2014年4月20日(日)

11R

2014年4月20日(日) | 3回中山8日 | 15:40発走

第74回皐月賞(GI)

芝・右 2000m | 天気:曇 | 馬場:良 | サラ系3歳 | オープン (国際) 牡・牝 (指定) 定量 | 本賞金:9700、3900、2400、1500、970万円 |

予想

◎本命はトゥザワールド。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・2.00.0

前哨戦の弥生賞(G2)を早め先頭から押し切り4連勝を達成。500キロを超える大型馬ながら自在に動ける器用さがあり、小回り急坂を苦にしない。今週の追い切りでも無理なく好タイムをマークするなど、状態は高いレベルで安定。この勢いのまま一気に戴冠を狙う。

○対抗はトーセンスターダム。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・2.00.8

こちらは無傷の3連勝。京都2歳S(OP)、きさらぎ賞(G3)の勝ち時計は優秀で、接戦を制した勝負根性にも非凡なものがある。ディープインパクト産駒らしい瞬発力を誇り、デビューから上がりは常にメンバー最速。決め手が生きる展開になれば、まとめて差し切りの場面まで。

▲単穴はイスラボニータ。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:(初距離)

トゥザワールドと同じく(4・1・0・0)の好成績。昨秋の東京スポーツ杯2歳S(G3)をレコードで制し、前走・共同通信杯(G3)は斤量57キロを背負って他馬を一蹴した。唯一の2着は、桜花賞馬ハープスターに敗れた新潟2歳S(G3)のみ。初の中山コースがどうかだが、馬券からは外せない。

△抑えはワンアンドオンリー。△穴はアジアエクスプレス。


たまちゃんの今週のワンポイントアドバイス

能力互角、バウンスシャッセ

過去10年、連対馬は10-1、1-12、6-10、7-15、7-6、3-8、1-6、4-1、4-2、1-2番人気で決まった(11年は東京競馬)。

1番人気の5連対はほめられたものではなく、2、3番人気も2、1連対と不振。代わりに、6番人気以下から2けた人気馬4頭を含める10頭が連対している。

馬連配当は
3けた…………1回
1000円台…3回
4000円台…1回
5000円台…1回
万 馬 券……4回

2006〜9年に4回連続で万馬券が飛び出す大荒れだったが、ここ4年は840〜1260円の堅い配当で収まっている。

また、9回の3連単配当は、7万780円、27万3310円、162万3250円、8万2750円、39万930円、3万5220円、5万5540円、1万2620円、5920円。こちらも09年の39万馬券以降は、比較的落ち着いた配当で収まっている。

連対馬20頭の距離別は、1800M組8頭、2000M組12頭。本番と同じ中距離からの臨戦馬が好走している。

ステップ(着順)は7連対でスプリングS組(3、1、3、8、1、1、1着)と弥生賞組(1、1、4、3、1、1、4着)が並んでトップ。5連対で若葉S組(4、1、2、2、1着)が続き、共同通信杯組(1着)1連対となっている。なお、19頭はトライアル経由の出走馬で、うち18頭は4着以内。非トライアル組や前走で掲示板を外した馬は苦戦している。

毎年フルゲートの18頭立て。多頭数戦で枠の内外による有利不利も気になるところ。そこで1〜3着馬の枠別成績を見ると、
1枠…【022】
2枠…【020】
3枠…【202】
4枠…【101】
5枠…【031】
6枠…【102】
7枠…【411】
8枠…【221】
内の1〜4枠と外の5〜8枠に分けると、1着は3対7、2着が4対6、3着は5対5。1、2着は外枠の馬がリードし、3着は互角となっている。


◎……バウンスシャッセで勝負する。2走前の寒竹賞の勝ちタイムは、前日の中山金杯にこそ0秒7遅れたが、当日の古馬1000万下よりも0秒6も速かった。また、前走のフラワーCは休養明けだったが、2着を2馬身ちぎる強い競馬だった。23年ぶりの牝馬参戦ということで人気薄だが、2000Mへの距離適性が高く、荒れた馬場も得意。牡馬との2キロ差を生かし切ればG1を獲得できる。

○……前走の弥生賞でワンアンドオンリーはハナ差の2着。休養明けで10キロ増だったが、後方から次走につながる末脚を見せた。東京スポーツ杯2歳Sはイスラボニータに完敗だったが、今の充実度なら首位争いになる。

▲……アジアエクスプレスは前哨戦のスプリングSで2着。初めて黒星を喫したが、前走は3カ月半ぶり、初の芝1800Mで、さらにパドックでもイレ込んでいた。クラシック登録がなく追加登録料200万円を払っての参戦だが、叩いた上積みは大きく、パワーの要る今の中山の馬場も合っている。

△1……イスラボニータは4勝2着1回とパーフェクト連対。しかも、目下、東京スポーツ杯2歳S、共同通信杯と重賞連勝中で、実績はずば抜けている。ただ、今回は初の右回りで、2000Mも初体験。未知の部分もあり、取りこぼしも視野に入れておきたい。

△2……トゥザワールドは弥生賞勝ちを含めて、4勝、2着1回と連対率100%。鞍上は5戦すべてでコンビを組んできた川田騎手で、先週桜花賞をハープスターで圧勝とノリに乗っている。前走は早仕掛けでゴール前ハナ差まで迫られたが、G1級の決め手を秘めているのは間違いない。

△3……500万下を勝った勢いで臨んだ前走で、ロサギガンティアはスプリングSを完勝。一躍牡馬クラシックの有力候補の1頭に名を連ねた。スタートに課題を残すものの、馬込みでもまれる競馬を経験しながら本番へ駒を進めてきた。混戦になれば出番はある。

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 ワンアンドオンリー    
1 2 イスラボニータ    
2 3 クラリティシチー      
2 4 クリノカンパニー        
3 5 アデイインザライフ        
3 6 アドマイヤデウス      
4 7 トーセンスターダム    
4 8 ステファノス      
5 9 スズカデヴィアス        
5 10 ベルキャニオン        
6 11 ロサギガンティア    
6 12 タガノグランパ        
7 13 キングズオブザサン      
7 14 バウンスシャッセ      
7 15 コウエイワンマン        
8 16 アジアエクスプレス  
8 17 トゥザワールド
8 18 ウインフルブルーム        

買い目

大多17=7 17=2 17-1 17-16 7=2
綾恵7=16 7=17 7-6 7-13 16=17
山田11=8 11=17 11=3 8=17 8=3 17=3
たま14=1 14=16 14=2 14=11 14=17
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。