2013年5月26日(日)

10R

2013年5月26日(日) | 2回東京12日 | 15:40発走

第80回東京優駿(GI)

芝・左 2400m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳 | オープン (国際) 牡・牝 (指定) 定量 | 本賞金:20000、8000、5000、3000、2000万円 |

予想

◎本命はキズナ。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:(初距離)

毎日杯(G3)、京都新聞杯(G2)を圧倒的な人気に応えて連勝。いずれも楽な手応えで豪快に突き抜けた。取り分け毎日杯の勝ち時計が優秀。08年の同レース覇者ディープスカイ(NHKマイルC、ダービー変則2冠)と比較してもパフォーマンスは遜色ない。皐月賞組のエピファネイア、コディーノには過去に先着を許しているが、差はわずか。弥生賞(G2)5着では、直線でスムーズさを欠きながらも際どい勝負を演じており、決して力負けではない。父ディープインパクト(3冠)、姉ファレノプシス(2冠)、近親ナリタブライアン(3冠)というバリバリのクラシック血統。軌道に乗った今なら、ダービー馬となる資格十分だ。

○対抗はロゴタイプ。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:(初距離)

昨年暮れの朝日杯フューチュリティS(G1)以降、世代トップクラスを次々に打破。対戦した相手とはすでに勝負付けが済んだ感もある。特筆すべきは前走の皐月賞(G1)の内容。外からライバルたちを強引にねじ伏せ、レコードタイムで1冠目を獲得した。底力を問われるタフな持続力勝負になったときの強さは世代随一。反面、瞬発力タイプではないため、極限の上がり勝負になった場合の懸念はあるが、展開一つで2冠達成のシーンまで。

▲単穴はエピファネイア。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:(初距離)

母は日米オークスを制した名牝シーザリオ。デビューから3連勝でラジオNIKKEI杯(G3)を制し、血統に違わぬ資質を示した。その後は中山で2連敗を喫したが、それぞれ勝ち馬とはハナ、半馬身の僅差。名牝譲りの瞬発力は世代上位で、決め手が生きる府中でこそ真価を発揮するはず。今週、ソエにより調教メニューに変更があったものの、動きは相変わらず軽快で大きな影響はなさそう。課題の折り合い次第では、好勝負に持ち込めるはず。

△抑えはコディーノ。△穴はペプチドアマゾン。


たまちゃんの今週のワンポイントアドバイス

逆転Vで戴冠、コディーノ

「日本ダービー」は1932年に創設され、今年、区切りの80回目を迎える。正式には「東京優駿」と言う。日ごろ競馬に関係のない人たちもダービーだけは注目する競馬の祭典だ。2010年に生まれたサラブレッドは、持込馬、輸入された外国産馬を含み7197頭。その中から栄えあるダービー馬の栄冠を手中にするのはどの馬か。過去10年のレースから傾向を見てみたい。

連対馬は1-3、1-5、1-2、1-4、3-14、1-12、2-5、7-5、1-10、3-5番人気の組み合わせで決まった。1番人気は6連対で、2、3番人気が2、3連対。上位人気合わせて11連対では全幅の信頼は置けない。しかし、1〜3番人気が馬券対象からそろって消えたのは1回だけ。上位人気に人気薄が絡むという、典型的なヒモ荒れ傾向を見せている。

馬連配当は
3けた…………2回
1000円台…1回
2000円台…1回
3000円台…2回
5000円台…1回
万馬券…………3回

2けた人気が連に絡んだ07、08年と、上位人気が総崩れとなった10年に万馬券が出いる。

また、8回行われた3連単配当は4250円、1万2650円、215万5760円、20万1300円、20万1960円、15万2910円、10万300円、8万7380円。05年こそ4けた配当で平穏に収まったが、その後は215万馬券や10万超馬券が飛び出す難解なレースとなっている。ちなみに、3着には7、7、4、6、8、1、8、7番人気が入線している。

連対馬を路線別に見てみると、皐月賞組が10連対、青葉賞組4連対、NHKマイルC組3連対、京都新聞杯組2連対、桜花賞組1連対の順。G1からの臨戦馬が好成績を残している。

