2011年12月25日(日)

10R

2011年12月25日(日) | 5回中山8日 | 15:25発走

第56回有馬記念(GI)

芝・右 2500m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(指定) 定量 | 本賞金:20000、8000、5000、3000、2000万円 | レコードが出たレース

予想

◎本命はブエナビスタ。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・2.30.1

状態ひと息だった天皇賞・秋(G1)こそ4着に敗れたものの、次走のジャパンC(G1)では直線の叩き合いでトーセンジョーダンを競り落とし、改めて現役最強馬であることを証明した。女傑ウオッカを上回り、牝馬の獲得賞金記録を更新した当馬もここがラストラン。ファン投票では三冠馬オルフェーヴルを抑え、2年連続の1位に選出された。有馬記念は09年、10年と連続の2着。最後にグランプリタイトルを獲得し、有終の美を飾りたい。

○対抗はオルフェーヴル。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:(初距離)

前走の菊花賞(G1)は直線に向いたところで先頭に立ち、後続をアッサリ突き放して5連勝を達成。ディープインパクト以来、史上7頭目の三冠馬に輝き、同世代に敵なしをアピールした。今回は現役最強クラスの古馬が相手となるが、クラシックで完封したウインバリアシオンがジャパンC(G1)で5着しており、ここで力不足ということはないはず。来年の更なる飛躍のためにも、無様な競馬はできないところ。

▲単穴はトーセンジョーダン。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・2.30.0

天皇賞・秋(G1)を制してG1馬の仲間入りを果たし、前走のジャパンC(G1)でもブエナビスタから半馬身差の2着に好走。昨年は逃げて5着だったが、当時より格段にパワーアップしていることは間違いないだろう。アルゼンチン共和国杯(G2)を勝つなどスタミナ豊富で、自在性のある脚質が最大の持ち味。上記2頭は強力だが、一発を警戒しておく必要がありそうだ。

△抑えはヴィクトワールピサ。△穴はアーネストリー。


たまちゃんの今週のワンポイントアドバイス

世代交代を宣言、オルフェーヴル

ラストランとなる女傑ブエナビスタと史上7頭目の3冠馬オルフェーヴルの2強対決で盛り上がるが、ほかにも昨年の覇者でドバイワールドCを制したヴィクトワールピサ、春と秋の天皇賞馬ヒルノダムールとトーセンジョーダン、さらには宝塚記念の覇者アーネストリーなど、現役屈指の強豪がずらりと顔をそろえた。近年にない豪華メンバーが一同に会して争われる「クリスマス・グランプリ有馬記念」。最強馬の称号を勝ち取るのはブエナか、オルフェか。それとも…。過去10年のレース傾向を見てみたい。

連対馬は3-13、2-13、1-4、1-3、4-1、1-6、9-5、1-14、2-1、2-1番人気の組み合わせで決まった。1〜3番人気が連からそろって消えたのは07年のみ。残る9回は上位人気馬が絡んで決着している。

馬連配当は
3けた…………3回
1000円台…3回
万馬券…………4回

9番人気が優勝した07年と、2けた人気が2着に食い込んだ年に万馬券決着となっている。

路線別(成績)に見ると、ジャパンC組が9連対(10、3、3、1、2、1、12、3、2着)、3連対で天皇賞(秋)組(15、2、6着)と菊花賞組(1、2、1着)が続き、15頭中11頭はこの3路線で3着以内に好走している。

年齢別は3〜7歳以上が41、27、37、24、15頭出走して、7、7、3、1、2連対。連対率はそれぞれ17、26、8、4、13%。7連対で3歳馬と4歳馬が並んでいるが、率で4歳馬が一歩リードしている。

牡馬は延べ128頭が出走して16連対(13%)、牝馬が16頭で4連対(25%)。牡馬が連対数で牝馬を大きく上回っているが、率で牝馬が逆転している。

所属別は関東馬42頭と関西馬96頭で争い、6対14。連対率は14%と15%。連対数で関西馬が優秀だが、率はほぼ互角。東西間格差は考えなくてもよさそうだ。なお、地方馬も6頭出走しているが、馬券対象にはなっていない。


◎……オルフェーヴルは春に皐月賞を圧勝。不良馬場のダービーでは馬場の真ん中から力強い差し切り。さらに3冠のかかった菊花賞では、直線早め先頭から最後は流す余裕でゴールした。どこからでも動ける機動力を備え、菊から2カ月とゆったりしたレース間隔も強調できる材料。古馬の層は厚いが、牙城を破って世代交代を宣言すると見た。

○……ヴィクトワールピサは前走のジャパンCでまさかの13着。8カ月ぶりの実戦とスタート直後に前をカットされた不利が最後まで響いた。春のドバイワールドCで世界の頂点に立った実力馬。中山も4戦4勝と得意にしている。

▲……レッドデイヴィスは久々の鳴尾記念を1分45秒6の好タイム(歴代2位)で差し切り。クビ差でもその着差以上に強い競馬だった。年明けのシンザン記念でオルフェーヴル(2着)と後の桜花賞馬マルセリーナ(3着)を問題にしなかった力量馬。せん馬でクラシック出走はかなわなかったが、世代トップ級の能力を秘めている。

△1……ブエナビスタは叩き2戦目の前走・ジャパンCを完勝。昨年の天皇賞(秋)以来、久々の勝ち星を挙げた。G1で6勝と実績的にはすでに女傑の域に達し、当然、首位候補だが、一方で5歳牝馬にとって秋2戦のG1で激走した反動は小さくないはず。ラストランを飾って欲しいという気持ちもあるが、今回は連下に留めた。

△2……トーセンジョーダンは夏の札幌記念Vをきっかけに、天皇賞(秋)1着、ジャパンC2着と目を見張る充実ぶりを見せた。しかし、ブエナ同様に激闘の疲労を抱え、好調期間が長く続くかどうかも気になる材料。天皇賞馬に失礼?でも△の評価とした。

△3……アーネストリーは前走の天皇賞(秋)で14着敗退。大外18番枠でスタート直後に脚を使い、実績のない左回りコースの影響もあったようだ。春に宝塚記念をコースレコードで圧勝したスピード馬。能力的には巻き返しても不思議はない。

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 ブエナビスタ
2 2 ヴィクトワールピサ  
3 3 ヒルノダムール      
3 4 ペルーサ        
4 5 エイシンフラッシュ        
4 6 キングトップガン        
5 7 トゥザグローリー      
5 8 ローズキングダム        
6 9 オルフェーヴル  
6 10 トーセンジョーダン  
7 11 ジャガーメイル        
7 12 アーネストリー  
8 13 レッドデイヴィス      
8 14 ルーラーシップ      

買い目

大多1=9 1=10 1-2 1-12 9=10
綾恵1=2 1=12 1-7 1-9 2=12
山田10=14 10=1 10=3 14=1 14=3 1=3
たま9=2 9=13 9=1 9=10 9=12
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。