2011年10月15日(土)

11R

2011年10月15日(土) | 5回京都3日 | 15:35発走

第46回デイリー杯2歳ステークス(GII)

芝・右・外 1600m | 天気:小雨 | 馬場:稍重 | サラ系2歳 | オープン (国際)(指定) 馬齢 | 本賞金:3800、1500、950、570、380万円 |

予想

◎本命はゲンテン。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:(初距離)

前走の新馬戦は発馬を決めて先手を奪うと、後続をアッサリと突き放して快勝。最後は流す余裕を見せており、走破時計以上の強さを感じさせる内容だった。今回はコース替わりに相手強化と楽ではないが、レースに使われて更に上向いてくるようなら、前走の再現があっても決して驚けない。

○対抗はダローネガ。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・1.34.9

新馬戦でエピセアローム(小倉2歳S制覇)を負かした素質馬。2戦目の新潟2歳S(G3)こそ久々で4着に敗れたものの、前走の野路菊S(OP)ではキッチリ巻き返して2勝目を挙げた。それほど末の切れるタイプではないが、好位でスムーズに運ぶことさえできれば、粘り込みの場面があっていい。

▲単穴はマコトリヴァーサル。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:(初距離)

新馬戦を5馬身差で圧勝すると、前走の小倉2歳S(G3)でも2着を確保。その後もデキ落ちは見られず、今週の追い切りでも素軽い動きを見せている。今回は2ハロンの距離延長がどうかだが、一発を警戒しておく必要はありそうだ。

△抑えはクラレント。△穴はシンゼンレンジャー。


たまちゃんの今週のワンポイントアドバイス

◇京都11R・デイリー杯2歳S

過去10年、連対馬は(8)(3)、(1)(2)、(1)(2)、(9)(3)、(1)(3)、(1)(2)、(3)(6)、(3)(1)、(1)(5)、(1)(5)番人気で決まった。1番人気は7連対(6勝2着1回)と上々の成績で、2、3番人気もそれぞれ3、5連対。伏兵馬の出番は少ない。

馬連配当は
3けた…………5回
1000円台…2回
3000円台…1回
6000円台…1回
万馬券…………1回

9番人気が優勝した04年に1万5900円と荒れたが、7回は2000円未満の配当で決まっている。

クラス別は重賞組3頭、オープン特別組6頭、新馬組7頭、未勝利組4頭。その時の成績は、1着15頭、2着2頭、3、5、6着各1頭。連対馬の9割は前走馬券圏の3着以内に好走していた。

路線別はオープン特別の野路菊S組が4連対でトップに立っているが、新馬・未勝利組からも11頭が連対。ステップは強調する材料とはいえない。

キャリアは1〜5戦以上馬が18、36、41、21、11頭出走して6、6、7、1、0連対。連対率は33、17、17、5、0%。キャリア1〜3戦馬が好成績を残している。

連対馬の決め手を見てみると、逃げ3頭、先行6頭、差し5頭、追い込み6頭。キャリアの浅い馬が多く、脚質による有利不利を気にする必要はなさそうだ。


前走のゲンテンは好スタートからハナに立ちそのまま押し切った。道中楽な手応えで直線鞍上が後を見る大楽勝。オープン入りするが、あのレースぶりなら昇級の壁は全く感じない。

馬単は(8)←→(2)、(8)←→(7)、(8)←→(1)、(8)←→(6)。

3連単は(8)←→(2)から(7)(1)(6)と、(8)←→(7)から(2)(1)(6)への3着流し。

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 クラレント    
2 2 マコトリヴァーサル  
3 3 ヴェアリアスムーン        
4 4 アウヤンテプイ        
5 5 カイシュウタビビト        
5 6 メイショウダビンチ  
6 7 ダローネガ
6 8 ゲンテン  
7 9 トミーバローズ        
7 10 メイショウハガクレ    
8 11 シンゼンレンジャー    
8 12 アルベルトバローズ        

買い目

大多8=7 8=2 8-1 8-11 7=2
綾恵7=10 7=8 7-6 7-11 10=8
山田2=6 2=10 2=7 6=10 6=7 10=7
たま8=2 8=7 8=1 8=6
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。