IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2014年11月23日(日)

11R

2014年11月23日(日) | 5回京都6日 | 15:40発走

第31回マイルチャンピオンシップ(GI)

芝・右・外 1600m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(指定) 定量 | 本賞金:10000、4000、2500、1500、1000万円 |

予想

◎本命はミッキーアイル。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・1.32.3

破竹の5連勝でNHKマイルC(G1)を制したスピードスター。安田記念(G1)は道悪に泣いて16着と敗れたが、秋初戦の前走・スワンS(G2)では古馬相手に逃げ切り、見事な巻き返しを見せた。この中間、放馬のアクシデントがあったが、最終追い切りの軽快な動きを見る限り影響はなさそう。走り慣れたマイル戦で、斤量も前走より1キロ減。しかも楽に先手を奪えそうなメンバー構成。自慢の快速で一気の世代交代を狙う。

○対抗はトーセンラー。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・1.32.4

距離を問わず、京都コースで(4・2・4・1)と高い安定感を誇る昨年の覇者。前走・京都大賞典(3着)の2400Mから一気の距離短縮となるが、これは昨年と同じローテーション。追い切りでは栗東坂路で抜群の瞬発力を披露し、好仕上がりをアピールしている。脚質に幅があり、展開不問。名手・武豊を背に連覇をにらむ。

▲単穴はグランプリボス。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・1.31.3

3歳春までにマイルG1を2勝。今春の安田記念(G1)でも強豪ジャスタウェイとハナ差の接戦を演じるなど、現在もトップマイラーとしての地位を維持している。秋初戦の前走・スプリンターズS(G1)は不慣れな1200Mながら0秒1差4着に入って上々の滑り出し。ひと叩きされてベストのマイル戦なら、さらに前進が期待できる。

△抑えはフィエロ。△穴はダノンシャーク。


今週のワンポイントアドバイス

マイルで復活、ロゴタイプ

過去10年、連対馬は1-4、3-4、1-3、1-4、4-1、1-14、13-1、5-11、4-1、2-3番人気の組み合わせで決まった。1番人気は7連対とまずまずの成績だが、2、3番人気が1、3連対と不振。代わりに、11〜14番人気から計3頭が連対している。

馬連配当は
3けた……2回
1000円台…3回
2000円台…1回
3000円台…1回
6000円台…1回
万馬券……2回

13番人気が勝利した2010年に1万4240円。翌年にも11番人気が連に絡んで1万2800円の万馬券が出ている。10回中7回は4000円未満で収まっているが、波乱を視野に入れた馬券購入をお勧めしたい。

ステップは7連対の天皇賞(秋)組がトップ。次いでスワンS組が4連対、富士S組3連対、2連対でスプリンターズS組と毎日王冠組が続いている。

この時期は短期免許の外国人ジョッキーの騎乗が多く、このレースでも延べ7人のジョッキーが3着以内に好走している。今年も4人が参戦しているが、中でも馬券圏内に3回入線しているルメール騎手に警戒したい。

年齢別は3〜7歳以上馬が1、9、8、1、1連対。連対率は3、24、14、3、6%。3、6、7歳以上馬はそれぞれ1連対と苦戦中で、4、5歳馬を中心に考えたい。

性別は牡・せん馬が145頭出走して17連対(連対率12%)、牝馬は32頭で3連対(同9%)。牝馬はやや苦戦を強いられている。

関東馬VS関西馬は64頭と104頭で争い、7対13。連対率は11、13%。関西馬が地の利を生かして好成績を残している。なお、外国馬は9頭出走し、連には絡んでいない。


◎……皐月賞馬ロゴタイプがマイル戦で復活する。前走の毎日王冠は前に壁を作れずタメが利かなかったが、0秒4差の6着と崩れなかった。芝1600Mは2歳時にG1勝ちやレコード勝ちした得意の距離。外国人ジョッキーが活躍するレースでルメール騎手騎乗も心強い。

○……フィエロは前走のスワンSで0秒1差の3着。わずかに届かなかったが、中団からレース最速の上がりで追い上げた末脚は際立っていた。春にはこの舞台でマイラーズCを1分31秒6の好時計で2着した実績馬。重賞未勝利馬でもG1で通用するスピードを備えている。

▲……6歳馬不振のデータからトーセンラーは狙いづらいが、京都の芝コースで(4・2・4・1)と抜群の成績を挙げている。前走の京都大賞典でも上がり33秒6の末脚で3着したように衰えを全く感じさせない。叩き2戦目。連覇も十分視野に入る。

△1……ミッキーアイルは前走のスワンSを逃げ切り勝ち。5カ月ぶり、古馬を相手に堂々と秋初戦を飾った。距離延長はNHKマイルC勝ちから問題はなく、同型馬も不在。中間放馬のアクシデントはあったが、良馬場ならV争いに絡めるスピード馬だ。

△2……クラレントはマイル重賞の関屋記念、京成杯AHを連勝中。詰めの甘さが解消されて目を見張る充実ぶりを見せている。7勝中6勝が重賞で、京都コースも2勝の実績。G1初制覇があっても驚けない。

△3……ワールドエースは前走の毎日王冠で13着。デビュー以来初めて掲示板を外したが、実績を欠く左回り、4カ月ぶりの実戦と同情の余地もある。春にマイラーズCをレコード勝ちの快速馬。叩き2戦目の反撃を警戒したい。

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 ホウライアキコ        
1 2 エクセラントカーヴ        
2 3 グランデッツァ      
2 4 サダムパテック        
3 5 レッドアリオン      
3 6 ダイワマッジョーレ        
4 7 エキストラエンド        
4 8 フィエロ  
5 9 ワールドエース    
5 10 ロゴタイプ      
6 11 クラレント      
6 12 ダノンシャーク      
7 13 トーセンラー  
7 14 グランプリボス    
8 15 ミッキーアイル
8 16 タガノグランパ      
8 17 サンレイレーザー        

買い目

大多15=13 15=14 15-8 15-12 13=14
綾恵9=13 9=3 9-8 9-15 13=3
山田14=5 14=15 14=16 5=15 5=16 15=16
たま10=8 10=13 10=9 10=11 10=15
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。