2013年12月15日(日)

11R

2013年12月15日(日) | 5回中山6日 | 15:25発走

第65回朝日杯フューチュリティステークス(GI)

芝・右・外 1600m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系2歳 | オープン (国際) 牡・牝 (指定) 馬齢 | 本賞金:7000、2800、1800、1100、700万円 | レコードが出たレース

予想

◎本命はアトム。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・1.33.2

デビュー戦ではラスト2ハロン10.9-11.3の上がり勝負を鮮やかに差し切り、非凡な瞬発力を披露。続くデイリー杯2歳S(G2)はクビ差2着に惜敗したが、初戦とは対照的なハイペースのレコード決着にもいきなり対応してみせた。追い切りではオープンの古馬に先着するなど、休養明けでも仕上がりは良好。2歳王座獲得に向けて視界良好だ。

○対抗はプレイアンドリアル。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・1.39.3

地方競馬所属の素質馬。中央初参戦の前走・東京スポーツ杯2歳S(G3)では、好位からの正攻法でレコード決着の2着を確保した。前走後は北海道から川崎に転厩し、調整の過程も順調。地方馬として史上初、中央芝G1制覇も視野に入る。

▲単穴はベルカント。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:(初距離)

出走メンバー中、唯一の重賞勝ち馬。マイルは初距離だが、逃げ切った前走・ファンタジーS(G3)は終いまでしっかりと伸びており、1ハロンの延長なら対応できそうだ。この中間の調教でも好時計を連発しており、デキは絶好。展開次第でチャンスがある。

△抑えはアジアエクスプレス。△穴はウインフルブルーム。


たまちゃんの今週のワンポイントアドバイス

地方馬初の芝G1達成、プレイアンドリアル

来年からは舞台を阪神に移すことが決まっており、中山では最後の開催となる。

今年の2歳チャンピオン決定戦は、牝馬、ダート無敗馬、さらに地方馬も参戦する近年にない大混戦となった。過去10年のデータでレース傾向を探ってみた。

連対馬は4-1、2-3、2-5、2-7、3-10、2-5、1-2、5-4、1-4、1-7番人気で決着した。上位1〜3番人気の4、5、2連対はほめられた成績とはいえないが、伏兵馬の台頭も7番人気と10番人気のそれぞれ2、1連対。基本的には人気馬絡みで決着する傾向を見せている。

馬連配当は
3 け た……2回
1000円台…4回
2000円台…1回
3000円台…1回
4000円台…1回
8000円台…1回

万馬券で決着したことはなく、07年に3、10番人気で決まった8290円が最高配当となっている。しかし、3連単配当は8700円、1万1090円、1万8250円、13万9620円、1万7230円、6720円、6万7910円、3万630円、5万4880円。4けた配当で平穏に収まったことも2度あったが、7回は万馬券で決着。穴党には3連単狙いをお勧めしたい。

連対馬の前走成績は1〜3着馬の12、3、2連対と、4、5、9着馬の1、1、1連対。連対馬20頭中17頭は3着以内に好走していた。

ステップ(着順)は京王杯2歳S組が7連対でトップ。次いで、東京スポーツ杯2歳S組6連対、デイリー杯2歳S組2連対の順。

キャリアは1〜7戦馬が0、4、6、6、3、1、0連対。連対率は0、21、12、15、12、11、0%。キャリア1戦馬や7戦以上馬は苦戦している。

中山の芝1600Mは1コーナーに設けられたポケットから発走するコースで、一般に外枠は不利とされている。そこで内枠と外枠に分けて連対頭数(06年は15頭立て)を調べてみると、1〜4番枠は2、5、3、3連対(7勝、2着6回)。5〜8番枠が1、4、1、1連対(3勝、2着4回)。内枠の13連対に対して、外枠は7連対。データも外枠不利をはっきりと証明している。

所属別は関東馬が61頭出走して9連対(連対率15%)、関西馬は95頭で11連対(同12%)。連対数で関西馬、率で関東馬が優勢となっている。なお、1頭出走した地方馬は14着だった。


◎……前走の東京スポーツ杯2歳Sでプレイアンドリアルは終始積極的なレース運びで2着。内から伸びたイスラボニータに交わされたものの、ゴール前では差し返そうとする勝負根性を見せた。東京から先行力を生かせる中山に替わり、中央2戦目の慣れも見込める。地方馬初のJRA芝G1奪取のチャンスだ。

○……アジアエクスプレスはダートの新馬で2着を5馬身ちぎり、続く500万下でも7馬身差。底知れぬ強さを感じさせる素材だ。初の芝レースで、重賞初挑戦がG1と条件は厳しいが、2戦はいずれも大楽勝だった。ポテンシャルの高さは大きな魅力。人気の上昇しない今回が絶好の狙い目になる。

▲……ベルカントは牝馬ながらも唯一の重賞ウイナー。デビュー戦で2着以下を5馬身突き放し、前走でファンタジーSを制覇した。2戦目の小倉2歳Sでホウライアキコに敗れたが、3戦2勝と底を見せていない。牝馬の関西からの遠征は異例だが、裏を返せば勝算ありということ。絶好の1番枠からの逃げ切りも十分にある。

△1……ディープインパクト産駒のアトムは、レコード決着のデイリー杯2歳Sで2着。中団待機からメンバー最速の上がりで追い上げたもののクビ差届かなかった。1勝馬でも2度経験しているマイル戦なら互角に戦える。

△2……ウインフルブルームは3戦2勝。デビュー戦で2着に3馬身半差、マイル戦の前走・千両賞で3馬身差をつけて圧勝した。先行力があり、好センスの競馬で追ってからの末脚も確か。阪神外回り→中山に替わればさらにスピードを生かせる。

△3……芝の1600戦をショウナンワダチは2戦2勝。デビュー戦、前走ともスローペースの流れを後方待機から直線豪快に差し切った。東京から中山に舞台が替わるが、反応のよさや抜け出す瞬間の速さは際立っている。混戦になれば一気に首位争いに浮上する。

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 ベルカント  
1 2 テイエムキュウコー        
2 3 アトム  
2 4 マイネルディアベル      
3 5 サトノロブロイ        
3 6 アジアエクスプレス    
4 7 エルカミーノレアル        
4 8 ニシノデンジャラス        
5 9 ツィンクルソード      
5 10 グリサージュ        
6 11 ショウナンアチーヴ      
6 12 アポロスターズ        
7 13 プレイアンドリアル
7 14 ウインフルブルーム
8 15 ハイアーレート        
8 16 ショウナンワダチ      

買い目

大多3=13 3=1 3-6 3-14 13=1
綾恵3=14 3=13 3-4 3-11 14=13
山田13=1 13=14 13=9 1=14 1=9 14=9
たま13=6 13=1 13=3 13=14 13=16
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。