2014年7月13日(日)

11R

2014年7月13日(日) | 2回福島4日 | 15:45発走

第50回七夕賞(GIII)

芝・右 2000m | 天気:曇 | 馬場:良 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(特指) ハンデ | 本賞金:4000、1600、1000、600、400万円 | レコードが出たレース

予想

◎本命はマイネルラクリマ。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:稍・1.57.3

昨年の当レース覇者。前走のエプソムC(G3)は海外遠征後の初戦ながら2着に入り、きっちり力を見せた。今回と同じ58キロを背負った昨秋の福島記念(G3)でもレコード決着の2着に好走。連覇の可能性は十分にありそうだ。

○対抗はラブリーデイ。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:稍・1.57.3

前走の目黒記念(G2)は5着に敗れたが、勝ち馬とは0秒2差。上位馬より重いハンデを背負いながら、好位から粘った走りは高く評価できる。福島コースは初めてだが、小倉記念(G3)で2着の実績から小回りは苦にしない。引き続き注目すべき一頭だろう。

▲単穴はダコール。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・1.57.4

堅実な末脚があり、大崩れが少ないタイプ。G3では7戦すべて掲示板に載り、昨年の当レースは5着に入った。休養明けの前走・メイS(OP)は、14キロ増の馬体で3着を確保。ひと叩きされて順調に良化しており、今回も上位争いが期待できそうだ。

△抑えはダイワファルコン。△穴はメイショウナルト。


たまちゃんの今週のワンポイントアドバイス

悲願の重賞V、ラブリーデイ

過去10年、連対馬は8-9、1-8、3-1、6-2、7-11、1-4、11-6、7-2、14-1、1-7番人気の組み合わせで決まった(11年は中山競馬)。

1番人気は5連対とほめられた成績とはいえず、2、3番人気も2、1連対と不振。代わりに6番人気以下から11頭が連に絡んでいる。

馬連配当は
1000円台…1回
2000円台…3回
3000円台…1回
4000円台…1回
万 馬 券……4回

毎年のように伏兵馬が連対し、10回中で4回も万馬券が出る波乱のレースとなっている。

また、9回の3連単配当は1万円台、9710円、2万円台、35万円台、2万円台、9万円台・9万円台(3着同着)、8万円台、59万円台、31万円台。4けた配当で収まったこともあるが、ここ2年は30万円超の万馬券が飛び出す大荒れ。一筋縄では収まらないハンデ重賞戦となっている。

連対馬20頭のクラス別(着順)は重賞組15頭(18、3、7、5、1、8、4、14、1、17、4、6、10、3、11着)、オープン特別組4頭(9、6、4、2着)、準オープン以下組1頭(13着)。前走馬券対象の3着以内に好走したのは5頭のみ。11頭は前走で掲示板を外して巻き返した馬だった。

ステップは4連対のエプソムC組がトップ。2連対で目黒記念組などが続いている。

年齢別は4〜8歳以上馬が8、48、41、27、24頭出走して、2、9、7、2、0連対。連対率は25、19、17、7、0%。連対数で5歳馬が世代をリードし、率で4歳馬がトップに立っている。

牡馬は138頭出走して17連対(連対率12%)、牝馬が10頭で3連対(同30%)。牡馬は連対数で牝馬を大きく引き離しているものの、率では牝馬に逆転されている。

連対馬のハンデは(57、56)(56、56)(59、57.5)(57、55)(53、53)(57、53)(52、54)(52、55)(55、57)(57、58)キロの組み合わせでゴール。連対馬は幅広い斤量から出ている。


◎……前走の目黒記念でラブリーデイは早め先頭、最後まで踏ん張り切れなかったが0秒2差の5着は立派。距離短縮は歓迎で、小倉記念2着から小回りコースも問題ない。今度こそ重賞制覇を果たしたい。

○……準オープンを逃げ切った勢いで挑んだ目黒記念でグランデスバルは0秒6差の9着。スローに落としたとはいえ、G2の強敵を相手に大きく崩れなかった。小回りに替わり前走据え置きの54キロなら先行力を十分に発揮できる。

▲……マイネルラクリマは海外遠征帰り初戦のエプソムCでアタマ差の2着。重賞2勝馬の地力を見せた。トップハンデの58キロを背負うが、福島の2000Mは3戦2勝、2着1回と得意。前走の反動が出なければV争いになる。

△1……3走前にダイワファルコンが福島記念を連覇したときが、57.5キロのハンデでレコードV。58キロに良績はないが、3戦中2戦はG1レースだった。福島の芝に2勝の実績があり、中距離も得意。トップハンデでも軽視できない。

△2……ダコールは約9カ月ぶりの前走メイSで0秒2差の3着。初めての470キロ台でたたき台の雰囲気もあったが、上がり33秒6の決め手を発揮した。極端に時計のかかる馬場にならなければ好勝負になる。

△3……前走マーメイドSでコスモバルバラは2着。50キロの軽ハンデが利いたにしても、2階級格上のG3で1馬身半差はほめられていい内容だ。引き続き軽ハンデ50キロ。機動力を生かせる小回りコースでの大駆けを警戒したい。

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 ミキノバンジョー        
1 2 メイショウナルト    
2 3 ダイワファルコン  
2 4 ニューダイナスティ        
3 5 コスモバルバラ    
3 6 イケドラゴン        
4 7 マイネルラクリマ
4 8 ダコール  
5 9 オートドラゴン        
5 10 マデイラ        
6 11 セイカプレスト        
6 12 グランデスバル      
7 13 ヴィクトリースター      
7 14 ロードオブザリング        
8 15 ラブリーデイ
8 16 アドマイヤブルー        

買い目

大多7=15 7=8 7-2 7-3 15=8
綾恵3=7 3=15 3-5 3-13 7=15
山田2=8 2=7 2=15 8=7 8=15 7=15
たま15=12 15=7 15=3 15=5 15=8
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。