2014年10月14日(火)

11R

2014年10月14日(火) | 4回京都3日 | 15:35発走

第49回京都大賞典(GII)

芝・右・外 2400m | 天気:曇 | 馬場:良 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(指定) 別定 | 本賞金:6200、2500、1600、930、620万円 | レコードが出たレース

予想

◎本命はトーセンラー。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・2.23.2

昨秋のマイルCS(G1)覇者。京都コースでは(4・2・3・1)と距離を問わず高いパフォーマンスを発揮し、昨年の当レースでも3着に入っている。今回と同じ58キロを背負った天皇賞・春(G1)で2着の実績から、斤量泣きの不安もない。凡走した前走・安田記念(G1)は、極度の不良馬場。馬場が余程荒れない限りは、巻き返して当然の実績馬だ。

○対抗はヒットザターゲット。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・2.22.9

昨年の当レースを制するなど重賞3勝をマーク。直線平坦コースに良績が集中している。近走は勝ち鞍こそないが、前走・宝塚記念(G1)で一線級を相手に4着を確保し、改めて地力をアピール。課題の折り合いさえつけば、昨年の再現まであっていい。

▲単穴はメイショウマンボ。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・2.25.2

G1レース3勝の実績馬。京都コースは昨年の秋華賞(G1)、エリザベス女王杯(G1)と連勝した好舞台だ。道悪もうまく、馬場が渋ることは歓迎のタイプ。まだ重賞級の牡馬を相手に好走していない点は気になるが、G1ホースの底力には警戒が必要だろう。

△抑えはラストインパクト。△穴はデスペラード。


たまちゃんの今週のワンポイントアドバイス

晴雨兼用、メイショウマンボ

過去10年、連対馬は5-1、1-9、2-7、2-1、4-6、3-4、2-1、1-4、5-7、11-7番人気の組み合わせで決まった。1番人気は5連対(2勝2着3回)と平凡な成績で、2、3番人気も3、1連対。上位人気の成績はほめられたものではない。

馬連配当は
3 け た……4回
1000円台…1回
2000円台…1回
4000円台…1回
5000円台…1回
万 馬 券……2回

ここ2年1万5750円、9万240円と連続で万馬券が飛び出しているが、3けた決着も4回。荒れるか、堅いかの見極めが肝心となっている。ちなみに3けた配当で決まった年は8〜10頭立て。12頭で行われる今年はひと波乱あっても不思議はない。

また、3連単配当は1万円台、4万円台、4万円台、2870円、11万円台、4万円台、3880円、4360円、12万円台、361万円台。4けた配当で平穏に収まった年も3回ある一方で、昨年は361万馬券が飛び出す大荒れ。こちらも波乱を視野に入れた馬券検討が必要となっている。

路線別(着順)は6連対の宝塚記念組(4、4、3、4、11、11着)がトップ。2連対で天皇賞・春(5、6着)、阪神大賞典組(7、8着)、オールカマー組(6、6着)、札幌記念組(6、3着)、朝日チャレンジC組(1、2着)が続いている。

年齢別は3〜7歳以上馬が0、6、9、1、4連対。連対率は0、24、23、4、19%。ここまで3歳馬と6歳馬が苦戦している。

所属別は、関東馬が18頭出走して2連対(連対率11%)、関西馬は90頭で18連対(同20%)、地方馬は3頭で連対なし。関西馬が他所属馬を大きくリードしている。


◎……メイショウマンボは絶好調で臨んだ前走の宝塚記念で11着。敗因が釈然としないが(1・0・0・5)の阪神コースが合わなかったか。G1レース3勝で実績は一番、晴雨兼用で天候に左右されないのも心強い。エリザベス女王杯を制した舞台で巻き返す。

○……前走の新潟記念でラストインパクトはクビ+ハナ差の3着。後方で脚をためて直線勝負にかけたが、あとひと押しが足りなかった。ベストは2000Mだろうが、2ハロンの距離延長なら問題なく、今回は叩き3戦目の走りごろ。京都コースとの相性もいい。

▲……トーセンラーは飛びのきれいな馬で、前走不良馬場の安田記念は基準外と見ていい。京都外回りコースは、G1マイルチャンピオンS勝ちを含めて(4・2・2・1)の好成績。58キロは他馬と比べると不利だが、自身は今年の京都記念や天皇賞(春)で2着がある。良馬場なら突き抜ける決め手を秘めている。

△1……昨年の覇者ヒットザターゲット。平たんコースに良績を残しているが、前走、急坂のある阪神の宝塚記念で0秒7差の4着と健闘した。宝塚記念以来の出走となるが、ローテーションは昨年と同じ。軽視はできない。

△2……タマモベストプレイの重賞勝ちは3歳時のきさらぎ賞のみ。その後有馬記念5着入線を果たしているが、このメンバーに入ると実績は見劣ると言わざるを得ない。ただ、実績馬に休養明けが多く、順調に使われてきたのは大きな強み。混戦になれば上位争いに浮上する。

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 ヴィクトリースター        
2 2 トーセンラー
3 3 フーラブライド      
4 4 プレティオラス        
5 5 コウエイオトメ        
5 6 スピリタス        
6 7 ラストインパクト  
6 8 デスペラード    
7 9 メイショウマンボ
7 10 タマモベストプレイ    
8 11 トゥザグローリー        
8 12 ヒットザターゲット  

買い目

大多2=12 2=9 2-7 2-8 12=9
綾恵2=8 2=12 2-9 2-10 8=12
山田7=9 7=2 7=3 9=2 9=3 2=3
たま9=7 9=2 9=10 9=12
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。