輝き、馬場に左右されない末脚、さらに牡馬と3キロ差。重賞初制覇の阪神内回りの2000メートルが舞台なら、堂々と主役を張れる。

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 フラガラッハ        
2 2 ショウナンマイティ  
3 3 トウカイパラダイス        
4 4 エピファネイア
5 5 メイショウマンボ
6 6 ビートブラック        
7 7 キズナ
8 8 カレンミロティック    

買い目

大多4=7 4=5 4-2 7=5
綾恵4=7 4=8 4-5 7=8
山田5=4 5=7 5=2 4=7 4=2 7=2
たま5=7 5=4 5=2 5=8
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。