2012年5月20日(日)

11R

2012年5月20日(日) | 2回東京10日 | 15:40発走

第73回優駿牝馬(GI)

芝・左 2400m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳 | オープン (国際) 牝 (指定) 定量 | 本賞金:9700、3900、2400、1500、970万円 |

予想

◎本命はヴィルシーナ。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:(初距離)

前走の桜花賞(G1)は激しい追い比べの末に2着に敗れたが、ジェンティルドンナとはわずか半馬身差。展開に応じて動ける強みがあり、レースセンスは世代トップクラスだ。逃げ馬不在でスローペースが濃厚な今回は、前々で運んで展開を味方にできそう。エリカ賞(500万下・2000M)で牡馬を一蹴した実績から、距離延長も歓迎材料。樫の女王となる資格は十分にあるとみる。

○対抗はジェンティルドンナ。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:(初距離)

今年の桜花賞馬。姉のドナウブルー(先週のヴィクトリアマイル2着)よりも馬格、気性ともに優れており、スケールは本馬の方が上だ。先週の調教では坂路で好時計をマークして僚馬のエピセアロームに先着。今週も引き続き好調な動きを見せており、状態はすこぶる良好だ。デビュー以来全てマイル戦を走っており、2400Mにはやや懸念はあるが、3歳の春なら素質の高さで勝負に持ち込めるはず。

▲単穴はキャトルフィーユ。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:(初距離)

前走の忘れな草賞(OP)は2番手でうまく流れに乗って快勝。スローペースにしっかりと折り合って、早め先頭から余裕十分に抜け出した。気性的に2400Mへの距離延長は好材料。まだハッキリと底を見せていない点も魅力で、押さえておきたい存在だ。

△抑えはアイスフォーリス。△穴はミッドサマーフェア。


たまちゃんの今週のワンポイントアドバイス

大駆けに期待、オメガハートランド

過去10年、連対馬は4-12、2-13、6-4、1-2、3-5、5-1、4-13、1-2、1-5、7-8番人気の組み合わせで決まった。1〜3番人気の4、3、1連対はほめられた成績とはいえず、代わりに6番人気以下から2けた人気馬3頭を含む6頭が連対している(10年は1着同着)。

馬連配当は3けた〜1000円台4回、4000円台1回、万馬券5回。上位人気馬同士の1、2着で630円、320円と堅く収まった年もあるが、2けた人気馬の台頭も珍しくなく、02〜04年と、08年、11年に万馬券が飛び出している。

連対馬20頭の前走をクラス別に見ると、重賞組18頭、オープン特別組2頭。ステップ15連対の桜花賞組が他路線を圧倒し、フローラS組3連対、スイートピーSと忘れな草賞がそれぞれ1連対で続いている。なお、桜花賞組は10回中6回で連を独占し、02年から9年連続で連対していたが、昨年、ホエールキャプチャの3着で連対記録は止まった。

勝利数は1〜4勝以上馬が44、87、38、9頭出走して、1、8、8、3連対。連対率はそれぞれ2、9、21、33%。1勝馬は劣勢で、2勝馬も連対率からは全幅の信頼は置けず、軸馬は3勝以上から選びたい。

連対馬20頭のキャリアは3〜9戦の範囲で、2、6、2、4、4、1、1連対。今年はキャリア2戦馬の参戦はないが、10戦と12戦で出走のトーセンベニザクラ、サンキューアスクには気になるデータだ。

東西対決は関東馬75頭と関西馬103頭で争い6対14。連対率は8%、14%。連対数、率とも関西馬が優勢で、10回中5回で1、2着を独占し、連を外したのは一昨年の1回だけとなっている。


◎……オメガハートランドは前走・桜花賞12着。出遅れ、直線で行くところ行くところ壁になって脚を余した。デビューから4戦連続で1番人気に支持された素質馬で、もともとオークス向きと見られていた。2走前のフラワーC制覇で道悪を経験し、距離延長にも問題はない。小型馬(前走408キロ)だが、秘めた勝負根性から一発大駆けが期待できる。

○……ジェンティルドンナは熱発明けを一叩きされて桜花賞を制覇した。1月に牡馬混合のシンザン記念を快勝している実力馬で、折り合いに不安がない点も大きな強み。2冠達成に態勢は万全だ。

▲……前走の桜花賞でヴィルシーナは半馬身差の2着。あと一歩のところでビッグタイトルを逃したが、3着馬にいったん抜かれそうになりながら盛り返しており、負けて強しの内容だった。東京でクイーンCを制して、2000Mのエリカ賞勝ち。コース、距離延長に不安はない。

△1……ミッドサマーフェアは君子蘭賞、フローラSを連勝した。G1参戦までに8戦を要したが、状態は目下絶好調。ここ2戦の決め手は素晴らしく上位争い必至と見たい。

△2……前走・桜花賞でアイムユアーズは好位追走から鋭く伸び3着を確保した。ここまで7戦して3勝、2、3着各2回。常にトップクラスと戦ってきて馬券対象から外れたことはない。鞍上のウィリアムズ騎手も心強い。

△3……穴を出せばダイワズームか。初勝利までに7戦かかったが、そこからとんとん拍子に3連勝。前走でトライアルのスイートピーSを快勝した。3勝すべて1800Mで挙げてきた中距離型。距離延長に不安はなく、連勝の勢いを警戒したい。

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 アイムユアーズ    
1 2 マイネエポナ      
2 3 アイスフォーリス      
2 4 オメガハートランド      
3 5 メイショウスザンナ        
3 6 ダイワデッセー        
4 7 ダイワズーム    
4 8 ミッドサマーフェア    
5 9 ヴィルシーナ
5 10 ハナズゴール      
6 11 チェリーメドゥーサ        
6 12 エピセアローム        
7 13 サンシャイン        
7 14 ジェンティルドンナ
7 15 サンキューアスク        
8 16 キャトルフィーユ    
8 17 トーセンベニザクラ        
8 18 ココロチラリ        

買い目

大多9=14 9=16 9-3 9-8 14=16
綾恵9=16 9=7 9-2 9-14 16=7
山田14=9 14=10 14=1 9=10 9=1 10=1
たま4=14 4=9 4=1 4=7 4=8
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。