IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2012年11月25日(日)

11R

2012年11月25日(日) | 5回東京8日 | 15:40発走

第32回ジャパンカップ(GI)

芝・左 2400m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(指定) 定量 | 本賞金:25000、10000、6300、3800、2500万円 |

予想

◎本命はオルフェーヴル。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・2.28.3

前走・凱旋門賞(仏G1)は直線で完全に抜け出したところで内にヨレてしまい、まさかの2着。快挙達成はならなかったが、最も強い競馬をしたことは明らか。世界レベルの能力があることを十分に証明してみせた。クラシック3冠+グランプリ2勝の実績が示す通り、ホームの日本に戻れば堂々と主役を張れる大将格。帰国初戦となるが、中間の動きは良好で態勢は整った印象。国内最強馬のメンツにかけても負けられない一戦だ。

○対抗はルーラーシップ。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・2.24.6

休み明けだった前走の天皇賞・秋(G1)は3着。4カ月ぶりの実戦(プラス18キロ)だった上にスタートの出遅れも痛かった。それでも後方から外を回って僅差まで迫ったように、内容は負けて強しと言えるもの。課題だった気性面もようやく改善され、春はクイーンエリザベス2世C(香港G1)を制覇。続く宝塚記念(G1)ではオルフェーヴルの2着と現役屈指の存在に成長。一叩きされて本領発揮なら、好走は必至だろう。

▲単穴はジェンティルドンナ。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・2.23.6

3冠牝馬が牡馬の一線級に挑戦。デビュー以来(6・1・0・1)の好成績で、連対を外したのは熱発明けのチューリップ賞(G3)4着だけ。これまでのレコードタイムを大きく更新したオークス(G1)の勝ち時計が、翌週の日本ダービー(G1)を上回ったように、過去の3冠牝馬の中でも別格と言える存在だろう。斤量は裸同然の53キロ。相手は一気に強化されるが、目が離せない一頭だ。

△抑えはフェノーメノ。△穴はエイシンフラッシュ。


今週のワンポイントアドバイス

悲願の国内G1、ルーラーシップ

昨年に続き、凱旋門賞1、2着馬がそろって参戦する上、春秋の天皇賞馬、牝馬3冠馬も登場する近年にない超豪華版。昨年は凱旋門賞馬のデインドリーム(独)が6着で、シャレータ(仏)は7着と敗れたが、今年のソレミア(仏)とオルフェーヴル(日)は……。過去10年のデータでレース傾向を見てみたい。

過去10年、連対馬は9-11、4-5、1-2、3-2、1-5、5-4、9-1、1-2、4-1、2-6番人気の組み合わせで決まった(02年は中山芝2200M)。

馬連配当は3けた〜1000円台4回、2000〜3000円台3回、7000円台2回、万馬券1回。中山施行の02年に9、11番人気で決着して2万5600円と荒れたが、残る9回は8000円未満に収まっている。世界のトップ級が一堂に会する国際招待競走で、比較的落ち着いた配当となっている。

連対馬20頭は外国馬・日本馬を問わず、すべて重賞からの臨戦。その内訳(着順)は、G1組17頭(9、1、1、4、5、6、失格、2、6、4、3、3、4、2、1、4、1着)。G2組2頭(1、1着)、G3組1頭(4着)。G1を経由した馬が連対馬の85%を占めている。

ステップは天皇賞・秋組10連対、菊花賞組4連対、凱旋門賞組2連対の順。上記3組が好成績を残している。

日本馬VS外国馬は113頭と53頭で争い、17対3。連対率はそれぞれ15%、6%。創設当初は外国馬が日本馬を寄せ付けない強さを見せていたが、近年は日本馬が外国馬を圧倒する真逆の結果となっている。

年齢は3〜6歳以上馬が5、8、5、2連対。連対率は14、17、13、5%。4歳馬が他世代を一歩リードしている。

性別は牡・セン馬が17連対(連対率12%)、牝馬は3連対(同13%)。牝馬は連対数で劣勢だが率で上回り、ここ3年連続で連対を果たしている。


◎……本命にはルーラーシップを指名する。前走の天皇賞・秋は出遅れ。プラス18キロ増の馬体で、さらに道中外を回るコースロスがありながら、直線で勝ち馬と同じ上がり33秒1をマークし、3着だった。府中は末脚を生かせる絶好の舞台で、叩き2戦目で馬体も絞れる。悲願の国内G1奪取のチャンスだ。

○……相手は3歳馬のフェノーメノ。古馬との初対戦だった前走の天皇賞・秋で2着。1番人気を背負いながら好位4番手から正攻法の競馬で半馬身差に好走した。結果は銀メダルとなったが、距離2400Mに不安はなく、持ち時計からも十分に好勝負になる。

▲……史上4頭目の牝馬3冠に輝いたジェンティルドンナ。東京はオークスで後続を5馬身ちぎった舞台で、ここは古馬の牡馬と4キロ差の53キロと斤量面も恵まれた。3歳牝馬でジャパンCを制した馬はまだいないが、大仕事をやってのける資質を十分に備えている。

△1……オルフェーヴルは万全の態勢で臨んだ凱旋門賞で2着。直線勝ちパターンに持ち込みながらゴール寸前で内にヨレ、クビ差で大魚を逃した。実績は文句なしに現役ナンバーワンで、強烈な決め手も他馬の追随を許さない。レースで斜行する悪癖が出なければ楽勝してもいい素材だ。

△2……エイシンフラッシュは前走の天皇賞・秋で2年5カ月ぶりに勝利を手中に収めた。直線でVロードがぽっかりと開いたとはいえ、力がなければG1奪取はかなわなかったはずだ。今回C・ルメール騎手に乗り替わるが問題はなく、脚がたまったときの破壊力は相当なもの。このメンバーでも決め手勝負になれば上位にランクされる。

△3……スタミナ勝負なら春の天皇賞馬ビートブラックにも出番はある。京都大賞典は出走取り消しとなったが、前走のアルゼンチン共和国杯でトップハンデ59キロを背負って4着。持ち前の先行力を生かす上々の内容で、G1馬の底力を見せた。末脚勝負になると分は悪いが、この組み合わせなら先行流れ込みが狙える。

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 ビートブラック        
1 2 スリプトラ        
2 3 ジャガーメイル        
2 4 フェノーメノ  
3 5 マウントアトス        
3 6 レッドカドー        
4 7 メイショウカンパク        
4 8 エイシンフラッシュ  
5 9 オウケンブルースリ        
5 10 ダークシャドウ      
6 11 ジャッカルベリー        
6 12 ローズキングダム        
7 13 ルーラーシップ
7 14 ソレミア      
8 15 ジェンティルドンナ  
8 16 トーセンジョーダン      
8 17 オルフェーヴル

買い目

大多17=13 17=15 17-4 17-8 13=15
綾恵17=15 17=16 17-13 17-14 15=16
山田8=17 8=13 8=4 17=13 17=4 13=4
たま13=4 13=15 13=8 13=10 13=17
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。