2012年4月29日(日)

11R

2012年4月29日(日) | 3回京都4日 | 15:40発走

第145回天皇賞(春)(GI)

芝・右・外 3200m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系4歳以上 | オープン (国際)(指定) 定量 | 本賞金:13200、5300、3300、2000、1320万円 |

予想

◎本命はオルフェーヴル。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:(初距離)

昨年の有馬記念(G1)でブエナビスタら並み居る実績馬を一蹴し、現役最強をアピール。逸走して久々に土がついた前走(2着)でも通常なら「万事休す」の場面から立て直し、かえって本馬の突出した能力が浮き彫りになった。汚名返上のためにも負けられない今回だが、調教再審査は見事に1回でパス。休み明けを一度叩いたことで状態面も型通りに良化を見せている。G1とはいえ、勝負づけはすでに済んだ感のあるメンバー構成。折り合い一つであっさり突き抜けても全く不思議はない。

○対抗はギュスターヴクライ。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:(初距離)

前走の阪神大賞典(G2)で重賞初制覇。オルフェーヴルの逸走や有利な斤量に助けられた面はあるが、上昇度ではメンバー随一の存在だ。非凡なスタミナと自在性のある脚質は魅力で、まだ伸びしろも大きいはず。初めてのG1参戦で実績的には劣るものの、オルフェーヴルに再度の取りこぼしがあれば、勢いに乗っての戴冠まであって驚けない。

▲単穴はヒルノダムール。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:稍・3.20.6

昨年の覇者。その後は勝利こそないが、フランス遠征での疲労や不利な斤量を考えれば、一定の評価を与えられる内容だ。前走の阪神大賞典(G2・4着)も直線の不利がなければさらに上位を狙えたはずで、少しづつ調子を取り戻していることは確かだ。実績のある京都(3・1・2・1)で能力発揮なら、巻き返しの可能性は大いにある。

△抑えはトーセンジョーダン。△穴はウインバリアシオン。


たまちゃんの今週のワンポイントアドバイス

秋春連覇、トーセンジョーダン

過去10年、連対馬は2-3、7-8、10-4、13-14、1-2、2-11、3-2、12-4、2-4、7-3番人気の組み合わせで決まった。上位1〜3番人気は1、5、3連対ではほめられた成績とはいえず、代わりに7番人気以下から2けた人気5頭を含む8頭の伏兵馬が連に食い込んでいる。

馬連配当は3けた2回、2000円台2回、6000円台1回、万馬券5回。3けた配当で堅く収まることもあるが、1番人気の不振で半数の5回は万馬券が飛び出している。ちなみに、1番人気は3、3、13、6、1、4、3、9、6、13着だった。

連対馬の前走をクラス別に見ると、20頭中18頭がG2組で、2頭がオープン特別組。G2から臨戦した馬が好成績を残している。

路線別は日経賞(2500M)組が7連対、大阪杯(2000M)組5連対、阪神大賞典(3000M)組4連対、大阪-ハンブルクC(2500M)組2連対の順となっている。

連対した20頭はすべて重賞に出走し、うち17頭は重賞ウイナー。重賞未勝利馬はエリモエクスパイア(07年)、マイネルキッツ(09年)、ジャガーメイル(10年)の3頭だが、それぞれダイヤモンドS2着、日経賞2着、目黒記念2着。2500M以上の長距離重賞で2着の実績があった。

年齢別は4〜8歳上馬が10、5、3、2、0連対。連対率はそれぞれ19、12、9、10、0%。4歳馬が強く、次いで5歳。6歳、7歳、8歳と年齢が上がると劣勢になる傾向にある。

東西対決は関東馬36頭と関西馬127頭で争い、連対数は6対14。関西馬が大きくリードしているが、連対率を見ると17%と11%。関東馬が逆転している。


◎……トーセンジョーダンは昨年の天皇賞(秋)を堂々のレコード勝ち。初めてオルフェーヴルと対戦した有馬記念で5着と敗れたが、直線で同馬に寄られて立て直した分が0秒3差に出た。仕上がり途上を叩いた上積みは大きく、折り合いもつく。年度代表馬を破って秋春連覇を果たす。

○……前走2周目の3コーナーで逸走しながら2着を確保したオルフェーヴル。文字通り負けて強しのレースで、1番人気はほぼ確実だろう。ただ、過去10年のデータを見ると、1番人気は1勝、2着0回と勝利への道は険しい。さらに“きちんとゴールまで走れるか の課題を抱えての参戦。ここは2番手評価が妥当だ。

▲……クレスコグランドは未勝利、500万下、京都新聞杯と3連勝。続く日本ダービーで5着と敗れたが、直線で一旦は後退しながら盛り返すしぶとさを見せた。6カ月ぶりの前走・大阪-ハンブルクC3着を叩いた上積みは明らか。同期との勝負付けが済んだとはいえず、未知の魅力に1票を投じてみる手は十分にある。

△1……前走の阪神大賞典でヒルノダムールは0秒7差の4着。直線でオルフェーヴルに前をカットされなければ3着はあった脚色だった。昨年、このレースで悲願のG1タイトルを奪取し、長距離適性では互角以上。春の「盾」連覇も夢ではない。

△2……ウインバリアシオンは前走の日経賞で2着。大逃げを打ったネコパンチが押し切る流れの中、重馬場にノメりながらもきっちりと連を確保した。同期オルフェーヴルの影で存在は薄いが、底力は軽視できない。

△3……前走の阪神大賞典でギュスターヴクライは重賞初制覇。展開に恵まれた面もあるが、能力があればこその勝利だろう。スタミナの心配はなく、本格化した印象。ただ、今回は前走より3キロ増の58キロ。斤量克服がカギになる。

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 ビートブラック      
1 2 トウカイトリック        
2 3 ナムラクレセント      
2 4 モンテクリスエス        
3 5 ジャガーメイル    
3 6 ゴールデンハインド        
4 7 ユニバーサルバンク        
4 8 ギュスターヴクライ    
5 9 コスモロビン        
5 10 ケイアイドウソジン        
6 11 ウインバリアシオン  
6 12 クレスコグランド    
7 13 フェイトフルウォー        
7 14 ローズキングダム        
7 15 ヒルノダムール    
8 16 トーセンジョーダン  
8 17 トウカイパラダイス        
8 18 オルフェーヴル

買い目

大多18=8 18=15 18-11 18-16 8=15
綾恵18=11 18=12 18-3 18-5 11=12
山田18=16 18=5 18=1 16=5 16=1 5=1
たま16=18 16=12 16=8 16=11 16=15
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。