IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2012年4月15日(日)

11R

2012年4月15日(日) | 3回中山8日 | 15:40発走

第72回皐月賞(GI)

芝・右 2000m | 天気:晴 | 馬場:稍重 | サラ系3歳 | オープン (国際) 牡・牝 (指定) 定量 | 本賞金:9700、3900、2400、1500、970万円 |

予想

◎本命はグランデッツァ。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・2.02.6

ハイレベルだった札幌2歳S(G3)勝ち馬。中間に一頓挫あったラジオNIKKEI杯2歳S(G3)こそ3着に敗れたものの、前走のスプリングS(G2)では先に抜け出したディープブリランテを抜群の決め手で差し切り、改めて能力の高さを証明した。今回の出走メンバーでは唯一の重賞2勝馬で、叩き2戦目の上積みも十分。大外枠に入ってどうかだが、展開不問のレースセンスに期待してみたい。

○対抗はワールドエース。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:稍・2.04.4

前々走のきさらぎ賞(G3)を制して重賞タイトルを獲得。その時の2着馬ヒストリカルが毎日杯(G3)、3着ベールドインパクトがすみれS(OP)、4着ジャスタウェイがアーリントンC(G3)を勝っており、いかにレベルの高い一戦だったかがわかる。前走の若葉S(OP)は発馬ひと息も、大外をアッサリと突き抜けて2連勝。初の長距離輸送、中山コースに不安は残るが、逆転の可能性まで考えておくべきだろう。

▲単穴はゴールドシップ。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・2.02.6

新馬戦-コスモス賞(OP)では、いずれも出遅れながら連勝。その後も発馬ひと息で札幌2歳S(G3)、ラジオNIKKEI杯2歳S(G3)と2着に敗れたが、初めてゲートを五分に出た前走・共同通信杯(G3)では粘り込みを図るディープブリランテを競り落とし、重賞勝ち馬の仲間入りを果たした。先行・差し自在で、終い確実に伸びてくる器用なタイプ。こちらも中山コースは初挑戦となるが、馬券には加えておきたい1頭だ。

△抑えはディープブリランテ。△穴はアダムスピーク。


今週のワンポイントアドバイス

一気の逃げ切り、メイショウカドマツ

昨年は「東日本大震災」の影響で中山開催が中止となり、舞台を東京に移して1週遅れで行われた。ここではその分を含めた過去10年のデータでレース傾向を見てみる。

連対馬は15-8、1-2、10-1、1-12、6-10、7-15、7-6、3-8、1-6、4-1番人気の組み合わせで決まった。

馬連配当は3けた〜1000円台3回、4000〜5000円台2回、万馬券5回。1番人気が連対した年は6000円以下の配当で収まっているが、連から消えた年は万馬券となる大荒れ。1番人気が連に絡むか絡まないかが高配当への道標となっている。

連対馬20頭の前走を距離別に見ると、1800M組8頭、2000M組12頭。中距離戦からの参戦馬が好成績を残している。路線別はスプリングS組が8連対でトップ。次いで弥生賞組7連対、若葉S組5連対の順。上記3路線はすべてトライアル戦。他路線から参戦した馬は苦戦している。

勝利数は1〜4勝以上馬が4、9、3、4連対で、連対率はそれぞれ20、10、5、24%。4勝以上馬が好成績を残しているが、今年は出走18頭すべてが3勝以下。勝利数による優劣はあまり気にしなくてもよさそうだ。


◎……前走の若葉Sでメイショウカドマツは逃げて2着。ワールドエースの決め手には屈したが、皐月賞への優先権を堂々ともぎ取った。9戦して6着以下が4回ともろさも同居するが、マイペースなら強さを発揮するタイプ。ハナを奪うには絶好の4番枠。有力馬の仕掛けが少しでも遅れるようだと、あっと言わせるシーンがあっても驚けない。

○……ワールドエースは前走の若葉Sで大外から強襲し、一躍、主役候補に躍り出た。しかし、発馬や4つのコーナーなどの課題を完璧にクリアできた訳ではなく、今回は2番手の評価としたい。

▲……前走の共同通信杯でゴールドシップは、逃げたディープブリランテを直線で並ぶ間もなく交わして快勝した。トライアル戦からの参戦でないのが気になるが、5戦して3着以下なしは威張れる成績。戦ってきた相手関係からも互角の存在といえる。

△1……グランデッツァは3勝、2、3着各1回。筋肉痛の影響で順調さを欠いたラジオNIKKEI杯2歳Sでこそ3着止まりだったが、一息入れた前走でスプリングSを完勝した。小回りの中山だけに前で戦えるのも強みだ。

△2……ディープブリランテは新馬、東京スポーツ杯2歳Sを連勝。特に後続を3馬身ちぎった東スポ杯の勝ちっぷりは強かった。ここ2戦、勝ち星に恵まれていないが、潜在能力はこのメンバーでも見劣りしない。

△3……アダムスピークはデビュー2戦目のラジオNIKKEI杯2歳Sで、ゴールドシップ、グランデッツァを退けて重賞初制覇。前走の弥生賞8着は案外だったが、本番と同舞台を経験したのは大きい。混戦での浮上を警戒したい。

Yahoo! toto

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 モンストール        
1 2 アダムスピーク    
2 3 トリップ        
2 4 メイショウカドマツ      
3 5 アーデント        
3 6 ディープブリランテ
4 7 ベールドインパクト        
4 8 サトノギャラント        
5 9 ワールドエース
5 10 スノードン        
6 11 マイネルロブスト        
6 12 フジマサエンペラー        
7 13 シルバーウエイブ        
7 14 ゴールドシップ
7 15 コスモオオゾラ      
8 16 ゼロス        
8 17 ロジメジャー        
8 18 グランデッツァ

買い目

大多18=9 18=14 18-2 18-6 9=14
綾恵9=18 9=6 9-14 9-15 18=6
山田6=18 6=9 6=14 18=9 18=14 9=14
たま4=9 4=14 4=2 4=6 4=18
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。