IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2014年3月1日(土)

11R

2014年3月1日(土) | 1回阪神1日 | 15:35発走

第23回アーリントンカップ(GIII)

芝・右・外 1600m | 天気:小雨 | 馬場:良 | サラ系3歳 | オープン (国際)(特指) 別定 | 本賞金:3700、1500、930、560、370万円 |

予想

◎本命はミッキーアイル。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・1.32.3

未勝利戦を2歳日本レコードで逃げ切ると、続くひいらぎ賞(500万下)も圧勝。前走のシンザン記念(G3)はレースレコードで押し切り、重賞初制覇を飾った。卓越したスピードを誇り、急坂を苦にしないパワーも兼備。先行力が生きる開幕週の馬場で、更に連勝を伸ばす公算大とみる。

○対抗はエイシンブルズアイ。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・1.34.5

鮮やかに逃げ切った前走・白梅賞(500万下)が好内容。スローペースだったとはいえ、ラスト3ハロンを11.5-11.0-11.3でまとめたあたり、一介のスピードタイプではない。実際、前々走の千両賞(500万下)は後方からシャープな末脚で追い込んでおり、差す競馬も可能。重賞でも素質は見劣らない。

▲単穴はタガノグランパ。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・1.34.5

前走のなずな賞(500万下)を豪快に差し切り、非凡な瞬発力をアピール。前々走のシンザン記念(G3)はミッキーアイルが強すぎたが、当馬もメンバー最速の末脚で3着まで追い込んできた。外回りコースで10頭立てなら、後ろからでもスムーズな競馬ができるはず。決め手勝負となれば台頭の余地はある。

△抑えはフェルメッツァ。△穴はタガノブルグ。


今週のワンポイントアドバイス

完成度一番、エイシンブルズアイ

今週から関東、関西の舞台は桜花賞(4月13日)、皐月賞(20日)の待つ中山、阪神競馬場へ移り、クラシックへつながる重賞レースが続々と行われる。まずは阪神土曜メーンのアーリントンC。

過去10年の連対馬は1-3、1-6、3-5、2-1、5-9、6-12、5-1、4-11、2-3、1-2番人気の組み合わせで決まった。1〜3番人気は5、3、3連対とほめられた成績ではなく、6番人気以下から5頭の伏兵馬が連に食い込んでいる。

馬連配当は
3 け た……3回
1000円台…4回
万 馬 券……3回

上位3番人気が連から消えた08、09、11年に2万1660円、1万7660円、4万1440円の万馬券が飛び出す一方で、7回は2000円未満で決着。堅いか、荒れるかの両極端となっている。

また、9回の3連単配当は、1万1160円、4万4090円、2800円、89万6050円、25万1690円、6万3090円、57万4500円、1万9020円、1740円。こちらも馬連万馬券の出た年に、89、25、57万馬券が出る波乱となっている。

連対馬20頭の前走は芝組17頭、ダート組3頭。芝のマイル重賞戦でもダートをステップにした馬が3頭連に絡んでいる。

クラス別は重賞組8頭、オープン特別組5頭、500万下組6頭、新馬組1頭。オープン組が半数以上を占めているが、500万下組以下からも7頭が連対しており、格は気にしなくてもよさそうだ。

路線別(着順)はシンザン記念組(3、3、7、4着)が4連対でトップ。3連対でクロッカスS組(1、2、6着)、2連対で朝日杯フューチュリティS組(5、9着)と続いている。

また、連対馬のキャリアは、1〜8戦以上馬が1、2、4、3、2、7、1、0連対。連対率はそれぞれ25、17、36、9、10、32、9、0%。連対馬は幅広いキャリアから出ているが、連対数、率で6戦馬が好成績を残している。

所属別は関東馬20頭と関西馬110頭で争い2対18。関西馬が関東馬を圧倒している。


◎……ここまでエイシンブルズアイはマイル3戦で1、3、1着。出遅れた千両賞こそ後方から追い込んで3着止まりだったが、デビュー戦を3番手から差し切り。前走は逃げて後続を2馬身半ちぎる圧勝だった。現時点での完成度は高く、3戦すべて違う競馬ができたのは大きな強み。重賞奪取のチャンスと見た。

○……ミッキーアイルも逃げてマイルで目下3連勝。未勝利勝ちが2歳レコードで、前走のシンザン記念も過去10年で最も速いタイムだった。スピードは申し分なく、開幕週の高速馬場も歓迎だが、◎の前で競馬して目標となる分2番手とした。

▲……芝1400Mでタガノグランパは2勝。道中できっちりと折り合い、脚をためて差し切る味な競馬を見せている。1ハロン距離延長なら我慢が利くはず。人気2頭が先行馬だけに、割って入れば差すこの馬か。

△1……アドマイヤメテオはペースの違いはあるが、デビュー戦を次週のシンザン記念と同タイムで快勝した。前走はキャリア1戦+関西からの長距離輸送で力を出し切れなかったが、新馬戦は実に強い競馬。地元競馬での反撃を警戒したい。

△2……穴を出せばグランフィデリオ。前走の船橋競馬では阪神大賞典のオルフェーヴルを思い出させるようなアクロバット競馬(直線200Mでいったん走るのを止め、そこから再び加速して前の馬たちを差し切る)で勝利を挙げた。ここでスピードが通用するかどうかは?でも、直線盛り返した勝負根性は立派。連下に一票投じたい。

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 グッドスピリッツ      
2 2 マキャヴィティ        
3 3 フェルメッツァ    
4 4 グランフィデリオ      
5 5 タガノブルグ    
6 6 タガノグランパ
7 7 アドマイヤメテオ    
7 8 レッドルシファー        
8 9 エイシンブルズアイ  
8 10 ミッキーアイル

買い目

大多10=9 10=6 10-3 10-5 9=6
綾恵10=3 10=9 10-6 10-7 3=9
山田10=6 10=5 10=1 6=5 6=1 5=1
たま9=10 9=6 9=4 9=7
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。