2013年4月7日(日)

11R

2013年4月7日(日) | 2回阪神6日 | 15:40発走

第73回桜花賞(GI)

芝・右・外 1600m | 天気:曇 | 馬場:良 | サラ系3歳 | オープン (国際) 牝 (指定) 定量 | 本賞金:8900、3600、2200、1300、890万円 |

予想

◎本命はクロフネサプライズ。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・1.34.2

トライアルの前走・チューリップ賞(G3)を逃げて快勝。楽なペースだったとはいえ、ゴール前にもう一伸びし、2歳女王ローブティサージュらを完封した。昨年の阪神ジュベナイルF(G1)は2着に敗れたが、負けて強しの競馬。先行馬が総崩れするハイペースの中、2番手追走からクビ差に粘った内容は勝ちに等しい。スピードとパワーを兼備し、舞台適性も高い。女王の座を射止める資格は十分だ。

○対抗はメイショウマンボ。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・1.35.0

こぶし賞(500万下)、フィリーズレビュー(G2)を連勝。いずれも後方から鮮やかに差し切る快勝だった。ここへ来て精神面が成長し、課題のゲートも改善傾向。ややズブい面があり、ジワジワ伸びる末脚を考えれば、阪神の外回りコースへ替わるのは好材料だ。道悪は歓迎のクチだけに、馬場状態次第ではチャンスがある。

▲単穴はレッドオーヴァル。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・1.35.7

年明けの紅梅S(オープン)では、外を回って豪快な差し切り勝ちを披露。メイショウマンボに3馬身差をつけて圧勝したのだから、能力の高さは世代屈指だ。小柄な馬体や追い込み一手の脚質など課題は多いが、うまくハマれば逆転できる素質がある。

△抑えはトーセンソレイユ。△穴はコレクターアイテム。


たまちゃんの今週のワンポイントアドバイス

決め手上位、レッドオーヴァル

最有力ステップのチューリップ賞で2歳女王のローブティサージュ(2番人気)が9着。1番人気に推されたレッドオーヴァルも7着に敗退した。クロフネサプライズが優勝し、2着ウインプリメーラ、3着にアユサンが入線した。1、2番人気が前哨戦で着外に敗れたことで、“桜の女王 決定戦は大混戦模様となった。

過去10年のレースから傾向を見てみたい。

連対馬は2-13、1-7、2-1、6-1、3-1、12-15、1-2、1-3、2-1、2-4番人気の組み合わせで決着した。上位1〜3番人気が計14連対と全体の70%を占めているが、6番人気以下からも伏兵馬が5頭連対している。

馬連配当は
3 け た……3回
1000円台…4回
3000円台…1回
9000円台…1回
万 馬 券……1回

08年に12、15番人気の組み合わせで19万6630円の波乱となったが、7回は2000円未満。基本的には平穏に収まる傾向を見せている。

また、3連単配当(8回)は、3万6790円、2万7460円、1万2680円、700万2920円、5680円、3万8520円、5880円、2万420円。こちらも08年の700万馬券以外は3万円以下に落ち着いている。

連対馬20頭は全馬芝からの参戦で、距離は1400M2頭、1600M14頭、1800M4頭。本番と同距離の1600Mをステップにした馬が好走している。

路線別(成績)はチューリップ賞組が9連対(2、4、2、1、2、1、1、2、4着)。次いでフラワーC組4連対(1、1、1、1着)、クイーンC組3連対(6、1、1着)、2連対でフィリーズレビュー組(1、3着)とエルフィンS(1、1着)の順。ステップは上記5路線に限られ、前走成績もエフティマイア(08年)を除く19頭は4着以内。同世代のサバイバル戦を勝ち抜いてきた馬による頂上決戦だけに、2けた着順からの巻き返しは見られない。

東西対決は関東馬71頭と関西馬106頭で争い、5対15。連対率は7%、14%。関西馬が関東馬を大きくリードしている。しかし、ここ3年を見ると、関東馬はアパパネ(1番人気1着=10年)、ホエールキャプチャ(1番人気2着=11年)、アイムユアーズ(3番人気3着=12年)が馬券圏の3着以内を確保。人気の後押しがあれば信頼してもよさそうだ。


◎……レッドオーヴァルが巻き返す。前走のチューリップ賞は発馬で後手に回り、道中でも外々を回るロス。それでも直線外からレース最速の上がりで7着。前の止まらない流れで届かなかったが、2着とは0秒2差まで迫った。2走前に重馬場の紅梅Sで2着を3馬身ちぎった実績から渋った馬場も問題なし。ペースが上がれば一気に差し切れる。

○……こぶし賞、フィリーズレビューとメイショウマンボは連勝。距離は1ハロン延びるが、2走前にやや重馬場のマイルを快勝している。昨年暮れの阪神ジュベナイルFはキャリア1戦で10着と敗れたが、今の充実度なら好勝負に持ち込める。

▲……クロフネサプライズはハイペースの阪神ジュベナイルFで2番手追走からクビ差の2着。続くチューリップ賞は2着を3馬身半ちぎって逃げ切った。本番と同じ舞台で好走した実績は評価できるが、今回は後続のマークも相当に厳しくなると見て、3番手評価とした。

△1……前走のチューリップ賞でアユサンは3着に入り、本場への切符をもぎ取った。絶好の3番手から直線を向いて伸び切れなかったのは、落鉄の影響があったのかもしれない。良馬場なら33秒台の決め手を駆使できる快速馬。展開ひとつで首位争いに浮上する。

△2……ウインプリメーラもチューリップ賞で、好位2番手で立ち回り、しぶとく2着に粘り込んだ。この馬も道中で落鉄。アクシデントを克服して連を確保したのは立派。人気はないが楽しみな存在だ。

△3……前走のトーセンソレイユは4コーナーで先頭と10馬身以上の差。そこから馬群を縫うようにして差し切った。キャリア2戦馬の連対は09年のレッドディザイア1頭だけ。データ的には狙いづらいが、なんといってもディープインパクトの半妹。ノーマークにするのは危険か。

Yahoo! toto

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 ストークアンドレイ        
1 2 サマリーズ        
2 3 クラウンロゼ        
2 4 サンブルエミューズ      
3 5 ウインプリメーラ      
3 6 ローブティサージュ      
4 7 アユサン      
4 8 ティズトレメンダス        
5 9 プリンセスジャック        
5 10 シーブリーズライフ        
6 11 サウンドリアーナ      
6 12 トーセンソレイユ    
7 13 クロフネサプライズ
7 14 レッドオーヴァル  
7 15 ナンシーシャイン        
8 16 ジーニマジック      
8 17 コレクターアイテム      
8 18 メイショウマンボ

買い目

大多13=18 13=14 13-12 13-17 18=14
綾恵18=13 18=4 18-6 18-16 13=4
山田13=11 13=18 13=14 11=18 11=14 18=14
たま14=18 14=13 14=5 14=7 14=12
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。