2013年9月29日(日)

11R

2013年9月29日(日) | 4回中山9日 | 15:40発走

第47回スプリンターズステークス(GI)

芝・右・外 1200m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(指定) 定量 | 本賞金:9500、3800、2400、1400、950万円 | レコードが出たレース

予想

◎本命はロードカナロア。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・1.06.7

昨年は圧巻のレコード勝ち。今春には高松宮記念(G1)と安田記念(G1)を連勝。“2階級制覇 の偉業を達成した。このカテゴリーでは歴代最高クラスの実績を誇り、すでに名馬の領域に達している。前走・セントウル(G2)はハクサンムーンに逃げ切りを許したが、休み明けの上に、斤量58キロを背負っていたことを考えれば上々の滑り出し。昨年と同じローテーションで、この中間の調整は順調そのもの。格の違いを見せつけ、連覇を果たす公算大だ。

○対抗はハクサンムーン。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・1.07.4

前走・セントウルSはロードカナロアを破る大金星。斤量差や順調に使われているアドバンテージがあったとはいえ、前々走・アイビスサマーダッシュ(G3)に続く重賞連覇で、目下絶好調。生粋の逃げ馬がスピードにさらに磨きをかけ、本格化の気配。サマースプリントタイトルを獲得した前走がピークのデキだった可能性もあるが、この勢いは無視できない。

▲単穴はグランプリボス。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:(初距離)

マイルG1レース2勝の実績馬。前走・安田記念(G1)10着は、道中で終始掛ってしまい、能力を全く発揮できなかったもの。1200Mは初めてながら、逆に、この距離なら折り合いの心配は無用だ。父は93、94年に連覇したサクラバクシンオー。距離短縮による一変を警戒したい。

△抑えはドリームバレンチノ。△穴はマジンプロスパー。


たまちゃんの今週のワンポイントアドバイス

中山で大駆け、サクラゴスペル

秋のG1シリーズが開幕。第1弾はフルゲート16頭で争われる電撃の6ハロン戦。過去10年のデータでレース傾向を探ってみたい。

連対馬は5-1、5-2、1-2、1-10、3-1、1-2、6-2、10-3、3-9、2-1番人気の組み合わせで決着した。上位1〜3番人気は6、5、3連対と期待に応える内容。連から消えたことはなく、連対馬の7割を占めている。

馬連配当は
3けた…………4回
1000円台…1回
2000円台…2回
5000円台…1回
9000円台…1回
万馬券…………1回

一昨年に1万3030円の万馬券が飛び出し、06、10年も5920円、9900円と好配当に。ただ、10回中7回は3000円未満で収まっている。

3着には8、3、16、5、6、8、7、7、9番人気が入線し、3連単配当は10万9810円、3320円、263万7570円、1万5960円、5530円、6万6890円、35万8410円、21万2610円、1万7540円。こちらは10万超の万馬券と4けた配当が入り乱れ、荒れるか堅いかの見極めが肝心となっている。

路線別(着順)は8連対のセントウルS組(3、2、2、7、1、14、2、4着)がトップ。次いで4連対のキーンランドC組(3、1、1、3着)、2連対で高松宮記念組(2、1着)と北九州記念組(6、1着)が続いている。

年齢別は3〜7歳以上が1、5、8、3、3連対。連対率は8、21、16、8、9%。5歳馬は最多の8連対をマークしているが、1勝、2着7回と勝ち切れないウイークポイントを抱えている。5連対の4歳馬は連対率21%。他世代を抑えて堂々1位となっている。

性別は牡・セン馬117頭と牝馬41頭で争い、連対数は14対6。連対率は12%、15%。牡馬は連対数で牝馬をリードしているが、率では牝馬が優勢となっている。

また、06年に始まった「サマースプリントシリーズ」のチャンピオンが7頭出走して、8、2、7、3、5、3、8着。その時の各馬は2、1、5、8、2、7、4番人気。優勝馬はまだ出ていないが、馬券対象の3着までに3頭が入線している。

連対馬の脚質は、逃げ馬が5勝、2着1回、先行馬は1勝、2着4回。差し馬は3勝、2着3回で、追い込み馬が1勝、2着2回。前で立ち回れる有利さか、逃げ馬が勝率、連対率でトップとなっている。


◎……10、11年と3連単は35万、21万馬券の大荒れ。今年も荒れると見て、本命にサクラゴスペルを推す。昨年11月から短距離で3連勝した快速馬で、続く高松宮記念ではロードカナロアの4着と敗れたが、着差は0秒3差。G1でも通用することを証明した。中山の1200Mは重賞勝ちを含め2戦2勝。プレッシャーのかからない一戦で、能力を出し切れば大駆けが期待できる。

○……相手はロードカナロア。秋始動の前走・セントウルSは1.4倍の圧倒的な1番人気に支持されながら2着に敗れ、連勝が5でストップした。安田記念以来3カ月ぶり、勝ったハクサンムーンより2キロ重い58キロ、開幕週で前の止まらない高速馬場も響いた。1度叩いた上積みなど、あらゆる面で条件が好転するだけに、5個目のG1奪取も十分ある。

▲……徹底逃げを宣言しているフォーエバーマークを単穴に指名する。同型ハクサンムーンの出方は気になるが、2番枠からスタートを決めればハナを奪えるはず。開催最終週で時計のかかる馬場も有利で、粘り込みを図る。

△1……グランプリボスは朝日杯FSとNHKマイルCを勝ち、安田記念とマイルCSでともにクビ差の2着。ロードカナロアに次ぐ実績馬だが、距離はいずれも1600M戦ばかり。1200M戦は初めてで手を出しにくいが、掛かる心配のない短距離で一変があっても驚けない。

△2……昨年このレース3着馬で、春の高松宮記念では2着に好走したドリームバレンチノ。いずれも勝ち馬に0秒2差まで迫った。1200Mは全9勝中7勝を挙げているベストの距離。立ち回りひとつで上位争いに食い込める。

△3……ハクサンムーンはマイペースで逃げた前哨戦のセントウルSでロードカナロアの追撃を封じた。サマースプリントシリーズに優勝した快速馬だが、今回はフォーエバーマークの2番手からの競馬となりそう。ハナに立てずに持ち味を出せないケースもあり、抑えの評価に留めた。

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 グランプリボス  
1 2 フォーエバーマーク      
2 3 アドマイヤセプター        
2 4 サンカルロ      
3 5 マヤノリュウジン        
3 6 ドリームバレンチノ  
4 7 ハクサンムーン    
4 8 パドトロワ      
5 9 サドンストーム        
5 10 ロードカナロア
6 11 スギノエンデバー        
6 12 アウトクラトール        
7 13 サクラゴスペル    
7 14 マイネルエテルネル      
8 15 マジンプロスパー    
8 16 シルクフォーチュン        

買い目

大多10=7 10=1 10-6 10-15 7=1
綾恵10=6 10=15 10-8 10-14 6=15
山田10=1 10=13 10=4 1=13 1=4 13=4
たま13=10 13=2 13=1 13=6 13=7
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。