2011年11月20日(日)

11R

2011年11月20日(日) | 6回京都6日 | 15:40発走

第28回マイルチャンピオンシップ(GI)

芝・右・外 1600m | 天気:晴 | 馬場:稍重 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(指定) 定量 | 本賞金:10000、4000、2500、1500、1000万円 |

予想

◎本命はリアルインパクト。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・1.32.0

前々走の安田記念(G1)で史上初、3歳馬による制覇を成し遂げた素質馬。前走の毎日王冠(G2)はダークシャドウ(次走の天皇賞・秋で2着)からクビ差2着に敗れたが、久々で馬体がプラス14キロ、古馬と同じ57キロを背負っていたことを考えれば、評価を下げる必要はないだろう。マイル戦に戻る今回は斤量1キロ減。海外の強豪も参戦して楽ではないが、2つ目のG1タイトル獲得を期待してみたい。

○対抗はサプレザ。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・1.31.8

前走のサンチャリオットS(G1)を制して3連覇を達成。日本では09年、10年のマイルCS(G1)に参戦し、それぞれ0秒2差3着、タイム差なしの4着と結果を残している。遠征を苦にしない強みを持っており、サンチャリオットSからの参戦は既定路線。過去2戦のように外を回らされるロスさえなければ、突き抜ける場面があっていい。

▲単穴はイモータルヴァース。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:稍・1.38.3

前々走のジャック・ル・マロワ賞(G1)でBCマイル3連覇の女傑・ゴルディコヴァを負かしており、国際レーティング121は今回のメンバー最上位。前走のクイーンエリザベス2世S(G1)は引き離された3着に敗れたが、勝ち馬が9戦無敗のフランケルだけに、同情の余地はあるだろう。日本の高速馬場への対応、ゲートの入りに不安は残るものの、一発を警戒しておく必要がありそうだ。

△抑えはリディル。△穴はエイシンアポロン。


たまちゃんの今週のワンポイントアドバイス

あっと驚く逃走劇、シルポート

過去10年、連対馬は4-2、11-3、5-2、1-4、3-4、1-3、1-4、4-1、1-14、13-1番人気で決まった。2けた人気馬が3頭連対しているが、17頭は5番人気以内の組み合わせで決着している。
馬連配当は
3けた…………2回
1000円台…2回
2000円台…1回
3000円台…2回
6000円台…1回
万馬券…………2回

2けた人気が勝利した02年と昨年こそ万馬券が出ているが、大半の7回は4000円未満で収まっている。

ステップは天皇賞・秋組が7連対でトップ。毎日王冠組4連対、スプリンターズS組と富士S組3連対、スワンS組2連対の順。

年齢別は3〜7歳以上が37、41、53、27、19頭出走して、1、9、7、2、1連対。連対率は3、22、13、7、5%。4歳馬と5歳馬で連対馬の8割を占め、他世代は苦戦している。

牡・セン馬は147頭が出走して16連対(連対率11%)、牝馬が30頭で4連対(同13%)。連対数で牡馬、率で牝馬がリードしている。

また、東西対決は関東馬65頭と関西馬103頭で争い、8対12。連対数で関西馬が関東馬を上回っているが、連対率は全くの互角の12%となっている。

なお、外国馬は03年からここまで9頭が参戦して、9、16、14、7、8、9、3、10、4着。今年もフランスからイモータルヴァースとサプレザの2頭が来日。前週のスノーフェアリーの圧勝で前評判は高いが、データを見る限り、全幅の信頼は置けない。


◎……逃げ宣言をした天皇賞・秋でシルポートは16着。マイルを1分32秒2で通過しては失速も責めれない。むしろ坂下まで馬なりだったレース内容を高く評価したい。今年は京都金杯とマイラーズCでマイル重賞を2勝。ここ2戦は距離に泣いたが、あっと驚く逃走劇が繰り広げられても不思議はない。

○……リアルインパクトは安田記念を3歳馬として初めて制した。前走の毎日王冠は僚馬ダークシャドウの決め手に屈したが、着差はわずかにクビ。同期グランプリボスとは対戦成績で4連敗中だが、本格化した今ならこちらの方が能力上位だ。

▲……リディルは前哨戦のスワンSを快勝。好位から最後は抑える余裕を見せて2着に0秒2差をつけた。芝のマイルは4勝と得意で、京都の外回りでも3勝の実績。3歳クラシックは骨折で出走がかなわなかったが、G1奪取のチャンスが到来した。

△1……グランプリボスは昨年の朝日杯FSを勝ち、春のNHKマイルCを制した。マイルG1・2勝はメンバー最右翼の実績。前走のスワンS8着は気になるものの、過去4度のリアルインパクトとの対戦はすべて先着。巻き返しを警戒したい。

△2……エイシンアポロンは2走前の毎日王冠で0秒1差の4着。11カ月ぶりの実戦で自己最高の上がり33秒2をマークし、不良馬場の前走・富士Sでは鮮やかに差し切ってみせた。馬場状態が気になるが、時計がかかるようだと一気に上位争いに浮上する。

△3……マルセリーナは桜花賞で馬群を割って堂々の勝利。ディープインパクト産駒初のG1馬に輝いた。オークス、秋華賞で結果を出せなかったが、距離が合わなかったようだ。今回は桜を制した時と同じ安藤勝騎手との再コンビ。ベストのマイルで復活劇があっても驚けない。

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 フィフスペトル        
1 2 ダノンヨーヨー      
2 3 シルポート      
2 4 ライブコンサート        
3 5 エイシンアポロン
3 6 エーシンフォワード    
4 7 イモータルヴァース      
4 8 リアルインパクト  
5 9 マルセリーナ      
5 10 スマイルジャック        
6 11 グランプリボス    
6 12 ミッキードリーム      
7 13 サプレザ      
7 14 レインボーペガサス        
7 15 ブリッツェン        
8 16 クレバートウショウ        
8 17 リディル  
8 18 キョウワジャンヌ        

買い目

大多8=13 8=7 8-5 8-17 13=7
綾恵5=6 5=8 5-11 5-12 6=8
山田17=5 17=2 17=6 5=2 5=6 2=6
たま3=8 3=17 3=5 3=9 3=11
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。