IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2013年12月22日(日)

10R

2013年12月22日(日) | 5回中山8日 | 15:25発走

第58回有馬記念(GI)

芝・右 2500m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(指定) 定量 | 本賞金:20000、8000、5000、3000、2000万円 | レコードが出たレース

予想

◎本命はオルフェーヴル。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・2.36.0

三冠達成など数々のドラマを生んだ日本競馬界の総大将。前走の凱旋門賞(国際G1)はトレヴに完敗の形だったが、2年連続の2着は十分に評価できる実績だろう。気性面の課題も克服したことで、今や競争馬として完成の域。この中間はジャパンCを使わず、余裕のある調整過程を歩んできた。改めて最強を証明し、ラストランを飾る公算大。

○対抗はゴールドシップ。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・2.31.9

昨年の当レース覇者。今年の宝塚記念(G1)では女傑ジェンティルドンナらを一蹴し、秋・春のグランプリ連覇を達成した。15着に敗れた前走・ジャパンC(G1)は負けすぎの感もあるが、不得手な瞬発力勝負で展開が向かなかったことも確か。得意の急坂コースに替わって持久力勝負の展開となれば、大幅な巻き返しがあっていい。

▲単穴はウインバリアシオン。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:重・2.38.0

屈腱炎明けの前走・金鯱賞(G2)で3着を確保。重賞タイトルは一昨年の青葉賞(G2)のみだが、同年の日本ダービー(G1)と菊花賞(G1)でオルフェーヴルの2着に好走しており、能力は相当に高い。久々で太め残りだった馬体が絞れてくるようなら、上位争いに浮上する。

△抑えはアドマイヤラクティ。△穴はトーセンジョーダン。


今週のワンポイントアドバイス

決め手G1級、アドマイヤラクティ

ダービー馬キズナ(3歳)が回避し、直前にエイシンフラッシュ(6歳)が出走を取りやめたのは残念だが、ファン投票第1位のオルフェーヴル(5歳)、同3位のゴールドシップ(4歳)など16頭が参戦。2013年を締めくくるにふさわしい強豪が顔をそろえた。

過去10年のデータからレース傾向を見てみたい。

連対馬は1-4、1-3、4-1、1-6、9-5、1-14、2-1、2-1、1-7、1-10番人気の組み合わせで決まった。1番人気は9連対(6勝2着3回)と抜群の成績を残しているが、2、3番人気は2、1連対と不振。代わりに、6番人気以下からは2けた人気馬2頭を含む5頭の伏兵馬が連対している。

馬連配当は
3 け た……3回
1000円台…3回
3000円台…2回
万 馬 券……2回

上位1〜3番人気が総崩れとなった07年に2万2190円と荒れ、14番人気が連に絡んだ08年にも2万9490円の万馬券が飛び出している。

連対馬20頭のクラス別はG1組19頭、G2組1頭。また、3着を見てみても、トゥザグローリー(10年)を除く9頭はG1だった。G2戦以下から出走した馬は苦戦している。

路線別(成績)はジャパンC組が8連対(3、1、2、1、12、3、2、8着)でトップ。菊花賞組が4連対(2、1、1、1着)、3連対(15、2、6着)の天皇賞(秋)組の順となっている。

東西対決は関東馬が38頭出走して3連対(連対率8%)。関西馬は102頭で17連対(同17%)。関西馬が強い。

年齢別は3〜7歳上馬が7、9、2、0、2連対。連対率は18、28、6、0、11%。4歳馬に次いで3歳馬が活躍しているが、今年3歳のクラシック馬が1頭も出走しない。08年が同様のケースだったが、この年は4、7、7歳馬の順でゴール。3連単は98万5580円の波乱となった。


◎……前走のジャパンCでアドマイヤラクティは4着。最初のコーナーで前が狭くなりポジションを下げ、直線でも追い出しが遅れながら、ジェンティルドンナとはわずか0秒1差だった。今回はウィリアムズ騎手も2度目。実績では一歩譲るが、G1を奪取してもいい能力を秘めている。

○……オルフェーヴルは欧州最高峰の舞台で2年連続で2着。能力は抜けている。ただ今年は日本でレースをしたのは1回だけで、その大阪杯は2着ショウナンマイティと半馬身差の接戦だった。今回は海外遠征帰り、当時より状態がアップしているとは思えず2番手評価とした。

▲……前走の金鯱賞をカレンミロティックはタイレコードで快勝。2番手追走から直線で前を楽々と捕らえて、後続の追撃を2馬身半完封した。先行脚質で内枠希望に2枠3番。G2勝ちの勢いに乗って連勝を狙う。

△1……ゴールドシップは前走のジャパンCで“らしさ が見られず15着。過去14戦で一度も掲示板を外したことのなかったG1・4勝馬が、まさかの2けた敗退となった。ここ1カ月でガラリ一変は疑問でも、中山コースは2戦2勝。ノーマークにはできない。

△2……前走のジャパンCでトーセンジョーダンはハナ+クビ差の3着惜敗。7歳馬でも全く衰えは見られず、2番手で流れに乗りG1馬の復活をアピールした。中山の芝も重賞勝ちを含む3勝と得意。鞍上がゴールドシップからスイッチした内田博騎手なのも怖い。

△3……昨年のルルーシュは8着。アルゼンチン共和国杯を制して臨んだものの、掲示馬を確保できなかった。今年はトップハンデ57.5キロでアルゼンチン共和国杯は3着と敗れたが、G1レースを2度経験。1着は無理でも2、3着争いならば差はない。

Yahoo! toto

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 ダノンバラード      
1 2 ヴェルデグリーン        
2 3 カレンミロティック      
2 4 ウインバリアシオン      
3 5 デスペラード      
3 6 オルフェーヴル
4 7 タマモベストプレイ        
4 8 ラブリーデイ        
5 9 ルルーシュ      
5 10 アドマイヤラクティ  
6 11 ラブイズブーシェ        
6 12 テイエムイナズマ        
7 13 トゥザグローリー      
7 14 ゴールドシップ
8 15 ナカヤマナイト      
8 16 トーセンジョーダン    

買い目

大多6=14 6=4 6-10 6-16 14=4
綾恵6=10 6=13 6-5 6-14 10=13
山田14=6 14=15 14=1 6=15 6=1 15=1
たま10=6 10=3 10=9 10=14 10=16
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。