2012年12月2日(日)

11R

2012年12月2日(日) | 5回阪神2日 | 15:40発走

第13回ジャパンカップダート(GI)

ダート・右 1800m | 天気:曇 | 馬場:良 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(指定) 定量 | 本賞金:13000、5200、3300、2000、1300万円 |

予想

◎本命はローマンレジェンド。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:不・1.48.5

前走のみやこS(G3)を差し切り、破竹の6連勝を達成。これでダートを9戦して(8・1・0・0)と、まったく底を見せていない。立ち回りに自在性があり、コースを問わない器用なタイプ。重賞実績はG3の2勝のみだが、前々走のエルムS(G3)ではエスポワールシチーを負かしているのだから、ここで力不足ということはないだろう。7連勝でのG1制覇は十分に期待できる。

○対抗はワンダーアキュート。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:重・1.48.4

前走のJBCクラシック(交流G1)を制して念願のG1制覇を達成。約半年ぶりの競馬だったが、後続を5馬身突き放しての完勝だった。昨年の当レース2着馬で、舞台設定に不安なし。叩かれて調子を上げるタイプだけに、2戦目の上積みも期待できるだろう。ここは逆転の場面まで考えておきたい。

▲単穴はエスポワールシチー。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:不・1.48.3

09年にこのレースを勝つなど、G1を7勝の実績はメンバー最上位。前々走のエルムS(G3)ではローマンレジェンドに惜敗したが、当時は3キロの斤量差があった。強力な先行力が最大の持ち味で、重賞を22戦して(10・6・2・4)の安定感。4馬身差で快勝した前走・マイルCS南部杯(交流G1)のレースぶりを見る限り、まだまだ衰えは感じられない。

△抑えはニホンピロアワーズ。△穴はトランセンド。


たまちゃんの今週のワンポイントアドバイス

同斤で逆転V、ニホンピロアワーズ

08年に東京から阪神に舞台が替わり、距離も2100→1800Mに変更となったが、ここでは過去10回のデータでレース傾向を見てみたい。

連対馬は5-13、11-1、4-1、1-11、7-1、1-6、4-7、1-5、1-8、1-5番人気の組み合わせで決着した(02年は中山施行)。

1番人気は5勝2着3回と人気に応え、連を外した02、08年も3着は確保。1番人気は馬券対象からは外せない存在となっている。しかし、2、3番人気は不振でいずれも連対0。代わりに6番人気以下から7頭の伏兵馬が連対している。

馬連配当は3けた〜1000円台5回、4000〜5000円台3回、万馬券2回。1番人気が連を外した02、08年に、6万100円、1万1710円の万馬券が出ているが、半数の5回は2000円未満で堅く収まっている。

前走を路線別(着順)で見ると、JBCクラシック組が9連対(4、1、3、1、6、2、1、3、2着)でトップ。次いで、武蔵野S組4連対(2、4、9、1着)、みやこS組2連対(1、4着)。JBCクラシック組が好成績を挙げているが、一昨年に新設されたみやこS組が2年連続で連対していることも知っておきたい。
年齢別は3〜6歳以上が3、5、8、4連対。連対率はそれぞれ11、15、19、14%。5歳馬が他世代をリードしている。

性別は牡馬150頭と牝馬8頭で争い、20対0。牝馬は出走数も少ないが、パワーで勝る牡馬の前で苦戦を強いられている。


◎……ニホンピロアワーズは重賞連覇を狙ったみやこSでクビ差の2着。ゴール前でローマンレジェンドに交わされたが、ラストまでしぶとい粘りを見せた。以前の気性難がすっかり解消され、この1年で大きく成長した。前走はローマンレジェンド57キロに対して、自身は58キロ。同斤量なら逆転Vも十分ある。

○……ローマンレジェンドはダートで9戦して8勝。敗れたのは昨年12月の1000万下の2着のみで、現在6連勝と破竹の快進撃を続けている。底を見せていない魅力は大きく、さらなる連勝も期待できる。

▲……イジゲンはダートで7戦して(5・0・1・1)の成績。うち6戦でメンバー最速の上がりをマークしている。前走の武蔵野Sも5馬身ほどの致命的な出遅れがありながら、直線35秒3の末脚でごぼう抜き。G1初挑戦でも侮れない。

△1……09、10年の最優秀ダート馬・エスポワールシチーは前哨戦の交流G1・南部杯を4馬身差で圧勝。7歳馬でもスピードやパワーに衰えは全く見られない。ダート1800Mは(5・2・1・0)の成績で、阪神コースも2勝3着1回と得意にしている。

△2……ワンダーアキュートも前走の交流G1・JBCクラシックで2着を5馬身ちぎった。昨年はスタートでつまずいて後方に置かれたが、直線ぐいぐいと伸びて2着まで追い上げた。6か月ぶりを使われた上積みも大きい。

△3……ハタノヴァンクールはダートで6戦5勝。その中には交流G1・ジャパンダートダービーも入っている。過去に3歳でこのレースを制したのはクロフネ、カネヒキリ、アロンダイトの3頭。前走・みやこSの10着は負けすぎの感もあるが、ノーマークにはできない。

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 ハタノヴァンクール      
1 2 シビルウォー        
2 3 ミラクルレジェンド        
2 4 エスポワールシチー
3 5 トゥザグローリー        
3 6 ナムラタイタン        
4 7 トランセンド    
4 8 イジゲン  
5 9 ホッコータルマエ        
5 10 ローマンレジェンド
6 11 ダノンカモン        
6 12 ワンダーアキュート
7 13 グレープブランデー        
7 14 ニホンピロアワーズ    
8 15 ソリタリーキング        
8 16 ナイスミーチュー        

買い目

大多10=12 10=4 10-7 10-14 12=4
綾恵4=12 4=10 4-7 4-8 12=10
山田10=4 10=12 10=8 4=12 4=8 12=8
たま14=10 14=8 14=1 14=4 14=12
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。