競馬 - エリザベス女王杯 - スポーツナビ

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2011年11月13日(日)

11R

2011年11月13日(日) | 6回京都4日 | 15:40発走

第36回エリザベス女王杯(GI)

芝・右・外 2200m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳以上 | オープン (国際) 牝 (指定) 定量 | 本賞金:9000、3600、2300、1400、900万円 | レコードが出たレース

予想

◎本命はスノーフェアリー。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・2.12.5

英オークス、愛オークス、エリザベス女王杯、香港Cと国際G1を4勝して、国際レーティング122は牝馬の世界第4位。今年は一頓挫あって始動が遅れたものの、レコード決着の凱旋門賞(G1)、英チャンピオンS(G1)で連続3着し、改めて能力の高さを見せつけた。昨年の当レースは直線だけの競馬で後続に4馬身差。レース間隔が詰まっている点は気になるが、この豪華メンバーでも一枚上の評価が必要だろう。

○対抗はダンシングレイン。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:重・2.20.3

こちらは今年の英オークス馬。控える競馬を試みた愛オークス(G1)こそ5着に敗れたものの、続く独オークス(G1)、チャンピオンズF&M(G2)を楽々と逃げ切り、非凡なスピード性能をアピールした。陣営は報奨金の対象となるここを早くから目標としており、本気度はかなりのもの。楽に先手を奪えそうなメンバー構成も歓迎材料。一発を警戒しておく必要がありそうだ。

▲単穴はアヴェンチュラ。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:(初距離)

骨折による長期休養で春のクラシックを棒に振ったが、復帰戦の漁火S(準OP)を快勝すると、クイーンS(G3)、秋華賞(G1)と破竹の3連勝で世代の頂点に登り詰めた。その後もデキ落ちは見られず、今週の追い切りでは抜群の動きを披露。さらなる相手強化・距離延長と不安も残るが、今の充実ぶりは決して軽く扱えない。

△抑えはレーヴディソール。△穴はイタリアンレッド。


たまちゃんの今週のワンポイントアドバイス

悲願のG1奪取、ホエールキャプチャ

過去10年、連対馬は4-2、1-2、2-1、2-5、2-5、7-2、1-3、4-1、11-12、4-2番人気の組み合わせで決まった。

馬連配当は3けた〜1000円台6回、2000〜4000円台3回、万馬券1回。一昨年に2けた人気同士の1、2着で10万2030円の大荒れとなったが、それ以外は5000円未満で決着している。牝馬限定戦でも波乱度は低い。

前走をステップ(着順)別に見ると、秋華賞組7連対(2、1、2、1、3、1、6着)、府中牝馬S組4連対(1、1、3、2着)、天皇賞(秋)組(3、5、5着)と京都大賞典組(9、14、1着)が3連対の順。計17頭中14頭は前走で掲示板を確保している。

年齢別は3〜7歳以上が8、5、6、1、0連対。連対率はそれぞれ15、11、14、9、0%。7歳馬のワルキューレは減点対象となる。

1年を締めくくる女王決定戦だけに、重賞実績も重要なファクターとなる。中でも注目したいのが桜花賞、オークス、秋華賞の牝馬3冠レース。昨年1着の外国馬スノーフェアリーを除くと、連対馬19頭中18頭が3冠に出走して、うち12頭はそこで1度は連対していた。3歳の頂点争いを経験していることは連対への必須条件で、これを3着馬(外国馬タイガーテイルを除く)に適用しても7頭が該当する。3冠レースに出走経験のないイタリアンレッド、オールザットジャズ、レーヴディソール、ワルキューレにとっては気になるデータだ。

なお、外国馬は9頭が出走して(1・0・1・7)の成績。連対率11%はほめられるものではないが、昨年のスノーフェアリーのパフォーマンスを見ると外国馬も目が離せないか。


◎……前走の秋華賞でホエールキャプチャは終始外々を回る競馬。勝ったアヴェンチュラとの2馬身半差はコース取りの違いが着差になった。牝馬3冠で2、3、3着に敗れたが、能力は間違いなく世代トップ級。今年最後の牝馬頂上決戦で悲願のG1タイトルを勝ち取る。

○……アヴェンチュラは目下3連勝。2走前に古馬相手のクイーンSを勝ち、前走で秋華賞を制して世代トップの座に登り詰めた。重賞3連勝で女王の座を射止めても不思議はない。

▲……単穴にダンシングレインを挙げたい。今年の英オークスを逃げ切り、独オークスも軽快な脚で押し切った。昨年のスノーフェアリーに匹敵する成績で、このメンバーなら楽々とハナに立てる。マイペースの逃げ切りも夢ではない。

△1……フミノイマージンは今年に入って牝馬限定重賞で、2、1、1、3着。5歳を迎えて晩成の血が開花した。相手は強化するが、京都の芝に2勝の実績があり、叩き2戦目。上がり馬の勢いも見逃せない。

△2……アニメイトバイオは昨年のローズSでアパパネを退け、続く秋華賞で2着と世代トップ級の能力を証明した。今年は夏からの3重賞で、3、3、2着。あと一押しが利かずにいるが、いつ女王の座に手が届いてもいい位置にいる。

△3……スノーフェアリーは連覇を狙って再来日。昨年は世界4カ国でG1を制したが、今年は5戦してまだ勝ち星がない。しかも、10月に仏国と英国で2戦を消化して、中3週の過密な日程での参戦。能力の高さを認めても、今回は抑えまでとしたい。

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 アヴェンチュラ    
1 2 イタリアンレッド      
2 3 ホエールキャプチャ      
2 4 アパパネ    
3 5 ワルキューレ        
3 6 サンテミリオン        
4 7 アニメイトバイオ  
4 8 レーヴディソール    
5 9 レインボーダリア        
5 10 フミノイマージン    
6 11 ブロードストリート      
6 12 シンメイフジ        
7 13 オールザットジャズ        
7 14 ダンシングレイン    
7 15 エリンコート        
8 16 グルヴェイグ        
8 17 レディアルバローザ      
8 18 スノーフェアリー  

買い目

大多18=14 18=1 18-2 18-8 14=1
綾恵18=8 18=10 18-4 18-7 8=10
山田4=17 4=7 4=11 17=7 17=11 7=11
たま3=1 3=14 3=7 3=10 3=18
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。