2014年10月26日(日)

11R

2014年10月26日(日) | 4回京都7日 | 15:40発走

第75回菊花賞(GI)

芝・右・外 3000m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳 | オープン (国際) 牡・牝 (指定) 馬齢 | 本賞金:11200、4500、2800、1700、1120万円 |

予想

◎本命はワンアンドオンリー。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:(初距離)

ダービー馬が2冠制覇に挑む。前哨戦の前走・神戸新聞杯(G2)は外からマクり早め先頭。直線でいったんサウンズオブアースに並ばれながらも盛り返し、非凡な勝負根性を改めて示した。道中で自ら動ける機動性があり、展開は不問。気性的に距離延長にも対応できるはず。皐月賞馬のイスラボニータが不在であれば、本命の座は揺るがない。

○対抗はトゥザワールド。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:(初距離)

皐月賞(G1)2着、日本ダービー(G1)5着の実力馬。秋初戦の前走・セントライト記念(G2)は皐月賞馬イスラボニータの2着に敗れたが、好位から正攻法の競馬できっちり力を見せた。立ち回りがうまく、デビューから(4・3・0・1)の安定ぶり。引き続き上位争い濃厚だろう。

▲単穴はトーホウジャッカル。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:(初距離)

重賞初挑戦の前走・神戸新聞杯(G2)でタイム差なしの3着に好走。直線で前が詰まり、進路を切り替えるロスがありながら、ワンアンドオンリーとアタマ+アタマ差の接戦に持ち込んだ。終いの伸び脚に見どころがあり、父スペシャルウィークという血統からも距離延長は歓迎材料。注目したい1頭だ。

△抑えはサウンズオブアース。△穴はショウナンラグーン。


たまちゃんの今週のワンポイントアドバイス

素質G1級、トーホウジャッカル

過去10年、連対馬は8-4、1-6、8-2、4-6、1-15、8-7、7-1、1-2、1-5、1-5番人気の組み合わせで決まった。1番人気は6連対(5勝2着1回)とまずまずの成績を残しているが、2、3番人気が2、0連対とアテにならず、6番人気以下から8頭の伏兵馬が連対している。

馬連配当は
3けた……3回
1000円台…1回
2000円台…2回
6000円台…1回
9000円台…1回
万馬券……2回

ここ3年は1番人気が連勝して3けた配当で堅く収まっているが、8番人気が優勝した3回と15番人気が2着に健闘した年に6000円以上の高配当が出ている。どの馬にとっても初めて経験する3000M戦。距離適性の見極めが難しく、波乱含みのレースとなっている。

3連単配当は12万円台、7090円、14万円台、2万円台、52万円台、31万円台、33万円台、2190円、1万円台、1万円台。4けた配当も2回あったが、10回中半数の5回は10万超が飛び出す大荒れ。波乱を視野に入れた馬券購入をお勧めしたい。ちなみに、3着は6、3、3、1、9、6、13、3、7、3番人気だった。

連対馬の前走クラス別は、重賞組18頭と1000万下組2頭。オープン特別や条件戦から出走してきた馬は苦戦している。

前走成績は、重賞組が1〜5着の6、4、6、0、1頭と12着1頭。1000万下組はともに1着。重賞組なら3着以内で、条件組は1着が連対への条件となっている。

ステップは14連対の神戸新聞杯組が他路線を圧倒し、セントライト記念組3連対の順。東西のトライアルから出走した馬が、連対馬の85%を占めている。

牡馬クラシック3冠の最終戦だけに重賞実績も気になるところ。連対馬20頭はすべて重賞経験馬で、各馬の重賞での最高成績は、1着9頭、2着4頭、3着5頭、着外2着。馬券対象の3着以内に入線していることが、連対への重要なファクターとなっている。ちなみに、着外から連対した2頭はデルタブルース(04年)、スリーロールス(09年)だった。

◎……ここ3年は平穏に収まっているが、いつ荒れても不思議ないのが菊の大舞台。上がり馬のトーホウジャッカルで勝負する。ダービー前日の5月31日にデビューした馬が前走の神戸新聞杯でダービー馬相手に「アタマ+アタマ」差の3着。直線で前がふさがる不利がなければ突き抜けてもいい内容だった。わずか5カ月でG1馬を脅かすまでに成長した。実績では見劣るがクラシックの栄冠を奪取できる器とみた。

○……相手筆頭は皐月賞2着、ダービー5着のトゥザワールド。ダービーはいつもより位置取りが後ろになって0秒4差届かなかったがG1級の実力は誰もが認めるところ。ここ10年セントライト記念からの勝ち馬はいないが、今年は小回りの中山コースではなく新潟開催。パワー勝負の京都外回りなら能力をいかんなく発揮できる。

▲……ワンアンドオンリーは秋初戦の神戸新聞杯を快勝。日本ダービーに続く2冠取りに上々のスタートを切った。ただ、気になる材料もある。4カ月ぶりの出走で4キロ減の馬体、やや強引な競馬で押し切った反動が出ないかも心配だ。勝たれても仕方のない実力馬だが、一本かぶりの人気を考えると飛びつけず3番手評価としたい。

△1……サトノアラジンは条件戦を連勝して挑んだ神戸新聞杯で4着。2番人気を裏切ったが、向こう正面で他馬に絡まれ力んで走ったのが敗因だ。イスラボニータ、ワンアンドオンリーと差のない競馬を続けてきた力量馬。前走だけでは見捨てられない。

△2……ショウナンラグーンは春に青葉賞を制して、続く日本ダービーで0秒5差の6着。G1では結果を出せなかったが、レース最速の上がりで追い込んで秋の飛躍を予感させた。前走の新潟内回りは明らかに不向き。京都の外回りで反撃する。

△3……サウンズオブアースは4カ月ぶりだった神戸新聞杯でアタマ差の2着。大外からいったん先頭に立ったところを差し返されはしたものの、春には見られなかった勝負強さをアピールした。トライアルから本番へと理想的なローテーションで臨め、3000Mへの距離延長も歓迎だ。

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 マイネルフロスト      
1 2 トーホウジャッカル    
2 3 サングラス        
2 4 サウンズオブアース    
3 5 シャンパーニュ        
3 6 ショウナンラグーン  
4 7 トーセンスターダム        
4 8 ワールドインパクト      
5 9 ハギノハイブリッド      
5 10 ゴールドアクター        
6 11 アドマイヤランディ        
6 12 タガノグランパ        
7 13 ミヤビジャスパー        
7 14 トゥザワールド
7 15 ワンアンドオンリー
8 16 サトノアラジン    
8 17 ヴォルシェーブ        
8 18 メイショウスミトモ        

買い目

大多15=14 15=2 15-4 15-6 14=2
綾恵15=6 15=9 15-8 15-14 6=9
山田15=16 15=14 15=1 16=14 16=1 14=1
たま2=14 2=15 2=4 2=6 2=16
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。