IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2013年7月7日(日)

11R

2013年7月7日(日) | 2回福島4日 | 15:45発走

第49回七夕賞(GIII)

芝・右 2000m | 天気:曇 | 馬場:良 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(特指) ハンデ | 本賞金:4000、1600、1000、600、400万円 |

予想

◎本命はマイネルラクリマ。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:不・2.02.3

昨年の京都金杯(G3)を制した実力馬。骨折によるブランクがあったものの、復帰2戦目の前々走・福島民報杯(オープン)を快勝。後続を3馬身半突き放し、鮮やかに復活を遂げた。前走・都大路S(オープン)2着で斤量57キロも克服済み。再び重賞タイトルを手にするチャンスだ。

○対抗はエクスペディション。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・1.57.3

夏場が得意で、全6勝中5勝を7〜8月に挙げている。この中間は坂路で好時計を叩き出し、定石通りに調子を上げてきた。昨年は8着に敗れたが、当時は5カ月の休み明け。今回は前走・鳴尾記念(G3)2着で臨戦態勢は整っている。逆転候補の一番手。

▲単穴はトレイルブレイザー。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・1.58.6

ブリーダーズCターフ(米G1)4着など世界を股にかける国際派。福島は初コースだが、持続力を持ち味とするタフなタイプだけに、平坦・小回りは合うはず。海外遠征明けでハンデ頭と厳しい条件だが、押さえておくべき実績馬だ。

△抑えはダコール。△穴はマックスドリーム。


今週のワンポイントアドバイス

重賞奪取、ダコール

過去10年の連対馬は6-1、8-9、1-8、3-1、6-2、7-11、1-4、11-6、7-2、14-1番人気の組み合わせで決着(一昨年は中山開催)。1〜3番人気は5、2、1連対と精彩を欠き、代わりに、6番人気以下から伏兵馬11頭が連に絡んでいる。

馬連配当は
1000円台…2回
2000円台…3回
3000円台…1回
万馬券…………4回

上位人気が連対できなかった年と14番人気が優勝した昨年に万馬券が出た。

しかし、半数の5回は3000円未満で決着。堅い配当と高配当が同居する難解な一戦となっている。

連対馬の前走をクラス別(着順)に見ると、重賞組16頭(8、9、18、3、7、5、1、8、4、14、1、17、4、6、10、3着)、オープン特別組3頭(9、6、4着)、準オープン以下組1頭(13着)。馬券圏内に好走したのは4頭だけ。前走の成績を気にする必要はなさそうだ。

路線別はエプソムC組が4連対でトップ。2連対で安田記念組などが続いている。

年齢別は4〜8歳以上馬が10、46、38、27、24頭出走して、2、8、8、2、0連対。連対率はそれぞれ20、17、21、7、0%。5歳馬と6歳馬が8連対で首位争いしているが、率では6歳馬がトップとなっている。

連対馬20頭のハンデは(56、57.5)(57、56)(56、56)(59、57.5)(57、55)(53、53)(57、53)(52、54)(52、55)(55、57)キロで決着。52キロから59キロまで幅広い斤量を背負った馬が連対している。


◎……ダコールは前走の新潟大賞典で0秒5差の3着。直線で手綱を引っ張る大きな不利を受けながらレース最速の上がりで追い上げた。2走前の小倉大賞典でもアタマ差の2着。ローカルのG3なら、いつ奪取しても不思議ない能力を秘めている。

○……マイネルラクリマは長期休養明け2戦目の福島民報杯で、後続を3馬身半ちぎって圧勝。前走の都大路Sでもレース最速の上がりで2着と完全に立ち直った。ここ2戦、道悪で好走しているが、昨年の京都金杯で1分32秒9の好タイム勝ちがあり、高速決着にも対応できる。

▲……トレイルブレイザーは昨秋にアメリカ遠征。BCターフ(G1)では強敵相手に0秒4差の4着だった。その後のドバイ遠征では結果を出せなかったが、G2のアルゼンチン共和国杯、京都記念勝ちの実績は胸を張れる。帰国初戦でいきなり好走があっても驚けない。

△1……エクスペディションは過去7〜8月に7戦して、5勝、2着1回と夏にめっぽう強い。唯一連を外したのが昨年の七夕賞というのは皮肉だが、当時は5カ月の放牧明けだった。今年は休養明けの前走・鳴尾記念で2着に好走しての参戦。小回りコースも向く。

△2……タムロスカイは前走のエプソムCで13着に敗れたが、発馬で後手に回ったのが痛かった。もともとはスタートを決めて好位で立ち回り、最後までしぶとく粘るタイプ。小倉の芝で2勝の実績なら小回り福島にも不安はない。

△3……マックスドリームは5勝中4勝をマイルで挙げているが、前走道悪の2000Mで2着と健闘した。3カ月の放牧明けとなるが、前走より2キロ減。混戦になれば上位争いに浮上する。

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 マックスドリーム    
1 2 タガノエルシコ        
2 3 タムロスカイ    
2 4 マイネルラクリマ
3 5 ダコール
3 6 トシザマキ        
4 7 ケイアイドウソジン        
4 8 モンテエン        
5 9 サトノパンサー      
5 10 トレイルブレイザー  
6 11 ナリタクリスタル        
6 12 エクスペディション  
7 13 ファタモルガーナ        
7 14 ラッキーバニラ        
8 15 オートドラゴン        
8 16 ユニバーサルバンク      

買い目

大多4=12 4=10 4-1 4-5 12=10
綾恵12=16 12=4 12-5 12-10 16=4
山田5=4 5=9 5=3 4=9 4=3 9=3
たま5=4 5=10 5=1 5=3 5=12
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。