IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2011年12月18日(日)

11R

2011年12月18日(日) | 5回中山6日 | 15:25発走

第63回朝日杯フューチュリティステークス(GI)

芝・右・外 1600m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系2歳 | オープン (国際) 牡・牝 (指定) 馬齢 | 本賞金:7000、2800、1800、1100、700万円 | レコードが出たレース

予想

◎本命はダローネガ。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・1.34.9

1番人気に推された前走・デイリー杯2歳S(G2)では、外から最速の上がりで追い込むも2着まで。終始最内を通ったクラレントとは対照的に、出遅れて外々を回るロスが痛かったが、そんな厳しい競馬でも接戦に持ち込めるのだから、むしろ負けて強しの内容だった。デビュー戦で、のちの小倉2歳S(G3)覇者エピセアロームを負かした実績からも素質は重賞級。中山マイルの大外は不利な材料だが、スムーズに普段の先行策をとれればチャンスがあるはずだ。

○対抗はマイネルロブスト。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:(初距離)

新馬、クローバー賞(OP)を連勝した好素材。続く札幌2歳S(G3)ではグランデッツァの3着に敗れたが、早めに動く積極策でしぶとく粘っており、内容は上々だった。9着に惨敗した前走・東京スポーツ杯2歳S(G3)では、序盤から掛かってしまったため参考外の競馬と見ていい。距離短縮で十分見直せる。

▲単穴はトウケイヘイロー。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・1.35.4

前走のくるみ賞(500万下)をレコードで圧勝。のちに京王杯2歳S(G2)を制するレオアクティブを完封しており、このメンバーでも能力は引けを取らない。折り合いに不安はなく、輸送を全く苦にしないのも大きな強み。大駆けに注意だ。

△抑えはクラレント。△穴はハクサンムーン。


今週のワンポイントアドバイス

無敗の王者誕生、アルフレード

東京スポーツ杯2歳Sの覇者ディープブリランテと札幌2歳Sを制したグランデッツァの2頭が回避。先週の阪神ジュベナイルF同様に傑出馬不在の混戦ムードとなった。

過去10年の連対馬は1-2、8-1、4-1、2-3、2-5、2-7、3-10、2-5、1-2、5-4番人気で決まった。1番人気の4連対はアテにならない成績だが、2番人気が6連対と好調でそれをカバーしている。

馬連配当は3けた〜2000円台6回、3000〜4000円台3回、8000円台1回。昨年は1〜3番人気が総崩れとなったが、残る9回は上位人気から1頭は連に絡んで、基本的には5番人気以内で決着している。

連対馬のクラス別は重賞組16頭、オープン特別組3頭、500万下組1頭。オープンからの臨戦馬が好成績を残している。

路線別(成績)は京王杯2歳S組7連対(1、5、3、2、1、1、2着)、東京スポーツ杯2歳S組4連対(1、3、4、1着)。2連対で札幌2歳S組(1、1着)、京都2歳S組(1、1着)、デイリー杯2歳S組(1、2着)が続いている。なお、残る3頭はグラスワンダー特別(門別競馬、2着)、くるみ賞(1着)、新潟2歳S(1着)から参戦。前走で掲示板を外して巻き返した馬はいない。

キャリアは1〜9戦馬が0、5、5、5、2、2、0、1、0連対。2〜6戦に連対馬は集中している。

中山芝1600Mの外回りコースはスタートして直ぐにカーブを迎えるため、一般に外枠は不利と見られている。そこで枠別の連対数を調べてみると、1〜4枠は4、3、3、3連対(8勝2着5回)。5〜8枠が2、4、0、1連対(2勝2着5回)。内枠13頭に対して外枠7頭。データは外枠不利を証明している。


◎……アルフレードはマイル戦を2戦2勝。新馬勝ちがこの中山で、前走の上がり32秒5も優秀だった。走破タイムは平凡だが、相手なりに走る勝負強さがあり気にする必要はない。無敗の王者誕生に王手だ。

○……相手はトウケイヘイロー。前走のくるみ賞を中団待機からレース最速の上がりでレコード勝ち。2勝はいずれも1400Mだが、今の充実度なら距離1ハロン延長も問題はない。

▲……前走の京王杯2歳Sでレオアクティブは後方から直線一気に差し切った。2走前のくるみ賞は出遅れ、直線でトウケイヘイローに寄られて進路が狭くなったが、外に持ち出して1馬身半まで迫った。6戦中5戦でメンバー最速の上がりをマーク。ハイペースになりがちな中山のマイル戦も絶好の舞台だ。

△1……ローレルブレットはマイルの未勝利と500万下を1分34秒台の好タイムで差し切った。前走は反応が鈍くスタート直後から追い通しだったが、終わってみれば2馬身差の楽勝だった。好枠2番から積極策に出れば、引き続き首位争いになる。

△2……前走のダローネガはスタートが悪く後方に置かれたが、最後は鋭く迫って2着を確保した。勝ち馬との半馬身差は、内外のコース取りの差が出たもの。スタートに課題は残すが、上位争いできるスピードを備えている。

△3……クラレントは東京スポーツ杯2歳Sで13着に惨敗した。同レースで過去に5着以下から巻き返した例がなく、データからは狙えないが、「レース前の放馬が影響した」ということを考慮すればあの一戦は度外視していい。新馬、重賞を連勝した底力を見直す手か。

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 サドンストーム      
1 2 ローレルブレット    
2 3 アルフレード      
2 4 マイネルロブスト  
3 5 ネオヴァンクル        
3 6 スノードン        
4 7 クラレント  
4 8 ショウナンラムジ      
5 9 ニンジャ        
5 10 ジョウノバッカス      
6 11 マコトリヴァーサル        
6 12 トウケイヘイロー  
7 13 ハクサンムーン      
7 14 ヒシワイルド        
8 15 レオアクティブ    
8 16 ダローネガ    

買い目

大多16=4 16=12 16-7 16-13 4=12
綾恵7=4 7=1 7-8 7-10 4=1
山田4=12 4=15 4=2 12=15 12=2 15=2
たま3=12 3=15 3=2 3=7 3=16
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。