2013年4月28日(日)

11R

2013年4月28日(日) | 3回京都4日 | 15:40発走

第147回天皇賞(春)(GI)

芝・右・外 3200m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系4歳以上 | オープン (国際)(指定) 定量 | 本賞金:13200、5300、3300、2000、1320万円 |

予想

◎本命はゴールドシップ。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:(初距離)

昨年の牡馬クラシック2冠&有馬記念(G1)覇者。休み明けの前走・阪神大賞典(G2)を貫禄勝ちし、盾制覇へ好スタートを切った。オルフェーヴルと同じ「ステイゴールド×メジロマックイーン」の黄金配合でスタミナは底知らず。決して器用なタイプではないが、自ら動ける脚があり、向正面からのロングスパートで他馬を豪快にマクり切る。一叩きされたことで状態はさらに良化。G1タイトルをさらに増やす公算大だ。

○対抗はフェノーメノ。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:(初距離)

昨年の日本ダービー(G1)は惜しくも2着に敗れたが、ゴールドシップには先着。天皇賞・秋(G1)2着の実績からも、能力は現役屈指だ。こちらも復帰戦の前走・日経賞(G2)を危なげない競馬で快勝し、格の違いをアピール。昨秋の菊花賞(G1)を回避した経緯を考えると、本質的にはステイヤーでないかもしれないが、折り合いのつくタイプで対応は可能。初の関西輸送をこなせば、勝負に持ち込めるはず。

▲単穴はアドマイヤラクティ。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:(初距離)

前走・ダイヤモンドS(G3)で鮮やかな差し切りを決め、重賞初制覇。ハーツクライ産駒らしい晩成型ステイヤー(5歳)で、昨春から(3・1・3・0)の好成績を挙げている。本格派した今なら、実績馬が相手でも楽しみの方が大きい。

△抑えはジャガーメイル。△穴はサトノシュレン。


たまちゃんの今週のワンポイントアドバイス

長距離得意、デスペラード

今週から6週連続の春G1シリーズが始まる。第1弾は3200Mの長距離でスタミナを競う伝統の天皇賞(春)。過去10年のデータでレース傾向を探ってみたい。

連対馬は7-8、10-4、13-14、1-2、2-11、3-2、12-4、2-4、7-3、14-3番人気の組み合わせで決まった。1〜3番人気は1、4、3連対と精彩を欠き、中でも1番人気は06年のディープインパクトの1勝のみの大不振。代わりに2けた人気馬6頭を含む9頭の伏兵馬が連対している。

馬連配当は
3けた…………1回
2000円台…2回
6000円台…1回
万馬券…………6回

上位人気馬の不調が響き、10回中で6回も万馬券が飛び出す大荒れとなっている。

連対馬の前走をクラス別に分けると、重賞組18頭とオープン特別組2頭。重賞組が好成績を残している。

路線別は日経賞(2500M)組と大阪杯(2000M)組が6連対で並び、次いで阪神大賞典(3000M)組4連対、大阪ーハンブルクC(2500M)組2連対と続いている。

東西対決は関東馬40頭と関西馬130頭で争い5対15。連対率はそれぞれ13%、12%。連対数で関西馬が大きくリードしているが、率で関東馬が逆転している。なお、外国馬はオーストラリアとフランスからそれぞれ1頭ずつが参戦して、7、9着。いずれも着外に敗れているが、当レースが国際競走となってまだ8年と日が浅く、来日した馬も2頭だけ。このデータだけで外国馬を軽視するのは危険か。

年齢別は4〜8歳上馬が8、6、4、2、0連対。連対率はそれぞれ15、14、12、9、0%。連対数、率で4歳馬が他世代を一歩リードしている。


◎……1番人気はここまで(1・0・2・7)の成績。昨年も断然人気のオルフェーヴルが11着に敗れた。今年1番人気が予想されるゴールドシップもデータからの信頼度は乏しく、本命にはデスペラードを抜てきする。1年7カ月ぶりの芝のレースとなった昨秋11月の八坂Sを快勝。上がり32秒8という究極の決め手を発揮し、続く3000M超の長距離で3、1、2着。中でも、前走の阪神大賞典はゴールドシップに2馬身及ばなかったものの、レース最速の末脚で2着を確保した。スタミナ戦は得意で、京都の外回りの舞台も望むところだ。

○……ゴールドシップは昨年皐月賞、菊花賞とクラシックを制し、暮れのグランプリを制覇して最優秀3歳牡馬に選出された。今年も始動戦となった阪神大賞典を持ち前のロングスパートで快勝。4個目のG1奪取に王手をかけている。

▲……2頭をまとめて負かすとすれば外国産馬のレッドカドーか。昨秋初来日のジャパンCで8着。ゴール前100Mで外から寄られる不利がなければ上位進出が可能だった。暮れに香港ヴァーズを勝ち、ドバイワールドCで2着。目下の勢いから大駆けがあっても驚けない。

△1……フェノーメノは今年初戦の日経賞を制して、順調な滑り出しを見せた。ゴールドシップと同期の4歳馬で、ダービーではハナ差の2着と敗れながら、ゴールドには0秒2差先着している。父も同じステイゴールド。その後の実績では一歩譲るが、まだ勝負付けは済んでいない。

△2……トーセンラーは前走の京都記念を快勝。3歳のきさらぎ賞以来2年ぶりの勝利で、復活を果たした。その後はここ1本に目標を絞って調整。重賞2勝を含む全3勝を挙げている京都で、さらなる高みを目指す。

△3……カポーティスターは3走前の日経新春杯で52キロの軽ハンデを生かし、重賞初制覇。続く京都記念は6着と敗れたが、前走の日経賞では正攻法の競馬でフェノーメノの2着に健闘した。今年になって充実ぶりが一段と目立ち、4歳という若さも魅力だ。

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 トーセンラー    
1 2 サトノシュレン      
2 3 デスペラード      
2 4 ジャガーメイル    
3 5 マイネルキッツ        
3 6 フェノーメノ
4 7 アドマイヤラクティ      
4 8 ゴールドシップ
5 9 ユニバーサルバンク        
5 10 メイショウカンパク        
6 11 トウカイトリック        
6 12 フォゲッタブル        
7 13 レッドカドー      
7 14 コパノジングー        
7 15 カポーティスター    
8 16 トウカイパラダイス        
8 17 レッドデイヴィス      
8 18 ムスカテール      

買い目

大多8=6 8=7 8-2 8-4 6=7
綾恵8=6 8=18 8-15 8-17 6=18
山田8=4 8=1 8=6 4=1 4=6 1=6
たま3=8 3=13 3=1 3=6 3=15
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。