勝利数別は、1〜5勝以上馬が13、72、70、18、6頭出走して、0、2、11、4、3連対。連対率は0、3、16、22、50%。1勝馬の連対はなく、2勝馬も苦戦していたが、昨年ディープブリランテ(2勝馬)が優勝したことで傾向に変化が表れてもおかしくなさそうだ。

キャリアは3〜11戦以上馬が0、2、6、7、1、1、1、2、0連対。3戦以下の戦績馬は連に絡んだことはなく、11戦以上のキャリアで連対した馬も見られない。

関東馬は52頭が出走して4連対(連対率8%)、関西馬は126頭で16頭(同13%)。連対数、率で関西馬が関東馬を大きくリードしている。なお、北海道競馬から参戦したコスモバルク(04年)は8着だった。

枠番別成績を調べてみると、連対馬20頭は1〜4番枠の5、2、4、3連対と、5〜8番枠の1、3、1、1連対(07年は18番取消で17頭立て)。内枠VS外枠は、14(7勝2着7回)対6(3勝2着3回)。スタート地点から1コーナーまで約350Mあり、枠順の内外による有利不利はないように見えるが、内枠の1〜4番が、勝利数、連対数で外枠を圧倒している。


◎……コディーノは新馬→札幌2歳S→東京スポーツ杯2歳Sと無傷の3連勝。当時は世代ナンバーワンの力量馬と称された。ところが、朝日杯フューチュリティSで2着に敗れると、弥生賞3着、皐月賞3着と予想外の3連敗。勝ち切れずに足踏みを続けているが、着差はクビ、クビ+ハナ、0秒3差。前走の皐月賞は1コーナー手前でロゴタイプと接触し、直線でも前が壁になる不利があった。東京スポーツ杯2歳Sの末脚を見ると、左回りの方が切れることは明らか。距離延長に問題はなく、コース替わりも好材料。逆転Vで記念ダービーを勝ち取るチャンスと見た。

○……相手は絶好の3番枠を引き当てたアポロソニック。デビューから3戦がダートで、4戦目から芝に転戦。前走の青葉賞でアタマ差2着に逃げ粘って、ダービーへの出走権を獲得した。実績では見劣るが、楽々とハナを奪える組み合わせで、後続がけん制し合うようだとそのまま押し切るシーンも十分ある。

▲……キズナはデビュー2連勝の後、勝ち切れないレースが続いたが、毎日杯、京都新聞杯と連勝した。差す競馬が板について、破竹の勢いを見せている。ただ、これまでモマれる競馬をしたことはなく、最後方から馬群をさばき切れるかの不安もあり、3番手評価とした。

△1……ロゴタイプはナリタブライアン以来の2歳王者による皐月賞制覇。しかもレコード勝ちと文句のつけようがない強さを見せている。しかし、前走を激走した反動が出てもおかしくないのが競馬。その能力の高さは認めても連下とした。

△2……エピファネイアは3連勝で臨んだ弥生賞が0秒1差の4着。続く皐月賞でも2着に敗れた。ここ2戦あとひと押しが利かずにいるが、世代トップ級を相手に小差の競馬を続けてきた。父はダービー2着で、母シーザリオはオークス馬。2400Mに不安はなく、折り合いがつけば当然首位争いになる。

△3……マイネルホウオウはNHKマイルCを快勝。切れる脚はないが後方で脚をためて、直線外から長くいい脚を使って伸びてきた。血統的に距離はどうかだが、前に馬を置いて末脚勝負に徹すれば、変則2冠も夢ではない。

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 キズナ  
1 2 コディーノ  
2 3 アポロソニック      
2 4 クラウンレガーロ        
3 5 メイケイペガスター      
3 6 ラブリーデイ        
4 7 ヒラボクディープ        
4 8 ロゴタイプ
5 9 エピファネイア
5 10 タマモベストプレイ      
6 11 テイエムイナズマ        
6 12 サムソンズプライド      
7 13 マイネルホウオウ      
7 14 アクションスター        
7 15 フラムドグロワール        
8 16 ペプチドアマゾン      
8 17 レッドレイヴン        
8 18 ミヤジタイガ        

買い目

大多1=8 1=9 1-2 1-16 8=9
綾恵9=1 9=5 9-8 9-12 1=5
山田8=9 8=2 8=10 9=2 9=10 2=10
たま2=3 2=1 2=8 2=9 2=13
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。