2014年11月24日(月)

11R

2014年11月24日(月) | 5回東京7日 | 15:25発走

第19回東京スポーツ杯2歳ステークス(GIII)

芝・左 1800m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系2歳 | オープン (国際)(指定) 馬齢 | 本賞金:3200、1300、800、480、320万円 |

予想

◎本命はアヴニールマルシェ。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・1.52.7

東京のデビュー戦でラスト2ハロン11秒1-11秒3の流れを差し切り、非凡な決め手をアピール。2戦目の前走・新潟2歳S(G3)はハナ差2着に惜敗したが、ハイペースのレコード決着にしっかり対応したあたり、素質は相当に高い。帰厩後は入念に乗り込まれ、休み明けでも好仕上がり。ここをしっかりモノにして来春に弾みをつけたいところ。

○対抗はグリュイエール。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:(初距離)

デビュー戦こそ2着に敗れたが、2戦目の前走を京都2歳レコードで快勝。勝負どころで外を回りながらも後続の追撃を振り切り、非凡な能力を見せた。今週の追い切りでも抜群の動きを見せており、レコード勝ちの反動はなさそう。輸送や初の左回りなど課題は多いが、素質の高さであっさり克服しても驚けない。

▲単穴はジャストドゥイング。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:稍・1.51.2

前走・芙蓉S(オープン)は、極限の瞬発力勝負。馬場の軽い新潟コースだったとはいえ、出色の上がり3ハロン32秒0の末脚を発揮し、見事に接戦を制した。大型馬だが仕上がりの早い牝系に属し、2歳馬にしては完成度が高い。再度、上がりの競馬になれば重賞でも通用するはずだ。

△抑えはクラージュシチー。△穴はスワーヴジョージ。


たまちゃんの今週のワンポイントアドバイス

重賞初V、アヴニールマルシェ

東西の素質馬が顔をそろえる出世レース。今年も来春のクラシック戦線をにらんで13頭の好素材が集結した。

2011年優勝のディープブリランテは皐月賞3着からダービーを制覇。また、昨年のイスラボニータも皐月賞を制して、ダービーで2着に好走している。過去10年のデータからレース傾向を探ってみたい。

連対馬は5-2、1-5、1-4、9-3、9-1、1-3、1-3、1-10、1-3、2-4番人気の組み合わせで決まった。1番人気は7連対と人気に応えて、2〜5番人気も計10連対の好成績。伏兵馬の連対は9、10番人気の2、1頭だけとなっている。

馬連配当は
3 け た……1回
1000円台…4回
2000円台…1回
3000円台…2回
5000円台…2回

キャリアの浅い2歳戦でも万馬券が出たことはなく、最高配当は11年の5970円。荒れても中波乱止まりとなっている。

しかし、3連単配当は、3万円台、1万円台、5410円、14万円台、8万円台、5万円台、5万円台、52万円台、6330円、6万円台。4けた配当で収まった年もあるが、10回中6回は5万円超の万馬券で決着。こちらは波乱含みとなっている。ちなみに3着には4、2、2、5、4、9、7、12、7、5番人気がゴールした。

地方馬(1頭)を除く連対馬のクラス別は、重賞組2頭、オープン特別組7頭、500万下組2頭、新馬組5頭、未勝利組3頭。オープン組が9連対をマークしているものの、新馬、未勝利組からも計8頭が連対。特に格を気にする必要はなさそう。

前走成績は
1着(9・1・0・0)
2着(8・0・0・2)
3着(8・1・1・0)

30頭中25頭が1着からの参戦で、2着2頭、3着1頭。馬券対象の9割以上が前走も3着以内に好走していた。ちなみに馬券に絡めなかった2頭はいずれも4着だった。

路線別は唯一いちょうS組が4連対で、2、4、1、1着からの臨戦だった。

また、連対馬のキャリアは、1〜6戦馬が5、9、4、1、1、0連対。連対率は各14、25、11、7、8、0%。キャリア1〜3戦馬が狙い目となる。


◎……前走の新潟2歳Sでアヴニールマルシェはハナ差の2着。勝ったミュゼスルタンと直線一緒に追い出したが、内と外のコース取りが着差に出た印象が強い。東京は新馬勝ちをしたゲンのいい舞台。重賞制覇のチャンスだ。

○……デビュー2戦目の前走をクラージュシチーは10馬身差勝ち。4コーナー2番手から直線で先行馬を早めに交わすと、あとは後続を離す一方でゴールした。距離短縮に不安はなく、2連勝も十分にある。

▲……新馬戦から1800Mばかり3戦してスワーヴジョージは、1、10、2着。2戦目は不利があって大敗したが、前走のアイビーS(オープン)でアタマ差まで迫った。東京向きの脚質で、距離経験も豊富だ。

△1……芝の2000M戦をグリュイエールは2戦。新馬はクビ差惜敗だったが、2戦目をレコード勝ちした。初の輸送競馬で、坂のあるコースも初めてだが、切れ味を生かせる競馬ができれば差はない。

△2……サトノクラウンは東京の1800M戦でデビュー勝ち。スローの瞬発力勝負になり時計は平凡だったが、直線しっかりと末脚を伸ばしてきた。唯一のキャリア1戦馬だが、鞍上が乗れてるムーア騎手ならノーマークにできない。

△3……マイルを3戦してソールインパクトは、2、2、1着。3戦目の初勝利だったが、走破タイムは0秒6、1秒1と一戦ごとに速くなっている。スピード勝負は望むところで、走法から1800Mも問題ない。

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 サトノクラウン    
2 2 アヴニールマルシェ
3 3 グリュイエール    
4 4 ペガサスボス        
4 5 ストリートキャップ      
5 6 グァンチャーレ      
5 7 マイネルシュバリエ        
6 8 ジャストドゥイング    
6 9 クラージュシチー  
7 10 エミネスク        
7 11 ソールインパクト    
8 12 ディアコンチェルト        
8 13 スワーヴジョージ  

買い目

大多2=3 2=8 2-9 2-13 3=8
綾恵2=1 2=11 2-5 2-8 1=11
山田13=2 13=6 13=9 2=6 2=9 6=9
たま2=9 2=13 2=1 2=3 2=11
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。