競馬 - フェブラリーステークス - スポーツナビ

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2013年2月17日(日)

11R

2013年2月17日(日) | 1回東京8日 | 15:40発走

第30回フェブラリーステークス(GI)

ダート・左 1600m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系4歳以上 | オープン (国際)(指定) 定量 | 本賞金:9400、3800、2400、1400、940万円 |

予想

◎本命はイジゲン。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・1.36.4

ダート8戦5勝(関東圏4戦4勝)の好実績。府中で行われた昨秋の武蔵野S(G3)では、大外からガンジスらを豪快に差し切った。前走・ジャパンCダート(G1)は、スタートで後手を踏んだ上に、不慣れなスピード決着となって15着に敗れたが、まだはっきりと底を見せた訳ではない。この中間は課題のゲートを入念に練習。仕上がり早のタイプで、休み明けでも状態は良好だ。身上の瞬発力が生かせる府中に替われば、多少出遅れても武蔵野Sのような差し脚を見せてくれるはず。

○対抗はカレンブラックヒル。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:(初距離)

昨春のNHKマイルC(G1)覇者。前走・天皇賞・秋(G1)5着でデビュー以来初の黒星を喫したが、持ち味のスピードは芝のトップクラスにも十分に通用することを示した。今回は初のダート参戦。しかし、その先行力は魅力大。血統的にも母が米国のパワー型で、対応できる下地もある。初ダートが中央ダートG1だった馬は過去21頭いて3着が最高(01年フェブラリーS・トゥザヴィクトリー)だが、砂をかぶらずスムーズに先行できれば大仕事をやってのける可能性も。

▲単穴はシルクフォーチュン。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・1.34.9

明け7歳だが、自慢の末脚は健在。前走・カペラS(G3)では鮮やかな差し切りを決め、重賞3勝目を挙げた。マイルに勝ち鞍こそないが、一昨年に府中で行われた南部杯(交流G1)でトランセンドから僅差の3着、昨年のフェブラリーSでも2着と舞台適性は高い。引き続き名手・横山典騎手の騎乗も魅力で、要注意の存在だ。

△抑えはワンダーアキュート。△穴はガンジス。


たまちゃんの今週のワンポイントアドバイス

連覇達成、テスタマッタ

中央競馬のG1レースが開幕。第1弾は東京のダート1600Mで争われる砂の王者決定戦。ここでは、中山ダート1800Mで施行された03年分を含めた過去10回のデータで傾向を見てみたい。

連対馬は1-3、1-3、1-5、1-2、3-2、1-7、6-3、1-5、1-3、7-4番人気で決まった。1番人気は7勝と人気に応えて、勝率・連対率でトップに立っている。

馬連配当は
3けた…………3回
1000円台…4回
2000円台…1回
4000円台…1回
万馬券…………1回

昨年は7番人気テスタマッタと4番人気ワンダーアキュートの決着で1万510円と高配当になったが、7回は2000円未満の配当。基本的には平穏に収まる傾向といえる。

しかし、3連単配当を見ると、1万2220円、2万1200円、5万4210円、1万7550円、5万7720円、4190円、1万2240円、14万1910円。こちらは8回中7回が万馬券。昨年は14万馬券が飛び出す波乱となっている。ちなみに、3着は6、11、9、3、1、2、4、2番人気だった。

前走をクラス別に見ると、G1組14頭、G3組5頭、準オープン組1頭。重賞以外からの参戦馬は苦戦している。

ステップは5連対で東京大賞典組と川崎記念組が並んでトップ。次いで4連対のジャパンCダート組、3連対で根岸S組が続いている。

年齢別は4〜8歳以上馬が40、26、47、26、19頭出走して、8、6、3、2、1連対。連対率は20、23、6、8、5%。4歳馬と5歳馬が好成績を残している。


◎……前走のテスタマッタは3カ月ぶりで0秒3差の6着。59キロを背負い、スタートで後手を踏み、道中も外々を回るロスがありながら大きくは崩れなかった。今回は叩き2戦目で斤量2キロ減。主戦の岩田騎手にスイッチ。折り合えば連覇達成のチャンスだ。

○……グレープブランデーは3歳時に統一G1ジャパンダートダービーを制して、世代のダート王になった素質馬。その後骨折で戦線離脱を余儀なくされたが、昨年5月に復帰。暮れのジャパンCダート5着から、東海Sを圧勝して復活を遂げた。マイル戦はユニコーンS2着以来だが、勢いを買いたい。

▲……カレンブラックヒルは無傷の3連勝でNHKマイルCに臨んでG1を制覇。続く毎日王冠では古馬一蹴し、5連勝を飾った。初ダートに議論噴出だが、スタートからしばらく芝を走れる東京コースは有利。データ的に飛びつけない面もあるが、不安より期待が膨らむ。

△1……ガンジスはダートで(4・3・1・0)と底を見せていない。前走の根岸Sはゴール寸前で勝ち馬の強襲にあったが、重賞で2着2回の実績。いつタイトル奪取してもおかしくない能力を秘めている。

△2……イジゲンは東京ダートで2戦2勝。いずれも芝並みの上がり35秒台で差し切っている。特に2走前の武蔵野Sはスタートで3馬身の大出遅れ。それを挽回して重賞初Vを飾った。前走15着を度外視して狙う手はある。

△3……ワンダーアキュートは昨年11月の復帰戦・JBCクラシックを快勝。その後のジャパンCダート、東京大賞典、川崎記念で2、3、2着と好走している。実績上位は間違いなく、1年ぶりのマイルに戸惑わなければ間違いなくV争いに浮上する。

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 マルカフリート        
1 2 グレープブランデー    
2 3 セイクリムズン        
2 4 ナムラタイタン        
3 5 タイセイレジェンド        
3 6 エスポワールシチー        
4 7 ガンジス  
4 8 イジゲン  
5 9 ヤマニンキングリー        
5 10 ワンダーアキュート  
6 11 カレンブラックヒル  
6 12 ダノンカモン      
7 13 エーシンウェズン        
7 14 テスタマッタ    
8 15 ガルボ        
8 16 シルクフォーチュン  

買い目

大多8=11 8=16 8-7 8-10 11=16
綾恵11=7 11=2 11-8 11-16 7=2
山田16=14 16=12 16=10 14=12 14=10 12=10
たま14=2 14=11 14=7 14=8 14=10
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。