2013年11月3日(日)

11R

2013年11月3日(日) | 5回東京2日 | 15:35発走

第51回アルゼンチン共和国杯(GII)

芝・左 2500m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(特指) ハンデ | 本賞金:5500、2200、1400、830、550万円 |

予想

◎本命はメイショウナルト。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:(初距離)

格上挑戦の小倉記念(G3)をレコードタイムで快勝。前走のオールカマー(G2)でもキッチリと脚を伸ばし、クビ差2着を確保した。今春の去勢明け2戦目から5戦連続で連対しており、今がまさに充実一途。初コース・初距離への対応がどうかだが、引き続き期待は大きい。

○対抗はルルーシュ。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・2.29.8

昨年の当レース勝ち馬。前々走の目黒記念(G2)でも2着するなど、東京コースで(4・2・0・0)と相性の良さを見せている。久々の前走・札幌記念(G2)は15着に大敗したが、極端な馬場状態だったため度外視。この条件なら大幅な巻き返しがあっていいだろう。

▲単穴はムスカテール。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・2.29.6

こちらは昨年の当レース2着馬。前々走の目黒記念(G2)をレコードタイムで快勝し、初の重賞タイトルを手に入れた。2500MはG2を3戦して(1・1・1・0)の得意距離。前走のオールカマー(G2)は久々の影響か9着に敗れたが、叩き2戦目で改めて注目したい。

△抑えはアドマイヤラクティ。△穴はアスカクリチャン。


たまちゃんの今週のワンポイントアドバイス

叩き2戦目、ムスカテール

過去10年、連対馬は7-1、2-8、3-14、1-2、2-10、3-2、11-4、1-2、3-1、2-3番人気の組み合わせで決まった。優勝馬の8頭は上位3番人気以内で、2着馬も6頭を占めている。

馬連配当は
3 け た……2回
1000円台…3回
3000円台…1回
4000円台…1回
6000円台…1回
万 馬 券……2回

ここ3年は上位人気馬同士のワンツーで、2000円未満の堅い配当となっている。しかし、14、11番人気が連対した05、09年に1万1220円、1万3520円の万馬券が出る波乱となった。

クラス別は重賞組11頭、オープン特別2頭、準オープン組5頭、1000万下組2頭。オープンから13頭が連対しているが、準オープン以下からも7頭が連に絡んでいる。なお、準オープン組は1着(3頭)と2着(2頭)、1000万下組の2頭は1着からの臨戦だった。

ステップは京都大賞典組が7連対と好相性を見せて、オクトーバーS組3連対、2連対でオールカマー組の順。ちなみに、最多連対の京都大賞典組は7、3、5、4、3、6、3着からの参戦。大敗した馬の巻き返しは見られない。

年齢別は3〜7歳以上馬が10、39、41、39、34頭出走して、2、9、5、4、0連対。連対率はそれぞれ20、23、12、10、0%。4歳馬が他世代を抑えてトップとなっている。

トップハンデ馬は7、4、5、2、14、(3、9)、(1、4、9)、(1、8)、2、4着。昨年、ハンデ頭が4着と敗れたが、その前3年は連続連対を果たしている。

関東馬VS関西馬は84頭と78頭で争い、5対14。連対率は6、18%。関西馬が連対数、率で関東馬を圧倒している。


◎……2走前の目黒記念をムスカテールはレコード勝ち。中団の後方で脚をためて、直線、鮮やかに差し切った。休み明けのオールカマーは勝負どころでモタついたが、もともとが叩き良化型。左回りに替わるのもプラス。昨年2着の鬱憤を晴らすチャンスだ。

○……相手は昨年の覇者ルルーシュ。不良馬場に脚を取られた前走の札幌記念は参考外。東京は2走前の目黒記念2着を含めて、(4・2・0・0)の成績を残している。57.5キロのトップハンデも気にならない馬格。ベストの舞台で連覇を目指す。

▲……単穴にコスモロビンを指名する。2走前の目黒記念で0秒5差の6着と敗れたが、直線、行くところ行くところで前が壁になり、完全に脚を余していた。前走7着は道悪がすべて。スムーズな競馬ができれば、ヒケをとらないスタミナを秘めている。

△1……メイショウナルトは5月の京都から1、1、2、1、2着。去勢の効果で馬が一変した。今回は相手が強化して、東京の長い直線も初経験。厳しいハードルが構えているが、5連対中の勢いは軽視できない。

△2……アドマイヤラクティは春にダイヤモンドSを勝ち、続くG1初挑戦の天皇賞(春)で4着に善戦した。目黒記念では崩れたが、一息入れた前走の京都大賞典で4着と本来の走りを取り戻した。トップハンデは見込まれたが、一度叩かれた上積みは大きい。

△3……4カ月半ぶりの前走・オクトーバーSをホッコーブレーヴは快勝。スローペースの後方で脚をためて、直線、レース最速の上がり33秒9の末脚で一気に追い込んできた。準オープン勝ちの身だが、54キロの軽量は魅力。大駆けがあっても驚けない。

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 コスモラピュタ        
1 2 トウカイトリック        
2 3 ルルーシュ
2 4 ニューダイナスティ      
3 5 サイモントルナーレ        
3 6 イケドラゴン        
4 7 メイショウナルト
4 8 ムスカテール
5 9 セイカプレスト        
5 10 モズ        
6 11 デスペラード        
6 12 アスカクリチャン      
7 13 コスモロビン      
7 14 シゲルササグリ        
7 15 エックスマーク        
8 16 アドマイヤラクティ
8 17 マイネルマーク        
8 18 ホッコーブレーヴ      

買い目

大多7=3 7=8 7-12 7-16 3=8
綾恵3=8 3=4 3-7 3-16 8=4
山田8=7 8=16 8=3 7=16 7=3 16=3
たま8=3 8=13 8=7 8=16 8=18
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。