2014年3月9日(日)

11R

2014年3月9日(日) | 2回中山4日 | 15:45発走

第51回報知杯弥生賞(GII)

芝・右 2000m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳 | オープン (国際)(指定) 馬齢 | 本賞金:5200、2100、1300、780、520万円 |

予想

◎本命はトゥザワールド。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・2.00.0

昨秋の黄菊賞(500万下)をレコードで快勝。休養明けの前走・若駒S(オープン)も危なげなく勝ち上がり、一気にクラシック候補へ躍り出た。母トゥザヴィクトリー(エリザベス女王杯)、全兄トゥザグローリー(重賞5勝)と血統背景は一級品。馬体も大幅に成長し、スケール感は更に増した。輸送さえこなせば、勝機十分だろう。

○対抗はワンアンドオンリー。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:稍・2.04.3

昨年暮れの前走・ラジオNIKKEI杯(G3)で重賞初制覇。内回りの急坂コースで結果を出したのは収穫だった。レコード決着となった昨秋の東京スポーツ杯2歳S(G3)で0秒4差(6着)。関東への輸送にもメドは立っている。太め感なく仕上がり、休養明けでもマークが必要だ。

▲単穴はキングズオブザサン。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・2.00.8

1番人気に推された前走・京成杯(G3)は終い伸び切れず2着。大外枠からロスの多い競馬を強いられたが、それでも連対を確保した結果は評価できる。快勝した前々走・葉牡丹賞(500万下)のように、好位でスムーズに運べば好勝負に持ち込める。

△抑えはエアアンセム。△穴はアデイインザライフ。


たまちゃんの今週のワンポイントアドバイス

重賞連覇、ワンアンドオンリー

本番と同舞台で行われる注目のトライアル戦で、上位3頭に皐月賞への優先出走権が与えられる。

過去10年の連対馬は2-3、1-3、1-6、1-6、2-1、1-5、1-2、1-7、9-3、6-10番人気の組み合わせで決まった。1番人気馬は6勝2着1回と期待に応えているが、ここ2年は連に絡んでいない。

馬連配当は
3けた…………3回
1000円台…3回
2000円台…1回
3000円台…1回
7000円台…1回
万馬券…………1回

昨年、6、10番人気の決着で5万2300円の万馬券が飛び出し、一昨年も7830円の中穴配当となったが、8回は4000円未満。基本的には平穏に収まる傾向にある。

一方、3連単配当を見てみると、810円、6万6970円、6650円、2万3340円、2万6930円、5050円、1万8840円、12万6790円、46万1810円。1、2番人気が連から消えたここ2回は、12万、46万円台の波乱となっている。大穴を狙うなら3連単か。ちなみに、3着には2、5、2、7、7、7、5、5、2番人気が入線している。

連対馬の前走を距離別に見ると、1600M組5頭、1800M組7頭、2000M組8頭。1600〜2000Mから参戦した馬が好走している。

また、前走成績は1〜5着馬が11、3、0、4、1頭と7着1頭。前走で掲示板を外して巻き返した馬は1頭だけ。前哨戦で5着以内が連対への条件となっている。

前走クラス別は重賞組14頭、オープン特別組2頭、500万下組2頭、新馬・未勝利組2頭。連対馬の80%をオープン組が占めている。

路線別は4連対のラジオNIKKEI杯2歳S組がトップ。3連対で朝日杯フューチュリティS組、2連対で共同通信杯組、きさらぎ賞組、若駒S組と続いている。

キャリア別は、1〜8戦馬が1、1、6、2、5、4、1、0連対。連対馬の85%はキャリア3〜6戦に集中している。

所属別は関東馬が6連対(連対率10%)、関西馬は13連対(同22%)、地方馬が1連対(同33%)。長距離輸送のハンデがありながら関西馬が首位をキープしている。


◎……ワンアンドオンリーは前々走の東京スポーツ杯2歳Sで0秒4差の6着。ハイレベルのメンバーで掲示板に載れなかったが、続くラジオNIKKEI杯2歳Sを快勝した。2走前に長距離輸送を経験して、阪神コースでも2、1、1着の成績。急坂の中山へのコース替わりも問題なく、重賞連覇で皐月賞へ弾みをつける。


○……トゥザワールドは黄菊賞のレコード勝ちを含め、目下3連勝。良血馬らしく堂々とした走りで連勝を続けている。今回は初の長距離輸送、ゴチャつきやすい中山コースの克服など課題もあるが、大崩れするとは思えず2番手とした。

▲……アズマシャトルはここまで3戦して1勝2着2回。前走のラジオNIKKEI杯2歳Sでは先に動いてワンアンドオンリーの決め手に屈したが、直線いったん先頭に立つ積極的な競馬を見せた。良血馬で、距離も2度目。反撃を警戒したい。

△1……キングズオブザサンは2走前に葉牡丹賞を快勝して、続く京成杯でも2着。2戦続けて中山の2000Mで結果を出しているのは大きな魅力だ。展開を問わない器用さが武器で、小回りコース向きの決め手も備えている。

△2……新馬、ホープフルSを連勝したエアアンセム。勝ちタイムは目立たないが、好位追走から直線抜け出す強い競馬を見せた。前走京成杯は馬群に包まれて11着に終わったが、流れに乗ってリズムよく運べば好勝負に持ち込める。

△3……アデイインザライフは新馬勝ち直後で挑んだ京成杯で3着。4コーナー最後方から540台の馬体で迫力満点の末脚を繰り出した。キャリアは2戦と浅いが、ともにこの中山が舞台。馬体が絞れてくるようだとノーマークにはできない。

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 エアアンセム  
2 2 ブラックヘブン        
3 3 アデイインザライフ  
4 4 ウンプテンプ        
4 5 アグネスドリーム      
5 6 キングズオブザサン
5 7 アズマシャトル      
6 8 エイシンエルヴィン        
6 9 イタリアンネオ      
7 10 トゥザワールド
7 11 ワンアンドオンリー  
8 12 タイセイクルーズ        
8 13 サトノロブロイ        

買い目

大多10=11 10=6 10-1 10-3 11=6
綾恵10=6 10=9 10-1 10-5 6=9
山田3=10 3=6 3=11 10=6 10=11 6=11
たま11=10 11=7 11=1 11=3 11=6
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。