2014年6月8日(日)

11R

2014年6月8日(日) | 3回東京2日 | 15:40発走

第64回安田記念(GI)

芝・左 1600m | 天気:小雨 | 馬場:不良 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(指定) 定量 | 本賞金:10000、4000、2500、1500、1000万円 |

予想

◎本命はジャスタウェイ。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・1.32.7

昨年の天皇賞・秋(G1)でジェンティルドンナらを一蹴し、本格化。前走のドバイデューティフリー(国際G1)では圧巻のレコード勝ちを飾り、世界レベルの能力を示した。マイル戦でも(2・2・0・1)の好実績。一昨年には重賞(アーリントンC)も制している。遠征帰りだが、追い切りでは抜群の切れ味を披露し、臨戦態勢は整った。堂々と主役を張れる。

○対抗はワールドエース。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・1.31.4

休養明けの前走・マイラーズC(G2)をレコードで快勝。驚異的な瞬発力でラスト2ハロン10秒9-11秒3の流れを鮮やかに差し切った。一昨年の皐月賞(G1)2着、日本ダービー(G1)4着の実績馬が、屈腱炎から見事に復活を果たした。マイラーとしての資質は相当に高く、一線級が相手でも楽しみの方が大きい。

▲単穴はミッキーアイル。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・1.32.3

前走のNHKマイルC(G1)を逃げ切り勝ち。デビュー戦こそ2着に敗れたが、その後は破竹の5連勝(重賞3勝)と勢いに乗っている。非凡な先行力があり、終いの粘りも抜群。古馬とは初対戦となるが、斤量差を生かしての台頭も十分に考えられる。

△抑えはグランデッツァ。△穴はトーセンラー。


たまちゃんの今週のワンポイントアドバイス

G1連覇、ミッキーアイル

過去10年、連対馬は6-4、7-10、3-10、2-3、2-5、1-2、8-6、9-5、2-13、1-3番人気で決着した。上位1〜3番人気は2、4、3連対と不振で、6番人気以下から8頭が連対している。
馬連配当は
3 け た……1回
1000円台…1回
2000円台…1回
3000円台…2回
8000円台…1回
万 馬 券……4回

09年に1、2番人気のワンツーで290円と堅く収まったが、その1、2番人気が連から消えた05、06、10、11年には万馬券が飛び出す大荒れ。波乱含みの難解な一戦となっている。

また、3連単配当は46万円台、28万円台、6万円台、14万円台、1万円、34万円台、33万円台、46万円台、6万円台。こちらも9回中で6回も10万超の高配当が出ている。

路線別(着順)は5連対の京王杯スプリングC組(2、1、1、4、7着)がトップ。3連対で大阪杯組(6、2、2着)、2連対でマイラーズC組(1、9着)、ヴィクトリアマイル組(2、1着)、ドバイデューティフリー組(15、3着)、チャンピオンズマイル・香港組(1、2着)の順。掲示板を外して巻き返した馬も多く、前走成績は気にしなくてもよさそう。

年齢別は3〜8歳以上馬が3、40、62、42、26、7頭出走して1、4、6、5、4、0連対。連対率は33、10、10、12、15、0%。連対数で5歳馬が一歩リードしているが、率では3歳馬が優勢だ。なお、連対率トップの3歳馬はすべてNHKマイルC(3、3、7着)からの参戦で、11、1、17着。11年のリアルインパクトは古馬の牙城を突破している。

牡馬は158頭が出走して17連対(連対率11%)、牝馬は22頭で3連対(同14%)。牡馬は連対数で牝馬を大きく引き離しているものの、率で逆転されている。

外国馬VS日本馬は154頭と26頭で争い、18対2。連対率は12%と8%。日本馬が優勢となっている。グロリアスデイズ(香港)が3度目の来日。打倒日本馬の意欲を見せるが、データからは見送るのが正解だろう。

なお、関東馬が63頭出走して8連対(13%)、関西馬は91頭で10連対(11%)。連対数で関西馬、率で関東馬が好成績を残している。


◎……3歳馬ミッキーアイルで勝負する。デビュー戦から一貫してマイル戦に出走。新馬戦こそ2着と敗れたが、そこから5連勝でNHKマイルCを制覇した。前走は2カ月半ぶり、スタートもひと息だったが、後続の追撃を断ち切った。持ち時計のない馬に道悪は大歓迎で、古馬との4キロ差も大きな魅力。スタートを決めて一気に押し切る。

○……ホエールキャプチャはヴィクトリアマイルで0秒1差の4着。直線インを突いた3頭に伸び負けしたが、内有利の馬場を考えれば悲観する内容ではない。前走を除くと東京のマイルは(3・1・0・0)と底を見せていない。2走前の東京新聞杯(重馬場)で57キロを背負って牡馬を一蹴。この舞台なら互角以上に戦える。

▲……前走のドバイデューティフリーでジャスタウェイは世界が驚くレコード勝ち。昨秋の天皇賞(秋)でも2着を4馬身ちぎって圧勝している。世界ランキング1位の実力に疑う余地はないが、今回は昨年の夏に完敗しているマイル戦。スピード比べになれば取りこぼしもあると見た。

△1……ワールドエースは一昨年の皐月賞でゴールドシップの2着。続くダービーで1番人気に推されたが0秒2差の4着だった。3歳春の時点では主役を張れる一頭だった。脚部不安で1年8カ月休養したが、復帰2戦目の前走マイラーズCをレコードで制した。初の58キロでG1挑戦となるが、潜在能力からは全く見劣りしない。

△2……グランデッツァも長期休養明け3戦目の前走都大路Sで、2着を5馬身ちぎって日本レコードで快勝した。2番手追走から抜け出す横綱相撲で、最後は流す余裕の競馬から激走の反動はなさそう。もともとは皐月賞で1番人気に推されたほどの期待馬。メンバー屈指のスピード馬が勢いに乗ってG1奪取を果たしても不思議はない。

△3……デビュー2戦目の11着を除くとフィエロは(5・2・1・0)と抜群の安定感。重賞初挑戦となった前走のマイラーズCでも中団で構え、上がり33秒2の末脚で2着と好走した。2走前に重馬場の六甲Sを快勝。相手は強化するが、G1の壁を突破しても驚けない。

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 グランデッツァ    
1 2 レッドスパーダ      
2 3 カレンブラックヒル      
2 4 リアルインパクト        
3 5 エキストラエンド        
3 6 グロリアスデイズ        
4 7 ホエールキャプチャ      
4 8 ミッキーアイル  
5 9 ダノンシャーク      
5 10 ジャスタウェイ
6 11 ショウナンマイティ      
6 12 グランプリボス        
7 13 フィエロ    
7 14 クラレント        
8 15 サダムパテック        
8 16 トーセンラー      
8 17 ワールドエース  

買い目

大多10=17 10=8 10-1 10-16 17=8
綾恵10=8 10=13 10-11 10-17 8=13
山田10=9 10=3 10=2 9=3 9=2 3=2
たま8=7 8=10 8=1 8=13 8=17
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。