2013年3月24日(日)

11R

2013年3月24日(日) | 2回中京6日 | 15:40発走

第43回高松宮記念(GI)

芝・左 1200m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系4歳以上 | オープン (国際)(指定) 定量 | 本賞金:9500、3800、2400、1400、950万円 |

予想

◎本命はロードカナロア。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・1.06.7

昨年のスプリンターズS(G1)勝ち馬。年末の香港スプリント(国際G1)を日本馬として初めて制覇し、名実ともに世界最強スプリンターの座に輝いた。始動戦の阪急杯(G3)は斤量58キロ、久々の1400Mを問題にせず完勝。斤量減に加えて(8・2・1・0)の1200Mに戻る今回は、人気でも逆らえないだろう。

○対抗はサンカルロ。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・1.07.0

当レースを3戦して4、2、2着。昨年は勝ち馬カレンチャンにクビ差まで迫り、ロードカナロアには先着した。前々走の阪神C(G2)で連覇を達成し、前走の阪急杯(G3)では余裕残しながらも0秒2差4着。中京の長い直線で前が崩れるようなら、一気の差し切りがあっても驚けない。

▲単穴はドリームバレンチノ。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・1.06.9

昨年のスプリンターズS(G1)でロードカナロア、カレンチャンに続く3着に好走。始動戦のシルクロードS(G3)では実力馬ダッシャーゴーゴーとの追い比べを制し、2つ目の重賞タイトルを手に入れた。ここは上積みの見込める叩き2戦目。本命馬は強力だが、相手からは外せない。

△抑えはダッシャーゴーゴー。△穴はサクラゴスペル。


たまちゃんの今週のワンポイントアドバイス

直線一気、ドリームバレンチノ

春のG1シリーズがスタート。第1弾は芝1200Mで行われる春のスプリント王決定戦。昨年から使用している新コースは以前より直線が約100M長くなり、さらに急坂が設置された。平たん・小回りの旧コースと傾向が異なることも考えられるが、ここでは過去10年のデータで傾向を見てみたい。

連対馬は3-2、2-1、4-6、4-2、1-13、4-5、3-1、1-6、3-4、2-3番人気の組み合わせで決まった(一昨年は阪神)。上位1〜4番人気から各4頭ずつが連対し、残る4頭が5、6、13番人気の1、2、1連対。上位4番人気以内が連対馬の8割を占めている。

馬連配当は
3けた…………2回
1000円台…1回
2000円台…3回
3000円台…1回
4000円台…1回
6000円台…1回
万馬券…………1回

07年は13番人気が2着に食い込んで4万250円と荒れたが、9回は7000円未満で収まっている。ただ、過去8回の3連単配当は4万7120円、3万6620円、54万6450円、3万8840円、19万1140円、2万3750円、12万9290円、5930円。昨年こそ5000円台の決着ながら、10万円超の万馬券が3回も飛び出している。

連対馬の前走を距離別に分類すると、1200M10頭、1400M7頭、1600M2頭、1800M1頭。短距離の1200〜1400Mからの臨戦馬が好成績を挙げている。

ステップ(成績)別は、阪急杯組が12連対(9、2、1、4、1、3、3、5、2、7、1、3着)でトップ。しかも目下10年連続で連対中と他路線を圧倒している。2番手はオーシャンS組で3連対(1、2、4着)。目下3年連続で勝ち馬を輩出している。

年齢別は4〜8歳以上馬が2、11、5、1、1連対。連対率はそれぞれ5、24、11、4、5%。連対数、率で5歳馬が他世代をリードしている。


◎……本命にはドリームバレンチノを推す。昨年夏の函館スプリントSでロードカナロアを破って初重賞制覇。4カ月ぶりの前走・シルクロードSはハナ差の勝利だったが、直線で前が開かず追えたのは最後の1ハロンだけ。今回は叩き2戦目で、この舞台も脚質にぴったり。ビックタイトル奪取のチャンスだ。

○……ツルマルレオンは前走のオーシャンSで0秒3差の3着。前2頭は捕らえ切れなかったが、4コーナー15番手から追い込み、レース最速の上がり34秒3で迫った。4カ月ぶりを叩いて2戦目。人気はないが決め手はG1級。あっといわせるシーンがあっても驚けない。

▲……ロードカナロアは史上初スプリントG1レース3勝の偉業を目指す。昨秋はスプリンターズSに続き、日本馬として初めて香港スプリントを制覇。さらに前哨戦の阪急杯を58キロを背負って快勝した。向かうところ敵なしの勢いだが、海外遠征、休養明けの連勝で目に見えない疲れが出てもおかしくない。強さを重々承知の上で、今回は3番手評価とした。

△1……サンカルロは2走前の阪神Cを圧勝。前走の阪急杯は4着と敗れたが、2カ月ぶりと10キロ増の馬体の影響でラスト伸び切れなかったようだ。今回はひと叩きされた効果で体も絞れているはず。ベストは1400Mだろうが、決め手は互角。

△2……ダッシャーゴーゴーは前走のオーシャンSで半馬身差の2着。直線入り口で前が開くとじわじわ脚を伸ばしたが、勝ち切るまでには至らなかった。それでも馬体重6キロ減と絞れて次走につながる走りをアピール。詰めの甘さはあるが、父サクラバクシンオー譲りのスピードは侮れない。

△3……昨秋は2けた着順続きでリズムに乗れなかったマジンプロスパーだが、前走の阪急杯でロードカナロアと0秒1差の2着。ここに来てようやく好調時のデキに戻ってきたようだ。昨年この舞台でCBC賞をレコード勝ちしたスピード馬。復調すればここでも十分勝ち負けに持ち込める。

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 アドマイヤセプター        
1 2 ミキノバンジョー        
2 3 エピセアローム      
2 4 スギノエンデバー        
3 5 シルクフォーチュン        
3 6 モンストール        
4 7 ツルマルレオン      
4 8 マジンプロスパー    
5 9 サンカルロ
5 10 フィフスペトル        
6 11 ロードカナロア
6 12 ドリームバレンチノ
7 13 ハクサンムーン        
7 14 メモリアルイヤー        
8 15 サクラゴスペル    
8 16 アイラブリリ        
8 17 ダッシャーゴーゴー    

買い目

大多11=9 11=12 11-15 11-17 9=12
綾恵11=12 11=9 11-3 11-8 12=9
山田11=15 11=12 11=9 15=12 15=9 12=9
たま12=7 12=11 12=8 12=9 12=17
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。