sportsnavi

2011年4月2日(土)

11R

2011年4月2日(土) | 2回阪神3日 | 15:45発走

第59回日経賞(GII)

芝・右・外 2400m | 天気:曇 | 馬場:良 | サラ系4歳以上 | オープン (国際)(指定) 別定 | 本賞金:6400、2600、1600、960、640万円 |

予想

◎本命はトゥザグローリー。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・2.25.0

母はエリザベス女王杯(G1)などを制したトゥザヴィクトリー。前走の京都記念(G2)を人気に応えて快勝し、良血馬が遂に本格化してきた。昨年暮れの有馬記念(G1)でも現役屈指の強豪・ヴィクトワールピサらを相手に僅差3着と善戦しており、このメンバーでも評価を下げる必要は皆無。むしろ、目下の勢いや血統的なスケールを考慮すれば、互角以上の走りも大いに期待できる。転厩初戦の今回はこれまでと異なる調教メニューとなったが、順調に調整されており、引き続き好調をキープ。今後も含めて目が離せない存在だ。

○対抗はペルーサ。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・2.24.3

昨年の青葉賞(G2)ではトゥザグローリーに4馬身差を付けて圧勝。出遅れ癖があり、その後は勝ち星に恵まれていないが、素質の高さは衆目の一致するところだ。休養前の有馬記念(4着)では、スムーズとはいかないまでも大きく出遅れることなく、好位から競馬で新味を披露。展開も味方につけて、勝ち馬から0秒1の僅差に入り、改めて潜在能力の高さを示した。休養明けでも乗り込み量は豊富。ゲート練習にも余念はない。そろそろ「未完の大器」の名を返上したいところだ。

▲単穴はローズキングダム。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・2.24.9

昨年のジャパンC(G1)覇者。クラシック3冠でも常に上位争い(4、2、2着)したように、最強世代と評される現4歳勢の中でもトップクラスの存在であることは間違いない。ただ、3着に敗れた前走・日経新春杯(G2)の内容が案外。58キロのトップハンデだったとはいえ、複勝圏キープがやっとだった。59キロを背負う今回も斤量面では不利な立場。今週の調教内容もパッとしないことから、休養明けの今回は押さえまでが妥当か。

△抑えはマイネルキッツ。△穴はミヤビランベリ。


たまちゃんの今週のワンポイントアドバイス

能力互角、ペルーサ

例年は中山競馬場の2500Mで争われるが、今年は「東日本大震災」の影響で阪神の2400Mに舞台を替えて施行される。コース変更でデータを鵜呑みにできない部分もあるだろうが、過去10回のレースで傾向を見てみたい。

連対馬は1-2、5-3、5-1、2-1、5-3、1-6、3-2、1-3、4-7、6-4番人気の組み合わせで決まった。1〜3番人気の5、3、4連対はほめられた成績ではないが、伏兵馬の台頭も6番人気2頭と7番人気1頭と少ない。

馬連配当(02年は枠連)は
3けた…………4回
1000円台…2回
2000円台…1回
3000円台…2回
5000円台…1回

一昨年に4、7番人気のワンツーで5370円と荒れたが、9回は4000円以下。基本的には堅く収まる傾向を見せている。ただ、3連単配当は3万300円、3万7650円、4530円、2650円、6万8310円、7万8380円。07、08年と平穏だったが、4回は3万円以上の高配当で決着している。

路線別は6連対の有馬記念組がトップ。次いで4連対のアメリカJCC組、3連対の京都記念組などが続いている。

年齢別は4〜8歳以上馬が6、7、3、2、2連対。連対率は15、33、13、7、17%。4、5歳馬の活躍が目立つ。


◎……前走の有馬記念でペルーサは五分のスタートを切ったものの、結果はヴィクトワールピサと0秒1差の4着。前で競馬をしたことがない分、馬が戸惑ったようだ。出遅れで出世が遅れているが、もともとはヴィクトワールピサと互角の評価を得ていた素質馬。11年の始動戦を制して春の盾獲りへ向かう。

○……ビッグウィークは未勝利脱出が3歳の7月と遅かったが、そこから3連勝。続く神戸新聞杯3着をステップに菊花賞を制した。前走の京都記念は18キロの馬体増で6着と伸びを欠いたが、一度叩いた上積みで一変が期待できる。

▲……昨年のジャパンCでローズキングダムは世界の強豪を相手に勝利。前走の日経新春杯でまさかの3着敗退となったが、ハンデ差も少なからず影響した。最終追い切りがぱっとせず人気を落としそうだが、3冠レースで4、2、2着の実力を素直に信じる手だ。

△1……トゥザグローリーは前々走の有馬記念で14番人気ながら3着。1着のヴィクトワールピサと2着ブエナビスタがそろってドバイへ遠征し、ヴィクトワールピサはドバイWCを制して世界のトップに立った。それを物差しにすれば、上位3頭に勝るとも劣らぬパワーを備えている。

△2……連覇を狙った昨年の天皇賞(春)でマイネルキッツは2着。今年も大目標に向かってここからスタートを切る。鉄砲実績が全くないわけではないが、強敵相手に7カ月のブランクはいかにも不利。今回は連下の評価が妥当とみた。

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 トゥザグローリー
2 2 エーシンジーライン        
3 3 トーセンクラウン    
4 4 ビッグウィーク  
5 5 ペルーサ  
6 6 マイネルキッツ  
7 7 ミヤビランベリ      
7 8 ドットコム        
8 9 ローズキングダム  
8 10 トップカミング        

買い目

大多1=5 1=9 1-6 1-7 5=9
綾恵9=4 9=3 9-1 9-6 4=3
山田5=3 5=4 5=1 3=4 3=1 4=1
たま5=4 5=9 5=1 5=6
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。