IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2014年9月21日(日)

11R

2014年9月21日(日) | 3回新潟4日 | 15:45発走

第68回朝日杯セントライト記念(GII)

芝・左 2200m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳 | オープン (国際)(指定) 馬齢 | 本賞金:5200、2100、1300、780、520万円 |

予想

◎本命はイスラボニータ。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:(初距離)

いよいよ皐月賞馬が秋の初陣を迎える。昨秋の東スポ杯2歳S(G3)から一気の重賞3連勝。日本ダービー(G1)では距離不安をささやかれながら、正攻法で接戦に持ち込む堂々の2着だった。2冠こそ逃したが、改めて現役上位の底力を示した。いまだ連対率100%(5・2・0・0)をキープ。当然、最有力の存在だろう。

○対抗はトゥザワールド。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:(初距離)

1番人気に支持された皐月賞(G1)でイスラボニータの2着。続く日本ダービー(G1)は5着に敗れ、初めて連を外したが、世代トップクラスの評価は変わらない。道中で自ら動ける脚があり、内回りコースも合いそう。今回も上位争いになる。

▲単穴はマイネルフロスト。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:(初距離)

3月の毎日杯(G3)で重賞初制覇。日本ダービー(G1)ではロスなく最内を立ち回り、12番人気の低評価を覆す見せ場十分の3着だった。レースセンスに優れ、相手なりに走れる点が魅力。虎視たんたんと上位を狙う。

△抑えはワールドインパクト。△穴はステファノス。


今週のワンポイントアドバイス

能力互角、サトノフェラーリ

中山競馬場の改修工事で今年は新潟で行われるが、ここでは過去10回の中山開催のデータでレース傾向を探ってみたい。

連対馬は1-2、8-1、12-4、1-2、9-1、2-4、4-3、6-3、1-14、3-5番人気の組み合わせで決まった。上位1〜3番人気は5、3、3連対とやや不満の残る成績で、6番人気以下からも5頭が連に絡んでいる。

馬連配当は
3 け た……2回
2000円台…3回
3000円台…1回
4000円台…1回
5000円台…1回
9000円台…1回
万 馬 券……1回

1、2番人気決着で3けた配当も2回あるが、06年には12、4番人気のワンツーで1万8410円と荒れ、一昨年も9100円の高配当が出ている。

また、3連単配当は3着に9、6、7、14、5、7、2、1、4、6番人気が入線して、8380円、12万円台、51万円台、4万円台、6万円台、7万円台、1万円台、5万円台、13万円台、4万円台。伏兵馬が3着に入るケースも多く、10万超の配当が3回も飛び出している。

連対馬のクラス別(地方馬1頭を除く)は重賞組10頭、準オープン組1頭、1000万下組6頭、500万下組2頭。連対馬の半数を重賞組が占めているが、条件組にもチャンスは十分ある。

路線別(着順)は6連対のダービー組(9、6、4、13、11、2着)がトップ。これを3連対の阿賀野川特別組(3、1、6着)、2連対でラジオNIKKEI賞組(1、2着)などが追っている。


◎……毎年「春の実績馬VS夏の上がり馬」の構図。皐月賞1、2着馬やダービー2〜6着馬のほかに多彩な顔ぶれがそろったが、本命に2連勝中の上がり馬サトノフェラーリを推す。3カ月半ぶりだった前走の弥彦特別で古馬を余裕で差し切り。2戦目にオープン特別でハナ差2着と2歳時から素質を見せていた。夏に1走しての参戦は大きな強みで勢いも一番。実績馬相手でも全くヒケは取らないと見た。

○……実績ではイスラボニータが抜けている。不安の小回りコースで皐月賞を制し、ダービーでも小差の2着。新潟は新潟2歳Sでハープスターに3馬身ちぎられた舞台だが、コース経験しているアドバンテージは大きい。秋初戦を飾って2冠獲りへ駒を進めたいところ。

▲……春のクラシックでトゥザワールドは2、5着。2戦ともイスラボニータに及ばなかったが、世代トップの一角を占めていることは間違いない。休養明けは初めてとなるが、レース感さえ鈍っていなければ差はない。

△1……前走のダービーでワールドインパクトは1秒差の10着。終始外々を回らされる展開がこたえたか、最後の直線で馬群に沈んだ。デビューから7戦して6連対と安定感は抜群。流れひとつで首位争いに浮上できる素質を備えている。

△2……デビュー6戦目の毎日杯でマイネルフロストは重賞初制覇。インから馬群を割って抜け出す勝負根性を見せ付けた。青葉賞は6着と敗れたが、続くダービーで12番人気を覆して内から伸びて3着と大舞台での強さもアピールした。混戦になれば出番は十分ある。

△3……クラリティシチーは前走のラジオNIKKEI賞で小差の2着。春になかなか勝ち上がれずダービーへ出走できなかった素質馬がその片鱗を見せた。2走前の勝ち時計は同開催のNHKマイルCと0秒4差。実績は見劣るが、瞬発力勝負になれば侮れない。

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 ラングレー      
1 2 エアアンセム        
2 3 ダイワリベラル        
2 4 ショウナンラグーン    
3 5 イスラボニータ
3 6 マイネルフロスト  
4 7 サトノフェラーリ      
4 8 オウケンブラック        
5 9 ヨッヘイ        
5 10 ステファノス      
6 11 サングラス        
6 12 アルテ        
7 13 ワールドインパクト  
7 14 タガノグランパ        
7 15 デルカイザー        
8 16 トゥザワールド  
8 17 クラリティシチー    
8 18 メイクアップ        

買い目

大多5=16 5=6 5-10 5-13 16=6
綾恵4=13 4=5 4-1 4-17 13=5
山田6=5 6=16 6=4 5=16 5=4 16=4
たま7=5 7=16 7=6 7=13 7=17
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。