競馬 - ヴィクトリアマイル - スポーツナビ

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2013年5月12日(日)

11R

2013年5月12日(日) | 2回東京8日 | 15:40発走

第8回ヴィクトリアマイル(GI)

芝・左 1600m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系4歳以上 | オープン (国際) 牝 (指定) 定量 | 本賞金:9000、3600、2300、1400、900万円 |

予想

◎本命はヴィルシーナ。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・1.34.7

G1で2着4回の実績馬。勝ち味に遅い感はあるが、昨年のクラシック3戦の相手は女傑ジェンティルドンナ。エリザベス女王杯(G1)は道悪に乗じた伏兵レインボーダリアの激走に遭い、これまで不運だったことも確か。条件を問わず、常に高いパフォーマンスを発揮しており、非凡な能力の持ち主であることは衆目の一致するところ。休み明けの前走・大阪杯(G2)でもオルフェーヴルら牡馬の一線級を相手に6着と善戦。抜けた強力馬不在の牝馬限定戦なら、今度こそG1に手が届く。

○対抗はハナズゴール。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・1.33.8

マイルは4勝(重賞2勝)を挙げているベストの距離。昨冬のリゲルS(オープン)では牡馬を豪快に差し切ったように、瞬発力は相当なモノがある。前走・阪神牝馬S(G2・1400M)4着の敗因は、雨の影響が残る馬場(良発表)。身上の切れ味が生かせる馬場なら、好勝負に持ち込めるはず。

▲単穴はサウンドオブハート。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・1.33.4

前哨戦の阪神牝馬Sで重賞初V。昨春に骨折して出世が遅れたが、デビューから9戦6勝。桜花賞4着などの実績からもG1級の素質馬であることは間違いない。古馬になって精神面が成長し、課題の折り合いも克服。目下の勢いには要注意だ。

△抑えはドナウブルー。△穴はオールザットジャズ。


たまちゃんの今週のワンポイントアドバイス

再びビッグタイトル奪取、レインボーダリア

今年で8回目を迎える春の最強牝馬決定戦。過去7回、連対馬は2-3、12-9、5-1、1-11、1-8、2-1、4-7番人気の組み合わせで決まった。1番人気は4連対とまずまずの成績だが、ウオッカとブエナビスタが各1勝、2着1回したもので、残る3頭は9、10、5着。牡馬相手にG1で好勝負してきたような馬でないと全幅の信頼は置けない。

馬連配当は
3けた…………1回
1000円台…2回
2000円台…1回
5000円台…2回
万馬券…………1回

07年に12、9番人気で決まり3万740円の大荒れとなったが、6回は6000円未満で決着している。
ただ、3連単配当は1万1650円、228万3960円、2万3000円、8万580円、8万5770円、3620円、7万5320円。2けた人気のコイウタが優勝した年に200万馬券が飛び出し、7万円以上の高配当も3回。波乱含みのレースとなっている。

距離別は1400M組4頭、1600M組3頭、1777〜1800M組5頭、2000M組1頭、2410M組1頭。マイル戦前後から臨戦した馬が好成績を挙げている。

ステップ別(成績)は阪神牝馬S組が4連対(2、8、1、13着)と相性が良く、2連対でマイラーズC組(2、4着)、ドバイデューティフリー組(4、7着)が続いている。

年齢別は4〜7歳以上馬が11、3、0、0連対。連対率はそれぞれ16、9、0、0%。4歳馬が出走馬の半数以上を占めていることもあるが、連対数、率で他世代を大きくリードしている。

関東馬は45頭が出走して5連対(率11%)、関西馬は80頭で9連対(同11%)。関西馬は連対数で関東馬を上回っているが、率は互角となっている。


◎……レインボーダリアは前走、ステップレースにマイラーズCを選択。0秒3差の7着と敗れたが、5カ月半ぶりの実戦で後方の外から追い上げてきた内容は悪くなかった。思えば昨秋も休養明けの府中牝馬S4着から、次走でG1エリザベス女王杯を制覇した。道悪も2勝、3着1回と得意。2個目のビッグタイトルを勝ち取るチャンスだ。

○……サウンドオブハートは昨春の桜花賞(4着)後の骨折で出世が遅れたが、前走の阪神牝馬Sで待望の重賞制覇を果たした。東京コースは初めてながら、ここまで9戦して6勝と底を見せていない魅力は大きい。

▲……3歳時のヴィルシーナはジェンティルドンナの前に牝馬3冠すべて2着。秋のエリザベス女王杯でもクビ差2着と涙を飲んだ。前走の大阪杯はオルフェーヴルの6着に敗れたが、4カ月半ぶりで相手も強かった。マイルは久しぶりでもクイーンCを制した舞台なら不安はない。

△1……ハナズゴールは昨年のチューリップ賞を勝ち、2走前には京都牝馬Sを制している。G1勝ちはないものの、重賞実績は十分で、はまったときの決め手、破壊力は抜群。420キロ前後の小型馬でも直線の長い東京なら軽視はできない。

△2……ドナウブルーは全5勝中4勝を1600Mで挙げ、持ち時計の1分31秒5(新潟)もメンバー中最速。3走前のマイルチャンピオンC(稍重)でも牡馬一線級を相手に0秒1差と互角に渡り合った。今年2戦はともに10着と敗れたが、ジェンティルドンナの全姉が、得意のマイルで大駆けしても驚けない。

△3……フミノイマージンは阪神牝馬Sで7着。距離不足と渋った馬場が敗因とはっきりしている。牡馬相手の札幌記念を含む重賞4勝馬で、今回は叩き3戦目。いつ大駆けがあってもいい下地を秘めている。

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 マイネイサベル      
1 2 オールザットジャズ      
2 3 ジョワドヴィーヴル        
2 4 ハナズゴール    
3 5 ザッハトルテ        
3 6 ドナウブルー  
4 7 アドマイヤセプター        
4 8 ホエールキャプチャ      
5 9 アイムユアーズ      
5 10 イチオクノホシ      
6 11 ヴィルシーナ  
6 12 ゴールデングローブ        
7 13 レインボーダリア      
7 14 アロマティコ      
7 15 フミノイマージン      
8 16 メーデイア        
8 17 サウンドオブハート
8 18 エーシンメンフィス        

買い目

大多11=4 11=17 11-2 11-6 4=17
綾恵17=11 17=1 17-8 17-14 11=1
山田6=10 6=17 6=9 10=17 10=9 17=9
たま13=17 13=11 13=4 13=6 13=15
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。