競馬 - 秋華賞 - スポーツナビ

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2012年10月14日(日)

11R

2012年10月14日(日) | 4回京都5日 | 15:40発走

第17回秋華賞(GI)

芝・右 2000m | 天気:曇 | 馬場:良 | サラ系3歳 | オープン (国際) 牝 (指定) 馬齢 | 本賞金:8900、3600、2200、1300、890万円 |

予想

◎本命はジェンティルドンナ。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:(初距離)

桜花賞(G1)、オークス(G1)を連勝。久々の前走・ローズS(G2)では馬体重が12キロと増えていたが、早め先頭からアッサリと押し切って順調さをアピールした。オークスで見せた5馬身差圧勝から、世代随一の能力は証明済み。臨戦過程にも不安はなく、史上4頭目の3冠牝馬誕生へ向け、視界は良好とみてよさそうだ。

○対抗はヴィルシーナ。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・2.04.1

ことごとくジェンティルドンナの後塵を拝し、桜花賞(G1)から3戦連続で2着。さすがに勝ち馬が強すぎたとしかいえないが、7戦して(3・3・1・0)と抜群の安定感があり、相手筆頭の評価は揺るがない。こちらも叩き2戦目の上積みは十分。牝馬3冠も今回が最終戦となるため、なんとか一矢報いたいところ。

▲単穴はアイムユアーズ。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:(初距離)

桜花賞(G1)3着に、オークス(G1)4着。前で運ぶレースぶりは安定度が高く、ここまでの9戦で(4・2・2・1)と大きく崩れたことがない。前走のクイーンS(G3)は斤量52キロの恩恵があったとはいえ、余裕残しの仕上げで初対戦の古馬を撃破。3歳馬同士のレースとなれば、2強に割って入る場面があっても驚けない。

△抑えはハナズゴール。△穴はラスヴェンチュラス。


たまちゃんの今週のワンポイントアドバイス

末脚強烈、ミッドサマーフェア

過去10年、連対馬は1-3、2-1、2-5、2-1、2-5、2-7、11-8、2-3、1-6、2-7番人気の組み合わせで決まった。08年に11番人気のブラックエンブレムが勝ったが、その年を除くと1、2番人気のどちらかが勝利している。しかし、2着には1、3番人気から2頭ずつと、5〜8番人気から2、1、2、1頭が入線。ヒモに伏兵馬が食い込むケースが多い。

馬連配当は
3けた…………3回
1000円台…2回
2000円台…2回
3000円台…1回
5000円台…1回
万馬券…………1回

08年に人気薄同士の1、2着で2万3080円の高配当が飛び出したが、7回は3000円未満で収まっている。

しかし、8回の3連単配当を見ると、24万9510円、3580円、2万5630円、3万7630円、1098万2020円、4640円、1万2550円、1万2680円。半数の4回は1万3000円未満で決着しているが、04年に24万馬券が、08年にも1098万2020円の大万馬券が飛び出している。ちなみに、11、8、16番人気で決着した1098万馬券は重賞での史上最高配当となっている。

連対馬20頭はすべて重賞からの参戦で、その内訳はG1組2頭(海外のアメリカンオークスを含む)、G2組16頭、G3組2頭。オープン特別や条件からの参戦馬は狙いづらい。

ステップ別では、ローズS組が16連対と他路線を大きくリード。クイーンS組2連対、オークスとアメリカンオークス(米G1)が1連対で続いている。

連対馬の出走間隔は中3週組16頭、2カ月組2頭、3カ月半〜5カ月組2頭。トライアルのローズSが最多16連対を果たしているため、中3週が最有力ローテーションとなっている。なお、3カ月半と5カ月ぶりだった2頭は、日米のオークスからの直行馬だった。


◎……ミッドサマーフェアは春に君子蘭賞、フローラSを連勝。オークスで1番人気に推されたが、レース中に脚を痛めて13着に大敗した。しかし、立て直して挑んだ前走・クイーンSで3/4馬身差の3着。馬体重10キロ減の完調とはいえない状態でも崩れなかった。末脚は強烈。デキさえ取り戻せば、打倒2冠馬の地力を備えている。

○……ジェンティルドンナはトライアルのローズSを快勝、最後の1冠へ向けて好スタートを切った。同世代の牝馬では抜けた存在。しかし、京都内回り2000Mは紛れやすいコース設定で、3冠へのプレッシャーも並みではないはず。馬券的な妙味は薄く、2番手評価とした。

▲……ラスト1冠獲りにヴィルシーナは全力投球する。桜花賞から前走のローズSまで3戦連続2着。いずれもジェンティルドンナの後塵を拝したものだが、ローズSではオークスでつけられた0秒8差から0秒2差まで詰めた。春から18キロ増の馬体を叩いて前進は必至。今度こその気持ちでいっぱいだ。

△1……ハワイアンウインドは2走前の国東特別でレコードV。昨年イタリアンレッドが小倉記念でマークしたレコードを0秒1更新した。前走はスタートで後手に回ったが、レース最速の上がり33秒7で3勝目を挙げた。末脚勝負のタイプにとってスピード決着は大歓迎だ。

△2……ハナズゴールは春のチューリップ賞で、ジェンティルドンナに0秒6差をつけて負かしている。前走のローズSは感冒で取り消したが、その後順調に回復。追い込みタイプで展開に注文はつくが、ハマったときの末脚は一級品。体調さえ整えば一発の魅力を秘めている。

△3……アイムユアーズは春のG1で3、4着。あと一押しが利かずに勝ち切れなかったが、前走のクイーンSで古馬を完封した。好位で立ち回れる器用さがあり、今度は同世代が相手。京都内回りの2000Mなら自慢の瞬発力を発揮できる。

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 ヴィルシーナ
1 2 アロマティコ        
2 3 ブリッジクライム      
2 4 ハワイアンウインド    
3 5 ラスヴェンチュラス    
3 6 チェリーメドゥーサ        
4 7 トーセンベニザクラ        
4 8 キャトルフィーユ        
5 9 ダイワズーム        
5 10 ハナズゴール    
6 11 サンシャイン        
6 12 アイスフォーリス        
7 13 メイショウスザンナ        
7 14 ジェンティルドンナ
7 15 ミッドサマーフェア      
8 16 サトノジョリー        
8 17 アイムユアーズ
8 18 オメガハートランド        

買い目

大多14=1 14=17 14-5 14-10 1=17
綾恵14=17 14=1 14-4 14-5 17=1
山田14=17 14=1 14=3 17=1 17=3 1=3
たま15=14 15=1 15=4 15=10 15=17
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。