競馬 - 産経大阪杯 - スポーツナビ

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2012年4月1日(日)

11R

2012年4月1日(日) | 2回阪神4日 | 15:35発走

第56回産経大阪杯(GII)

芝・右 2000m | 天気:曇 | 馬場:稍重 | サラ系4歳以上 | オープン (国際)(指定) 別定 | 本賞金:6000、2400、1500、900、600万円 |

予想

◎本命はフェデラリスト。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・1.59.4

昨秋から破竹の4連勝。前走の中山記念(G2)は大逃げを打ったシルポートの勝ちパターンながら、直線だけの競馬で差し切ってしまった。渋った馬場で切れ味を削がれる中、34秒台の脚が使えたのはこの馬だけ。同じ位置にいた3着馬リアルインパクトを4馬身以上突き放したことからも、いかに強烈な伸び脚だったかがわかる。久々の阪神コースに対応できれば、更に連勝を伸ばす公算大。

○対抗はトーセンジョーダン。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・1.56.1

昨秋の天皇賞で初のG1タイトルを獲得すると、次走のジャパンC(G1)でもクビ差2着に好走。前走の有馬記念(G1)では5着に敗れたものの、オルフェーヴルから0秒3差なら評価を下げる必要はないだろう。背負い慣れた斤量58キロも不安なし。ここがピークの状態ではないだろうが、G1馬として意地を見せておきたいところ。

▲単穴はショウナンマイティ。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・2.01.1

前走の大阪城S(OP)でハナ差の2着。久々でプラス16キロの馬体増だったことを考えれば、まずまずの始動戦だったと言える。前々走の鳴尾記念(G3)でクビ差2着しており、重賞でも上位の力は証明済み。追い込み一辺倒の脚質から展開の助けは必要になるものの、叩き2戦目での上昇度に期待したい。

△抑えはナカヤマナイト。△穴はアーネストリー。


たまちゃんの今週のワンポイントアドバイス

◇阪神11R・大阪杯

過去10年、1〜3番人気は8、1、4連対の成績。1番人気は人気に応えているが、2、3番人気がひと息で、6〜9番人気から6頭の伏兵馬が連に食い込んでいる。

馬連配当は3けた5回、2000〜6000円台4回、万馬券1回。一昨年6、9番人気のワンツーで2万5640円と荒れたが、1番人気の活躍で波乱度は低い。

前走をクラス別に見ると重賞組(海外を含む)18頭、オープン特別組と1000万下組がそれぞれ1頭。重賞組が好成績を上げている。

路線別は中山記念組が4連対で、有馬記念組3連対、2連対でアメリカJCC組などが続いている。

年齢別は4〜8歳以上馬が33、32、30、17、10頭出走して、9、4、4、2、1連対。連対率は各27、13、13、12、10%。4歳馬が他世代を抑えてトップに立っている。


トーセンジョーダンは昨秋、天皇賞を制して、ジャパンC2着。続く有馬記念では5着に敗れたが、今回出走のメンバーでは最先着している。叩き良化型でも、ここは負けられない。

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 ナカヤマナイト    
2 2 トーセンジョーダン
3 3 フライングアップル        
4 4 ダンツホウテイ        
5 5 コスモファントム      
5 6 フェデラリスト
6 7 ナリタクリスタル      
6 8 ローズキングダム      
7 9 アーネストリー  
7 10 ソリタリーキング        
8 11 ショウナンマイティ  
8 12 メイショウカンパク        

買い目

大多6=2 6=11 6-1 6-9 2=11
綾恵9=1 9=5 9-2 9-6 1=5
山田2=6 2=11 2=7 6=11 6=7 11=7
たま2=6 2=9 2=8 2=11
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。