IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2014年12月7日(日)

11R

2014年12月7日(日) | 4回中京2日 | 15:30発走

第15回チャンピオンズカップ(GI)

ダート・左 1800m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(指定) 定量 | 本賞金:9400、3800、2400、1400、940万円 |

予想

◎本命はコパノリッキー。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:稍・1.52.3

秋初戦の前走・JBCクラシック(交流G1)を制し、G1レース3勝目。従来の記録を1秒1更新するコースレコードでクリソライト、ワンダーアキュートらを完封した。今回、初の中京コースになるが、左回りでは(4・0・1・1)の好実績。500キロを優に超すパワー型で坂にも不安はない。同型馬はおらず今回も先手を奪えそうなメンバー構成。JRAダートG1春秋連覇へ視界良好だ。

○対抗はワンダーアキュート。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:重・1.48.4

前々走・帝王賞(交流G1)ではコパノリッキーを破って快勝。前身のジャパンCダート(G1)では2011年から3年連続で2着に入るなど、長きに渡り一線級で活躍している。8歳の高齢でも能力に衰えはなく、前走・JBCクラシックでは休み明けながらレコード決着の3着を確保。実績的にマークは外せない。

▲単穴はインカンテーション。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・1.49.2

目下3連勝中。本格化ムードが漂う。前走・みやこS(G3)は普段の先行する競馬とは一転して中団に待機。シャープな末脚で鮮やかに差し切り、新味を披露した。左回りでは新潟のレパードS(G3)を制するなど全7勝中5勝をマーク。相手はさらに強化されるが、現在の勢いには警戒が必要だ。

△抑えはローマンレジェンド。△穴はホッコータルマエ。


今週のワンポイントアドバイス

前走は負けて強し、ナムラビクター

阪神競馬場から中京に舞台を移し、レース名も「ジャパンCダート」から「チャンピオンズC」と改称して施行される。

今年はアメリカから来日したインペラティヴと日本の強豪15頭でダート王の座を争う。

ダート1800M戦で行われた過去6回、連対馬は4-7、1-5、1-8、1-5、6-3、3-6番人気で決まった。1番人気は3、1、1、1、4、3着とまずまずの成績だが、2、3番人気が0、2連対と不振。代わりに6〜8番人気から計4頭が連対している。

馬連配当は
1000円台…2回
4000円台…3回
万馬券……1回

08年に上位人気がそろって連から消えた1万1710円の万馬券が出て、4000円台の配当も3回。波乱含みの傾向を見せている。

また、3連単配当は、6万円台、13万円台、9万円台、6180円、16万円台、2万円台。4けた配当で堅く収まった年もあるが、こちらも荒れ模様となっている。ちなみに3着は1、12、11、2、9、1番人気だった。

路線別はJBCクラシック組が4連対でトップ。武蔵野S組、みやこS組が3連対で続いている。

年齢別は3〜7歳以上馬が1、3、4、3、1連対。連対率は6、17、17、14、6%。3歳馬と7歳以上馬に優勝はなく、2着止まり。性別は牡・セン馬88頭と牝馬7頭で争い12対0。パワーが要求されるダートG1で牝馬の出番はない。


◎……ナムラビクターはシリウスS2着(0秒1差)、みやこS3着(0秒1差)。休養明け2戦を勝ち切れなかったが、2走前はトップハンデ58キロが響き、前走は早め先頭に立って負けて強しの内容だった。この距離は(4・2・3・1)と得意で、叩き3戦目の走りごろ。スムーズな競馬でG1奪取を決める。

○……クリソライトは1番人気に支持された前走・JBCクラシックで2着。コパノリッキーのレコード駆けに屈したが、好位追走から直線猛然と追い込んだ。盛岡競馬から中京に替わるのは好材料で、目標を見る形でレースを進められるアドバンテージも大きい。

▲……ニホンピロアワーズは4カ月半ぶりの前走みやこSで0秒6差の7着。10キロ増で余裕残しだった上に、下がってきた馬を避けて立て直すロスもあった。中京は1月に東海Sを圧勝した舞台。大型馬の叩き2戦目の一変が期待できる。

△1……コパノリッキーは今年に入ってG1で3勝2着1回の大躍進。中京コース未経験は気になるが、左回りでG1レース3勝なら相殺できる。脚質から目標になるハンデはあるが、リズムよく走ればしぶとい。

△2……インカンテーションは目下3連勝の上がり馬。中京のダート1800Mでも(2・0・1・0)と底を見せていない。前走のみやこSは後方から伸びて差し切ったが、◎ナムラビクターとは1キロの差があった。勢いは買ってもこのメンバーに入ると半信半疑だ。

△3……前走のJBCクラシックでホッコータルマエは4着。4コーナーを回ったところから追い出したが、7カ月ぶりの影響で0秒8差に迫るのが精いっぱいだった。交流G1レース5勝の実力は認めても、長期休養明けを叩いた反動が気がかりで連下の評価とした。

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 インペラティヴ        
1 2 ベストウォーリア        
2 3 クリソライト  
2 4 ナムラビクター      
3 5 ワイドバッハ        
3 6 グレープブランデー      
4 7 サンビスタ        
4 8 ホッコータルマエ  
5 9 クリノスターオー        
5 10 ニホンピロアワーズ    
6 11 ワンダーアキュート    
6 12 ローマンレジェンド      
7 13 カゼノコ        
7 14 コパノリッキー
8 15 インカンテーション  
8 16 ダノンカモン        

買い目

大多14=11 14=15 14-8 14-12 11=15
綾恵15=3 15=14 15-6 15-11 3=14
山田10=3 10=14 10=8 3=14 3=8 14=8
たま4=3 4=10 4=8 4=14 4=15
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。