sportsnavi

2013年6月2日(日)

11R

2013年6月2日(日) | 3回東京2日 | 15:40発走

第63回安田記念(GI)

芝・左 1600m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(指定) 定量 | 本賞金:10000、4000、2500、1500、1000万円 | レコードが出たレース

予想

◎本命はグランプリボス。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・1.31.3

前走のマイラーズC(G2)を制して重賞5勝目。暮れの香港遠征こそ結果ひと息だったが、改めて現役トップクラスのマイラーであることを証明した。500キロを超える大型馬で、叩き2戦目の上積みは大きいはず。強力な別路線組の参戦もあって楽ではないものの、キッチリと結果を出して昨年クビ差2着の雪辱を果たしたい。

○対抗はショウナンマイティ。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:(初距離)

前走の大阪杯(G2)で2着を確保。上がり最速32秒9の末脚を繰り出し、オルフェーヴルの半馬身差まで追い込んできた。古馬になってからは重賞で(1・3・2・0)と安定感抜群。折り合いの難しいタイプだけに、2ハロンの距離短縮がプラスになる可能性もあるだろう。直線の長い東京コースなら、終いは確実に伸びてくる。

▲単穴はロードカナロア。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・1.35.1

昨年のスプリンターズS(G1)Vから4連勝。日本馬として初めて香港スプリント(G1)を制し、前走の高松宮記念(G1)でもレコード勝ちと勢いは増すばかり。今回はジュニアC(OP)以来の1600M。一線級のマイラー相手にどこまでやれるか、楽しみの大きな一戦となりそうだ。

△抑えはカレンブラックヒル。△穴はダイワマッジョーレ。


たまちゃんの今週のワンポイントアドバイス

スピード上位、ロードカナロア

過去10年、連対馬は4-6、6-4、7-10、3-10、2-3、2-5、1-2、8-6、9-5、2-13番人気の組み合わせで決まった。1〜3番人気は1、4、2連対と不調。上位人気はアテにならず、代わりに6番人気以下から2けた人気馬3頭を含む9頭が連に食い込んでいる。

馬連配当は
3けた…………1回
2000円台…1回
3000円台…2回
8000円台…1回
万馬券…………5回

09年は1、2番人気のワンツーで290円と堅く収まったが、残る9回は2000円以上。うち5回が万馬券決着となっている。

また、3連単配当は46万5840円、28万8270円、6万3140円、14万5690円、1万円、34万8740円、33万5600円、46万8600円。こちらも8回中6回で10万超の万馬券が飛び出す荒れ模様。波乱を視野に入れた馬券検討が必要となる。なお、3着には5、8、9、9、10、5、3、15番人気が入っている。

路線別は京王杯スプリングC組が5連対でトップ。2連対でマイラーズC組、ヴィクトリアマイル組、大阪杯組、チャンピオンズマイル・香港組などが続いている。

年齢別は3〜8歳以上馬が2、43、60、43、27、5頭出走して、1、5、4、6、4、0連対。連対率は50、12、7、14、15、0%。幅広い世代から連対馬が出ている。

性別は牡馬が157頭出走して17連対(連対率11%)、牝馬は23頭で3連対(同13%)。牝馬は連対数で牡馬に大きく水を開けられているが、率では一歩リードしている。

国別は日本馬156頭と外国馬24頭で争い、18対2。日本馬が優勢となっている。

また、東西対決に注目すると、関東馬が66頭で8連対、関西馬は90頭で10連対。連対率はそれぞれ12、11%。関西馬が連対数で優勢となっているが、率はほぼ互角となっている。


◎……ロードカナロアは香港スプリントを含め、G1で3勝の実力馬。短距離界では世界レベルの強さを誇っている。マイル戦は3歳のジュニアC(2着)以来2度目。距離が長いという見方もあるが、2走前の阪急杯を含め余裕の手応えで勝ち進んできた。スピードの違いは明らか。4つ目のタイトルをあっさりと勝ち取ると見た。

○……カレンブラックヒルは初ダートの2走前こそ15着と敗れたが、芝に戻った前走のマイラーズCで0秒1差の4着。2カ月ぶり、58キロの斤量で勝利こそならなかったが、本来の地力を見せた。東京は昨年NHKマイルCを制した舞台。巻き返しがあって当然だろう。

▲……ナカヤマナイトは前走の新潟大賞典で0秒8差の5着。勝ち馬に離されたが、直線でギアがトップに入った時に、他馬にぶつけられた不利が痛かった。マイルへの挑戦は鞍上が進言したとされ、この距離で新味を発揮する魅力十分。オールカマー圧勝の実績から道悪も歓迎だ。

△1……エーシントップは1番人気に推された前走のNHKマイルCで0秒4差の7着。スタートから折り合いを欠き、道中行きたがった分、直線で伸び切れなかった。3歳馬の54キロは古馬に比べて大きなアドバンテージ。道悪に不安がないのも買い材料になる。

△2……グランプリボスは前走のマイラーズCを4カ月半ぶりで快勝。休み明けは走らないというイメージを払拭し、外枠17番も克服して見せた。昨年、安田記念、マイルCSをともにクビ差の2着。いつG1を再奪取してもいい実力を備えている。

△3……ショウナンマイティは昨年春に大阪杯を勝ち、続く鳴尾記念で2着、宝塚記念が3着。中距離路線で好走してきて、前走の大阪杯でも半馬身差の2着だった。マイル戦は初めてとなるが、追走に戸惑わなければ勝ち負けに持ち込める。

Yahoo! toto

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 カレンブラックヒル    
1 2 ショウナンマイティ
2 3 サクラゴスペル        
2 4 ガルボ        
3 5 スマイルジャック        
3 6 グロリアスデイズ        
4 7 グランプリボス
4 8 マイネイサベル        
5 9 ナカヤマナイト      
5 10 ロードカナロア
6 11 ヘレンスピリット        
6 12 ダークシャドウ      
7 13 シルポート        
7 14 エーシントップ      
7 15 ヴィルシーナ        
8 16 ダノンシャーク        
8 17 ダイワマッジョーレ    
8 18 サダムパテック      

買い目

大多7=2 7=10 7-1 7-17 2=10
綾恵2=10 2=7 2-12 2-18 10=7
山田7=2 7=17 7=10 2=17 2=10 17=10
たま10=1 10=9 10=2 10=7 10=14
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです

スポーツナビ+ ブログ

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。