sportsnavi

2014年7月20日(日)

11R

2014年7月20日(日) | 2回函館6日 | 15:25発走

第50回農林水産省賞典 函館記念(GIII)

芝・右 2000m | 天気:曇 | 馬場:良 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(特指) ハンデ | 本賞金:4000、1600、1000、600、400万円 | レコードが出たレース

予想

◎本命はアンコイルド。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・1.58.6

昨年の当レース2着馬。その後は札幌記念(G2)でも3着するなど、洋芝への適性は証明済み。海外遠征明けの前走・巴賞(OP)は6着に敗れたが、勝ち馬とは0秒3差。ひと叩きされて順当に上向いてくるようなら、重賞制覇のチャンスもあるだろう。

○対抗はグランデッツァ。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:稍・2.02.0

一昨年のスプリングS(G2)を制した素質馬。屈腱炎により長期休養していたが、前々走の都大路S(OP)を日本レコードで圧勝し、復活をアピールした。11着に敗れた前走・安田記念(G1)は最内枠から窮屈なレースとなったため度外視。スムーズなら大幅な巻き返しが期待できる。

▲単穴はバウンスシャッセ。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・2.00.3

春のオークス(G1)3着馬。直線で前が詰まる場面から立て直し、クビ・クビ差の接戦に持ち込んだ。脚質に自在性があり、コースは不問。古馬とは初対戦だが、ハンデ51キロなら軽くは扱えない。

△抑えはラブイズブーシェ。△穴はアドマイヤタイシ。


たまちゃんの今週のワンポイントアドバイス

古豪復活、ダークシャドウ

過去10年の連対馬は2-1、6-2、1-2、7-9、4-1、4-10、2-1、4-12、4-8、3-7番人気の組み合わせで決まった(09年は札幌競馬)。上位1〜3番人気は4、4、1連対とほめられた成績になく、代わりに6番人気以下から7頭の伏兵馬が連対している。

馬連配当は
3 け た……2回
1000円台…2回
2000円台…1回
3000円台…1回
6000円台…1回
9000円台…1回
万 馬 券……2回

1番人気の絡んだ年に2000円未満で堅く収まる一方で、9000円以上の高配当も3回。人気薄馬の食い込みに警戒したい。

9回行われた3連単配当は4万円台、7350円、38万円台、1万円台、12万円台、2万円台、40万円台、15万円台、10万円台。こちらは10万超の万馬券が9回中で5回も飛び出す大荒れ。ちなみに3着には4、3、2、2、8、5、7、7、8番人気が入線している。

ステップ(着順)は巴賞組(1、2、2、11、8、4、1、3、6、5、8着)が11連対と他路線を寄せ付けない強さを見せている。なお、この組なら着順に関係なく巻き返しが可能となっている。

年齢別は3〜8歳以上馬が0、6、6、1、3、4連対。連対率は0、32、17、2、13、16%。連対数で4、5歳馬がトップ争いしているが、7歳以上の高齢馬の健闘にも注目したい。

今年はオークスで3着に好走した3歳牝馬のバウンスシャッセが出走するが、過去10年で3歳馬の挑戦は07年のナムラマース(牡53キロ、6着)だけ。データからは狙いづらい。

連対馬のハンデは(55、57)(55、54)(56、57)(57、52)(56、57)(56、55)(56、56)(54、53)(54、52)(57.5、55)キロで決着した。優勝馬はすべて54キロ以上で、2着馬も7頭が該当。軽ハンデ馬の出番は少ない。


◎……ダークシャドウは前走のエプソムCで59キロを背負って3着。直線で馬群をさばくのに手間取ったが0秒2差まで追い上げた。7歳馬でも衰えは感じられず、2000Mは天皇賞(秋)で2、4着したベストの距離。重賞2勝の実力馬が復活Vを果たす。

○……長期休養明け2戦目の前走鳴尾記念でアドマイヤタイシはハナ差の2着。G3で5連続2着した底力を見せ付けた。あとひと押しが利かずにいるが、いつ重賞へ手が届いても不思議のない力量馬。僅差で涙を飲んできたが今度こそタイトル奪取を決めたい。

▲……アンコイルドは昨年、函館記念2着に続き札幌記念(函館で代替)を3着。この2戦をステップに秋に京都大賞典2着、天皇賞(秋)4着、ジャパンCでも0秒3差と好走を繰り返した。前走の巴賞6着は物足りないが、遠征帰りで調整不足の影響もあったようだ。体調が戻れば能力は互角だ。

△1……昨年の有馬記念でラブイズブーシェは4着と好走した。その後結果を出せずにいたが、前走の目黒記念でアタマ差の2着と復活の兆しを見せた。函館に2勝の実績があり、10連対中8連対がこの2000M戦。ベストの距離で反撃する。

△2……グランデッツァは2走前の都大路Sを日本レコードで圧勝。一昨年の皐月賞(5着)で1番人気に推された実力馬が意地を見せた。前走の安田記念11着は道悪が敗因とはっきりしているが、天気予報から今回も良馬場は望み薄。能力を認めつつも抑えとした。

△3……前走のオークスでバウンスシャッセは3着。直線スムーズに馬群をさばけなかったロスはあったが、しっかりと伸びてクビ・クビ差まで迫った。函館でデビュー勝ちし、洋芝の適性が高く、ハンデも51キロ。条件は恵まれたが、古馬一線級相手でどこまで戦えるか。

Yahoo! toto
Yahoo! toto

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 アドマイヤフライト      
1 2 ステラウインド      
2 3 ラブイズブーシェ  
2 4 ナカヤマナイト        
3 5 サイモントルナーレ        
3 6 ゼロス        
4 7 アンコイルド
4 8 シゲルササグリ        
5 9 ダークシャドウ    
5 10 リルダヴァル      
6 11 アスカクリチャン        
6 12 トウカイパラダイス        
7 13 グランデッツァ
7 14 バウンスシャッセ    
8 15 サクラアルディート        
8 16 アドマイヤタイシ    

買い目

大多7=13 7=14 7-3 7-16 13=14
綾恵3=9 3=7 3-2 3-13 9=7
山田13=7 13=1 13=10 7=1 7=10 1=10
たま9=16 9=7 9=3 9=13 9=14
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。