2013年7月21日(日)

11R

2013年7月21日(日) | 2回函館6日 | 15:25発走

第45回函館2歳ステークス(GIII)

芝・右 1200m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系2歳 | オープン (国際)(特指) 馬齢 | 本賞金:3000、1200、750、450、300万円 |

予想

◎本命はクリスマス。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・1.09.3

2歳レコードでデビュー戦を圧勝。好発からスピードの違いであっさりとハナへ。そのまま楽な手応えで直線に入ると、軽く仕掛けられただけで後続を7馬身突き放した。マークしたレコードは同日の登別特別(古馬1000万下)とわずか0秒1差。素質は計り知れないモノがある。前走のパフォーマンスさえ再現できれば、タイトル獲得は容易だろう。

○対抗はオールパーパス。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・1.09.8

デビュー戦を好位の2番手から差し切りV。クリスマスほどではないにしろ、勝ち時計は優秀なモノだ。2着馬が直後のレースで勝ち上がったことからも能力の高さがうかがえる。仕上がりの早い牝系の出身だけに、この時期から積極的に狙ってみたい。

▲単穴はキタサンラブコール。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:稍・1.11.7

デビュー戦では物見をするなど若さを見せたが、素質の違いで押し切った。全兄に春秋スプリントG1を制したローレルゲレイロがいる血統馬。その兄は06年の当レースで2着に好走している。中1週だが、一叩きされたことで状態は良化ムード。警戒すべき1頭だ。

△抑えはファイトバック。△穴はマイネルフォルス。


たまちゃんの今週のワンポイントアドバイス

函館2歳S

新馬戦の早期開始により、昨年から8月→7月に移行して開催されている。

過去10年、連対馬は2-3、6-1、3-5、7-5、6-11、2-1、1-2、2-1、2-5、3-5番人気の組み合わせで決まった(09年は札幌競馬)。1〜5番人気は4、5、3、0、4連対。なぜか4番人気は不振だが、5番人気以内で連対馬の80%を占めている。

馬連配当は
3けた…………2回
1000円台…1回
2000円台…3回
3000円台…1回
4000円台…1回
9000円台…1回
万馬券…………1回

上位3番人気が馬券対象から消えた06、07年に9890円、2万5720円の高配当が出ている。

連対20頭はすべて芝からの参戦で、クラス別はオープン(ラベンダー賞)組7頭、新馬組11頭、未勝利組2頭。オープン組が好成績を残しているが、昨年からの日程変更でラベンダー賞が施行されず、新馬、未勝利組で争われることとなった。

連対馬の所属別は関東馬6連対(2勝・2着4回)、関西馬11連対(6勝・2着5回)、地方馬3連対(2勝・2着1回)。関西馬が他を圧倒している。なお、地方馬に関しては、これまでラベンダー賞2着以内が出走条件だったことで芝での実力は証明済みだった。しかし、昨年から地方馬は地元のレースだけで選抜される。以前のような活躍ができるかどうかは未知数だ。

性別は牡馬が77頭出走して7連対(連対率9%)、牝馬は62頭で13連対(同21%)。連対数、率とも牝馬が牡馬を上回っている。


◎……ファイトバックはデビュー戦で好スタートを切り、無理せず4番手を追走。直線で前が詰まったが、巧みに馬群をさばいてあっさりと差し切った。ペースが遅く勝ち時計は平凡だが、2歳馬離れした好センスの内容。世代最初の重賞奪取のチャンスだ。

○……クリスマスは函館の新馬戦を1分9秒3のレコードで圧勝。スピードの違いでハナに立ち、最後は流す余裕の競馬で後続を7馬身ちぎった。418キロという小型馬だけに激走の反動が心配だが、滞在競馬で馬体を維持できれば連勝も十分ある。

▲……ファソンの初戦はスタートこそほめられたものでなかったが、二の脚を使ってハナを奪いそのまま押し切った。いかにも短距離向きの体形だが、近親にネオユニヴァースのいる血統から1ハロン距離延長は望むところ。上記2頭をまとめて破る速力を秘めている。

△1……プラチナティアラは新馬戦で5着と敗れながら、1度実戦を使われて動きが一変。2戦目の前走は好スタートから先頭に立って、2着以下を5馬身突き放した。相手は強化されるが、自分の競馬に徹すれば差はない。

△2……前走のオールパーパスは好発進から2番手をキープ。勝負どころからジワジワと進出して、ゴール手前できっちりと差し切った。レース運びの器用さと追ってからのしぶとさは大きな武器。1分9秒8の勝ちタイムも十分に評価できる。

△3……ビービーブレインは500キロ近い大型馬だが、1000Mの短距離戦でハナを奪うとそのまま逃げ切った。3コーナーで膨れ気味になるなど、まだ若さは抜け切れていないが、この時期の2歳馬にとって前に行けるのは大きなアドバンテージ。逃げ切りを警戒したい。

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 プラチナティアラ      
1 2 マイネルディアベル      
2 3 トーセンシルエット        
2 4 ファソン      
3 5 ウインイルソーレ        
3 6 オールパーパス
4 7 ビービーブレイン      
4 8 ドラゴンスズラン        
5 9 ファイトバック  
5 10 マイネルフォルス    
6 11 ハッピースプリント      
6 12 テルミドール        
7 13 キタサンラブコール    
7 14 ニシケンムート        
8 15 クリスマス
8 16 ヴァイサーリッター        

買い目

大多15=6 15=13 15-9 15-10 6=13
綾恵15=9 15=6 15-11 15-13 9=6
山田6=15 6=10 6=2 15=10 15=2 10=2
たま9=15 9=4 9=1 9=6 9=7
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。