IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2014年3月21日(金)

11R

2014年3月21日(金) | 2回中山7日 | 15:45発走

第28回フラワーカップ(GIII)

芝・右 1800m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳 | オープン (国際)牝(特指) 別定 | 本賞金:3400、1400、850、510、340万円 | レコードが出たレース

予想

◎本命はバウンスシャッセ。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・1.54.3

牡馬相手の前走・寒竹賞(500万下)を快勝。ペースの違いはあるが、勝ち時計は同日の古馬1000万クラスを上回る優秀なものだった。パワーがある大型牝馬で、急坂を苦にしないのは強み。ここに向けて早めに入厩し、順調に調整されてきた。休養明けでもチャンスは十分だろう。

○対抗はクリスマス。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:(初距離)

新馬、函館2歳S(G3)を連勝。前走の阪神JF(G1)はこれまでの先行策とは一転、後方待機からハープスターと並ぶメンバー最速の上がりで0秒2差4着まで追い込んだ。あの内容なら1800Mにも対応できるはず。まだ荒削りな面はあるが、素質はこのメンバーでも上位とみる。

▲単穴はマイネグレヴィル。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:稍・1.51.7

昨夏の札幌2歳S(G3)でレッドリヴェールからクビ差の2着。その反動が出たのか秋は振るわなかったが、年明け初戦の前走・京成杯(G3)は牡馬相手に5着と復調の気配を見せた。優れた先行力があり、中山は向くタイプ。警戒が必要だろう。

△抑えはショウナンパンドラ。△穴はニシノアカツキ。


今週のワンポイントアドバイス

能力互角、マローブルー

過去10年、連対馬は1-3、1-5、6-1、1-6、1-8、11-1、3-4、5-1、6-1、2-3番人気で決まった(11年は阪神競馬)。1番人気は8連対(4勝2着4回)と人気に応えているが、2、3番人気は1、3連対と不振。代わりに、6、8、11番人気から3、1、1頭が連対している。

馬連配当は
3 け た……1回
1000円台…4回
2000円台…5回

上位人気馬の成績はもの足りないが、万馬券が出るなどの波乱はなく、3000円未満で収まっている。

一方、3連単配当は2万9670円、6万8730円、4万3140円、1万8680円、7万9110円、1万5350円、3万4770円、11万4060円、2万8720円。こちらは9回すべて万馬券決着で、一昨年には11万馬券が飛び出す大荒れ。ちなみに、3着には7、8、12、2、2、1、7、10、6番人気が入線した。

連対馬のクラス別(着順)は、重賞組4頭(1、4、1、9着)、オープン特別組2頭(2、12着)、500万下組10頭(1、1、1、1、1、4、13、1、4、1着)、新馬組1頭(1着)、未勝利組3頭(1、1、1着)。オープンから連に絡んだのは6頭だけ。大半は500万下からの連対馬、格はあまり気にしなくてもよさそうだ。

路線別はきんせんか賞組3連対、2連対でクイーンC組と続いているが、強く押せる材料とはいえない。


◎……平穏な結果が続いているが、今年は確たる軸馬が不在。荒れると見て本命にマローブルーを推す。前走は出遅れたが、中団の外で脚をため、勝負どころから馬なりで進出。残り200Mで前を捕らえるとあっさりと抜け出した。未勝利とはいえ強い勝ち方で、本番と同じ舞台を経験できたのも大きな強み。いきなりの重賞挑戦でも勝ち負けに持ち込める。

○……リーサルウェポンは前走、直線持ったままで先頭に立ち、最後はおさえる余裕の競馬を見せた。勝ちタイムは同日のクイーンCと0秒6差だったが、最後まで追っていれば逆転可能な脚色。未勝利勝ちからの重賞チャレンジだが、牝馬同士なら通用すると見た。

▲……新馬勝ち後のバウンスシャッセは14、10着。2けた敗退が続いたが、自己条件の寒竹賞で牡馬を相手に余裕の勝利を見せた。勝ち時計も同開催の京成杯より0秒3速い。前々で立ち回ればしぶとく、昇級戦の壁も感じない。

△1……ショウナンパンドラは前走のエルフィンSで2着。後方からメンバー最速の上がりで追い込んだが、スローの先行有利の流れに0秒3差に詰めるのが精一杯だった。426キロの馬体で輸送が心配だが、世代トップ級の末脚を備えている。

△2……ここ2戦の重賞でニシノアカツキは2、3着。スローペースの後方からレース最速の上がりできっちりと複勝圏を確保している。父オペラハウスなら馬場状態は不問。展開がはまれば一発がある。

△3……関東馬のチョコレートバインが京都でデビューし、前走のエルフィンSでも3着。キャリアを考えれば上々の成績だろう。あえて関西遠征を選んだ陣営の期待の高さが伝わり、新馬戦が京都内回りなら初の中山コースも克服可能だ。

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 ミスウインストン        
1 2 ホクラニミサ        
2 3 チョコレートバイン    
2 4 リーサルウェポン      
3 5 ショウナンパンドラ  
3 6 ニシノアカツキ    
4 7 バウンスシャッセ
4 8 ディルガ        
5 9 マイネグレヴィル    
5 10 クリスマス  
6 11 ベストリーダー        
6 12 マローブルー    
7 13 パシフィックギャル        
7 14 ヴィータアレグリア        
8 15 マイネオーラム      
8 16 スマイルシャワー        

買い目

大多7=10 7=9 7-5 7-6 10=9
綾恵5=12 5=7 5-3 5-10 12=7
山田9=7 9=10 9=15 7=10 7=15 10=15
たま12=4 12=7 12=3 12=5 12=6
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。