2012年12月23日(日)

10R

2012年12月23日(日) | 5回中山8日 | 15:25発走

第57回有馬記念(GI)

芝・右 2500m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(指定) 定量 | 本賞金:20000、8000、5000、3000、2000万円 | レコードが出たレース

予想

◎本命はゴールドシップ。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:(初距離)

皐月賞、菊花賞(ともにG1)を制し、2冠を達成。3歳牡馬の筆頭と言える存在だ。特筆すべきは菊花賞の内容。3角手前から早々にスパートし、早め先頭から悠々と押し切った。追えば追うほど伸びるタイプで、底知らずのスタミナを誇る。ズブい面があり、ダービー(5着)のような高速馬場のスピード勝負には不向きだが、週末の雨により馬場が渋りそうなのは好材料。菊花賞後はここを目標にゆとりのある臨戦過程で仕上がりは良好。現役トップのオルフェーヴル、ジェンティルドンナは不在。斤量差も踏まえれば勝機は十分あるとみる。

○対抗はルルーシュ。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・2.29.9

前走・アルゼンチン共和国杯(G2)を四角2番手からの横綱相撲で快勝。未完の大器と言われる素質馬が初重賞制覇を飾り、いよいよ本格化ムードだ。好位で立ち回れるレース巧者で、終いの脚も堅実。前々走・オールカマー(G2)は馬体が重く4着に敗れたが、脚質的に小回りの中山は合うタイプ。父ゼンノロブロイも4歳秋に本格化し、有馬制覇(G1レース3連勝)。血統的にもまだ伸びていい。大外枠を引いたが、スムーズに先行できればチャンスがある。

▲単穴はルーラーシップ。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・2.33.0

今秋は天皇賞・秋、ジャパンC(ともにG1)で連続3着。いずれもメンバー最速の上がりで追い込んだように、能力は現役トップクラスだ。いまだゲートに課題があり、トリッキーなコース形態の中山は決して合うタイプではない。ただ、不良馬場だったアメリカジョッキーCC(G2)を圧勝の実績があり、道悪は鬼。うまく条件がハマれば逆転の可能性まで。

△抑えはエイシンフラッシュ。△穴はスカイディグニティ。


たまちゃんの今週のワンポイントアドバイス

春の天皇賞再現、ビートブラック

中央競馬の一年を締めくくる大一番。ファン投票1位のオルフェーヴル、ジャパンC優勝のジェンティルドンナが出走を回避したが、クラシック2冠を制したゴールドシップをはじめ現役屈指の強豪馬が集結した。過去10年のデータでレース傾向を見てみたい。

連対馬は2-13、1-4、1-3、4-1、1-6、9-5、1-14、2-1、2-1、1-7番人気の組み合わせで決まった。1番人気は8連対(5勝2着3回)と人気に応えているが、2、3番人気は3、1連対と不振。代わりに、6番人気以下から2けた人気馬2頭を含む計5頭が連対している。

馬連配当は
3けた…………3回
1000円台…3回
3000円台…1回
万馬券…………3回

1着馬は9番人気のマツリダゴッホ(07年)を除き、1〜4番人気以内から出ているが、ヒモに人気薄が絡むケースも多く、万馬券が3回も飛び出す難解なレースとなっている。
連対馬20頭は全馬重賞からの臨戦で、G1組19頭とG3組1頭。G1以外からの参戦馬は苦戦している。

ステップ別(成績)はジャパンC組が9連対(3、3、1、2、1、12、3、2、8着)でトップ。次いで3連対の天皇賞・秋組(15、2、6着)と菊花賞組(2、1、1着)となっている。

しかし、2走前を見てみると、天皇賞・秋に7頭が出走。この数字を前哨戦に加えると、天皇賞・秋組は計10連対で最多連対のジャパンC組を抜いて第1位となり、06年を除くと毎年連対の好相性となっている。ちなみに、今年はエイシンフラッシュなど8頭が該当する。

年齢別は3〜7歳以上馬が7、8、3、0、2連対。連対率は18、25、9、0、13%。4歳馬が他世代を一歩リードしている。


◎……本命に人気薄のビートブラックを推す。前走のジャパンCは残り1ハロンで後続に捕まったが、ラスト1000Mあたりからロングスパートして7着に踏みとどまった。今回はコーナーを6回通過する小回りの中山で、直線も短くなる。自分のペースで走れば天皇賞・春の再現がある。

○……相手はゴールドシップ。前走の菊花賞を快勝すると早々にジャパンCを見送り、グランプリへの出走を決めた。今年の3歳世代はジェンティルドンナのジャパンC制覇でもわかるようにハイレベル。世代代表馬として挑む資質を秘めている。

▲……スカイディグニティは早くから長距離戦を使われ、ステイヤーとしての力量の高さを前走の菊花賞2着で証明した。2走前のセントライト記念でもダービー2着のフェノーメノと1馬身差。ひと夏を越しての成長は著しく、3歳世代トップ級の能力を備えている。

△1……ルーラーシップはここ2戦連続で3着。2走前は出遅れて15番手からの競馬、前走もスタートで後手に回り不完全燃焼のレースとなった。ジャパンCを上がり3ハロン32秒7の豪脚で追い上げたように、決め手なら現役ナンバーワン。ゲートを五分に出られれば上位争いは必至だ。

△2……ダークシャドウはこの秋、天皇賞・秋、ジャパンCとも0秒4差の4着。勝ち運に恵まれないが、前走も上がり3ハロン32秒8の末脚で追い上げた。全5勝は東京コース。小回りの中山コースをどう克服するかがポイントとなる。

△3……ナカヤマナイトは中山で5戦して、3勝、2着2回。この舞台では連対率100%と底を見せていない。前走の天皇賞・秋は9着に凡走したが、秋初戦のオールカマーで苦手の道悪を克服。折り合って流れに乗ると強さを発揮する。

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 ローズキングダム        
1 2 エイシンフラッシュ    
2 3 スカイディグニティ  
2 4 アーネストリー        
3 5 ネヴァブション        
3 6 オーシャンブルー      
4 7 ダイワファルコン        
4 8 トレイルブレイザー        
5 9 ルーラーシップ
5 10 ダークシャドウ    
6 11 トゥザグローリー      
6 12 オウケンブルースリ        
7 13 ゴールドシップ  
7 14 ビートブラック      
8 15 ナカヤマナイト    
8 16 ルルーシュ      

買い目

大多13=16 13=9 13-2 13-3 16=9
綾恵13=15 13=3 13-6 13-9 15=3
山田2=9 2=10 2=11 9=10 9=11 10=11
たま14=13 14=3 14=9 14=10 14=15
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。