IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2011年7月10日(日)

11R

2011年7月10日(日) | 3回中山8日 | 15:45発走

第47回七夕賞(GIII)

芝・右 2000m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(特指) ハンデ | 本賞金:4300、1700、1100、650、430万円 |

予想

◎本命はキャプテントゥーレ。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・1.57.9

抜群の先行力を誇る2008年の皐月賞馬。2走前の大阪杯(G2・5着)ではハイペースで逃げてレコード決着を演出し、前走・金鯱賞(G2・2着)では、のちのG1馬・アーネストリーに先着を果たした。それぞれ一線級の強豪相手に着差はわずか0秒1と、価値のある内容だった。クラシックホースに輝いたゲンの良い舞台で適性を発揮できれば、トップハンデ(58.5キロ)でも勝機は十分にある。

○対抗はシャドウゲイト。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・1.58.6

9歳の高齢だが、先行力は衰えていない。2007年の中山金杯(G3)など、中山では3勝をマーク。昨年のアメリカJCC(G2)でもクビ差の2着に好走しており、確かなコース実績を残している。2カ月ぶりの競馬となるが、ここに向けて仕上がりは良好。ハンデは背負い慣れた58キロ。ベテランの地力に警戒が必要だ。

▲単穴はマゼラン。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・1.59.2

1年4カ月ぶりの実戦だった尼崎S(準OP)を勝利。2番手から抜け出したソツのない走りに、高いセンスがうかがえた。今週の追い切りでは久々を走った反動も見られず、むしろ一度叩いたことで状態は上向いている。半姉に重賞3勝のディアデラノビアがおり、血統も良質。ハンデ55キロなら重賞でも侮れない。

△抑えはコスモファントム。△穴はオペラブラーボ。


今週のワンポイントアドバイス

決め手上位、マッハヴェロシティ

「サマー2000シリーズ」の第1戦。例年福島競馬場で行われているが、今年は中山に舞台を移して開催される。

福島で施行された過去10回、連対馬は3-4、3-4、6-1、8-9、1-8、3-1、6-2、7-11、1-4、11-6番人気の組み合わせで決まった。上位1〜3番人気は4、1、3連対と不振で、代わりに6番人気以下から9頭の伏兵が連対している。

馬連配当は1000〜2000円台6回、4000円台1回、万馬券3回。上位人気が連から消えた年に3回万馬券が出たが、3000円未満も6回。堅いか荒れるか両極端の傾向を見せている。

ステップはエプソムC組が4連対でトップ。3連対で安田記念組と福島テレビオープン組(今年は夏至Sが該当)が続き、目黒記念組2連対の順。

年齢別は4〜7歳以上が13、42、35、52頭出走して、1、8、8、3連対。連対率は各7、19、23、6%。5歳馬と6歳馬の2世代が好成績を残している。

また、性別は牡・セン馬が134頭で18連対(連対率13%)、牝馬は8頭で2連対(同25%)。連対数で牡・セン馬、連対率で牝馬がリードしている。

トップハンデ馬の成績は、(9、13)、7、2、1、7、1、(1、4)、(6、7)、7、(3、9、14)着。ハンデ頭は15頭中4頭が連に絡んだだけ。あまりお勧めできない。


◎……マッハヴェロシティは前走のエプソムCで9着。荒れた馬場に脚を取られ、自慢の末脚を発揮できなかった。2走前の新潟大賞典は休養明けだったが、勝負どころから大外に出して鋭く追い込んで2着。小回り中山に舞台が替わるが、位置取りひとつで重賞初制覇がかなう。

○……前走の金鯱賞でサンライズベガは9着。相手も強かったが、スタートでアオり、直線でも前が壁になるなどリズムに乗れなかった。もともとデビュー2戦目の京都新聞杯で3着した素質馬。中山でも1000万下特別に勝ち星があり、斤量も前走より1キロ減。3走前の小倉大賞典に続く重賞制覇のチャンスだ。

▲……アニメイトバイオは鼻出血の後、復帰戦となったヴィクトリアマイルで0秒4差の7着。前走のエプソムCも7着に敗れたが、2着とは0秒4差だった。今回は叩き3戦目の走りごろ。前走より1キロ減の斤量も魅力だ。

△1……オペラブラーボは長期休養から復帰したここ3戦で、13、3、2着。一戦ごとに着順を上げている。中でも前走・夏至Sの上がり33秒9はレース最速で、勝ち馬との0秒1差は内と外の枠順差が出たもの。通算3年以上も休養しており、伸びしろはまだ十分残っている。

△2……前走の金鯱賞でキャプテントゥーレは好スタートからハナへ。道中マイペースで逃げ切りを狙ったが、直線ルーラーシップの決め手に屈して0秒1差の2着に敗れた。58.5キロのトップハンデは気になるが、中山の2000Mは皐月賞を逃げ切った舞台。G1馬の地力を警戒したい。

△3……ダンツホウテイは2走前にメイSを快勝。好位から上がり33秒2の決め手を発揮して差し切った。前走は荒れた馬場に末脚を封じられたが、良馬場なら末脚が爆発しても驚けない。

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 エーシンジーライン        
1 2 アニメイトバイオ    
2 3 オペラブラーボ  
2 4 サンライズベガ    
3 5 マゼラン      
3 6 ケイアイドウソジン      
4 7 アドマイヤメジャー        
4 8 マッハヴェロシティ      
5 9 キャプテントゥーレ
5 10 タッチミーノット      
6 11 ダンツホウテイ      
6 12 ドモナラズ        
7 13 シャドウゲイト    
7 14 ロードキャニオン        
8 15 イタリアンレッド        
8 16 コスモファントム    
8 17 トウショウウェイヴ        

買い目

大多9=13 9=5 9-3 9-16 13=5
綾恵3=16 3=13 3-6 3-9 16=13
山田4=10 4=2 4=9 10=2 10=9 2=9
たま8=4 8=2 8=3 8=9 8=11
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。