競馬 - フジテレビ賞スプリングステークス - スポーツナビ

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2014年3月23日(日)

11R

2014年3月23日(日) | 2回中山8日 | 15:45発走

第63回フジテレビ賞スプリングステークス(GII)

芝・右 1800m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳 | オープン (国際) 牡・牝 (指定) 馬齢 | 本賞金:5200、2100、1300、780、520万円 | レコードが出たレース

予想

◎本命はアジアエクスプレス。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:(初距離)

ダート2連勝から挑んだ朝日杯FS(G1)を快勝。初の芝レースながら外から豪快に差し切り、卓越した適性をアピールした。まだ荒削りなレースぶりだが、その分伸びしろは十分。500キロを超す大型馬で、パワーを問われる今の中山の馬場も合いそうだ。入念に乗り込まれており、休養明けでも勝機十分とみる。

○対抗はベルキャニオン。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・1.48.3

重賞初挑戦の前走・共同通信杯(G3)で2着を確保。勝ったイスラボニータは強かったが、当馬も後続には2馬身差をつけていた。今回の舞台はホープフルS(OP)2着の中山コース。ここは逆転の可能性まで考えておきたい。

▲単穴はクラリティシチー。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・1.46.1

デビューから(1・1・3・0)と堅実な成績。レコード決着となった東京スポーツ杯2歳S(G3)でも0秒2差3着に入るなど、条件を問わず高い能力を発揮している。この中間も抜群の動きで好調をアピール。押さえておきたい一頭だ。

△抑えはロサギガンティア。△穴はウインマーレライ。


たまちゃんの今週のワンポイントアドバイス

4連勝で皐月賞へ、アジアエクスプレス

阪神競馬場で行われた11年のレースを含めた過去10回のデータで傾向を見てみたい。

連対馬は2-6、5-8、4-1、1-3、6-11、1-8、2-10、1-4、3-1、1-3番人気で決まった。1番人気の6連対はほめられたものではないが、勝率、連対率でトップ。馬券対象から消えたのも、04、05年の2回だけ。8年連続で3着以内をキープしている。

馬連配当は
3 け た……3回
1000円台…2回
3000円台…1回
4000円台…1回
万 馬 券……3回

8、11、10番人気が連に絡んだ、05、08、10年に1万2170円、2万10円、1万8090円の万馬券決着となる一方で、2000円未満の堅い配当も5回ある。

また、9回の3連単配当は、45万8820円、8390円、8250円、18万4520円、2万4710円、6万4470円、2万8270円、4万5030円、2万9470円。05、08年に45、18万馬券が出ているが、ここ5年は荒れても6万円台で収まっている。ちなみに、3着は11、7、2、6、1、2、1、8、10、11番人気だった。

連対馬20頭のクラス別は重賞組14頭、オープン特別組3頭、500万下組3頭。重賞組が14連対と格上の強さを見せているが、500万下組からの食い込みにも警戒したい。

路線別(成績)は共同通信杯組(2、3、3、4、2着)、きさらぎ賞組(2、2、2、3、1着)が5連対で並び、2連対の朝日杯フューチュリティS組(9、1着)の順となっている。


◎……デビューから3連勝でアジアエクスプレスは2歳王者の座を射止めた。1、2戦はダートで、2着を5、7馬身ちぎり、芝に矛先を変えたG1戦でも0秒2差と後続の追撃を許さなかった。1800Mに距離は延びるが、パワータイプの米国産馬に今の中山の馬場はぴったり。無傷でクラシックへ駒を進めるチャンスだ。

○……クラリティシチーはハイレベルの東京スポーツ杯2歳Sで小差の3着。前走は前が壁になり完全に脚を余した。能力は重賞級で、中山内回りも経験済み。スムーズな競馬で巻き返す。

▲……上位2頭をまとめて負かすなら中距離巧者のベルキャニオンか。2000Mで1勝、2着2回、1800Mの共同通信杯でも0秒2差の2着と健闘している。1勝馬ながらオープン特別と重賞で2着を確保。前走はイスラボニータに完成度の違いを見せ付けられた印象だが、この馬自身はまだ底を見せていない。

△1……ここまでロサギガンティアは4戦して4、1、2、1着。前走で2勝目を挙げたばかりだが、芝1800Mの1分47秒9は同開催の共同通信杯より0秒2速かった。東京コースに良績が集中しているが、中山でも目が離せない。

△2……前走のシンザン記念でモーリスは5着。1秒1差と着差は開いたが、道中やや力んでラストの伸びを欠いたようだ。デビュー戦を余裕残しのレコードで圧勝したスピード馬。一息入れて立て直したここはノーマークにはできない。

△3……ウインマーレライは前走、ポジションを取りに行って掛かった。4戦して芝1800Mは2、1、1、9着。休養明けの東京スポーツ杯2歳Sこそ崩れたが、3走はきっちりと連を確保している。適距離で見直す手だ。

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 サクラエール        
2 2 ロサギガンティア    
2 3 ベルキャニオン
3 4 アジアエクスプレス
3 5 モーリス      
4 6 ミッキーデータ        
4 7 ダノンアンビシャス      
5 8 ウインマーレライ    
5 9 リーゼントロック      
6 10 クラリティシチー
6 11 マイネルアウラート        
7 12 ネオヴァロン        
7 13 シベリアンタイガー        
8 14 クインズハリジャン        
8 15 ナスノアオバ      

買い目

大多4=3 4=10 4-2 4-8 3=10
綾恵3=10 3=4 3-9 3-15 10=4
山田10=7 10=4 10=3 7=4 7=3 4=3
たま4=10 4=3 4=2 4=5 4=8
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。