IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2014年5月11日(日)

11R

2014年5月11日(日) | 2回東京6日 | 15:40発走

第19回NHKマイルカップ(GI)

芝・左 1600m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳 | オープン (国際) 牡・牝 (指定) 定量 | 本賞金:9200、3700、2300、1400、920万円 |

予想

◎本命はミッキーアイル。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・1.32.3

前走のアーリントンC(G3)を逃げ切って4連勝。タガノグランパ(次走の重賞を勝利)らを子ども扱いして格の違いを見せつけた。卓越したスピードを備え、なおかつゴールまで鈍らない。最終追い切りでも抜群の動きを披露し、状態はすこぶる良好。同型馬の出方は気になるが、今回もスピードの違いで押し切っても驚けない。

○対抗はショウナンアチーヴ。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・1.33.3

前哨戦のニュージーランドT(G2)を1番人気に応えて勝利。出遅れるロスがありながら、外から鮮やかに差し切った。昨年の朝日杯FS(G1)2着の実績からも、マイラーとしての資質は世代トップクラス。ミッキーアイルら先行勢がハイペースで競り合うようなら、逆転の場面まで。

▲単穴はサトノルパン。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・1.35.4

前走のファルコンS(G3)は、後方から鋭い脚で追い込んでクビ差2着に好走。マイル以下では(2・2・1・0)と全て馬券に絡んでいる。まだゲートに課題はあるが、末脚は重賞級。発馬を決めて流れに乗れば、G1でも侮れない。

△抑えはロサギガンティア。△穴はエイシンブルズアイ。


今週のワンポイントアドバイス

末脚さく裂、エイシンブルズアイ

今週から東京で、NHKマイルC、ヴィクトリアマイル、オークス、ダービー、安田記念と5週連続でG1が行われる。

第1週は3歳馬による“マイル王 決定戦。過去10年のデータでレース傾向を見てみたい。

レースはすべてフルゲート18頭立て。連対馬は1-4、2-10、3-9、17-1、1-3、10-5、1-5、1-2、1-3、10-6番人気の組み合わせで決まった。上位1〜3番人気は6、2、3連対とまずまずの成績だが、6番人気以下からも2けた人気馬4頭を含む6頭が連対している。

馬連配当は
1000円台…4回
2000円台…1回
4000円台…1回
6000円台…1回
万 馬 券……3回

2けた人気の勝った年に万馬券が出ているが、3000円未満の決着も5回。堅いか、荒れるかの両極端な結果が出ている。

また、9回の3連単は6万円台、20万円台、973万円台、11万円台、238万円台、1万円台、7920円、26万円台、123万円台。こちらは07年の973万馬券を筆頭に100万馬券が3回も飛び出す大荒れ。波乱を視野に入れた馬券購入をお勧めしたい。

路線別(着順)は、ニュージーランドT組(3、2、3、2、3、1、7着)が7連対。次いで、毎日杯組(1、1、1、2着)4連対、3連対で皐月賞組(4、6、6着)と桜花賞組(1、3、14着)が続き、スプリングS組(2、12着)2連対、ファルコンS組(1着)1連対の順。連対20頭はすべて重賞からの出走で、3着も10頭中7頭が重賞組だった。

なお、最多7連対のニュージーランドT組は、目下5年連続で連対を続けている。

連対馬20頭の脚質別は、逃げ1頭、先行6頭、差し8頭、追い込み5頭。差し追い込み馬が好成績を残している。

性別は牡馬が166頭出走して17連対(連対率10%)、牝馬は14頭で3連対(同21%)。牝馬は連対数で見劣るが、率で牡馬を上回っている。


◎……前走のエイシンブルズアイは勝ったと思ったところを強襲されて2着。ハナ差の2着に敗れたが、東京のマイルはスタミナも必要なので1800Mを克服できたのは心強い。全2勝のマイルへの距離短縮は好材料。直線の長い東京なら33秒台の末脚がさく裂する。

○……ショウナンワダチは前走のニュージーランドTで2着。道中で手前を変えられなかった分がハナ差に出たと見たい。東京の1600Mは2戦2勝。左回りに替わり、ベストの東京が舞台ならエンジンが全開する。

▲……前走のショウナンアチーヴは出遅れて最後方に置かれたが、直線外から強襲して重賞初制覇。朝日杯フューチュリティS2着が、フロックでなかったことを証明した。東京コースは1勝3着1回と好相性。重賞連覇も視野に入る。

△1……ミッキーアイルは未勝利から逃げてマイルで4連勝。京都の未勝利レコード勝ちは素晴らしく、前走のアーリントンCでも後続を3馬身半差ちぎった。逃げ切り勝ち1頭の過去データが気になり評価を下げたが、世代トップの速力を備えていることは間違いない。

△2……ここ4戦のサトノルパンは連続出遅れ。中でも前走は18頭立ての最後方に置かれる競馬で、直線でも追い出しを待たされながらクビ差の2着まで迫った。スタート難はあるが、2走前に東京で見せた33秒0の決め手は一級品。発馬を決められれば突き抜けても不思議はない。

△3……府中のマイルでロサギガンティアは反撃を狙う。前走の皐月賞10着は負け過ぎの感もあるが、0秒6差なら着順ほど大きく離されていない。相性のいい東京に替われば流れひとつで上位争いに浮上できる。

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 キングズオブザサン        
1 2 タガノブルグ        
2 3 ダンツキャンサー        
2 4 ロサギガンティア
3 5 ショウナンアチーヴ
3 6 ベルルミエール        
4 7 ホウライアキコ        
4 8 サトノルパン    
5 9 アトム        
5 10 ミッキーアイル
6 11 カラダレジェンド        
6 12 ショウナンワダチ    
7 13 アルマエルナト        
7 14 ウインフェニックス      
7 15 アドマイヤビジン        
8 16 エイシンブルズアイ  
8 17 マイネルディアベル        
8 18 ピークトラム        

買い目

大多10=5 10=8 10-4 10-16 5=8
綾恵10=12 10=4 10-5 10-14 12=4
山田4=16 4=10 4=5 16=10 16=5 10=5
たま16=12 16=5 16=4 16=8 16=10
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。