IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2011年6月5日(日)

11R

2011年6月5日(日) | 3回東京6日 | 15:40発走

第61回安田記念(GI)

芝・左 1600m | 天気:曇 | 馬場:良 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(指定) 定量 | 本賞金:10000、4000、2500、1500、1000万円 |

予想

◎本命はアパパネ。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・1.31.9

前走のヴィクトリアマイル(G1)で現役屈指の強豪・ブエナビスタを撃破。ブエナビスタに徹底マークを受けながらも、早めにスパートしてそのまま押し切ってしまったのだから、まさに強いの一言に尽きる。走破時計も優秀で、非凡なマイル適性(5・1・0・1)を改めて見せ付けた。今回は牡馬との戦いとなるが、ブエナビスタと比較すると見劣りする相手。G1レース5勝の実績も考慮すれば、堂々と主役を張れる存在だ。中2週のローテなので調教は軽めだが、デキ落ちの兆候は皆無。中心視していいだろう。

○対抗はシルポート。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・1.32.3

今年はマイル重賞2勝を挙げて本格化を遂げた。前走・京王杯スプリングC(G2・2着)でも、普段通り果敢に逃げを打ってゴール寸前まで粘り強い走りを披露。当馬より斤量が1キロ軽かったストロングリターンにはハナ差先着を許したものの、同斤のジョーカプチーノ以下の追撃はしっかりと抑えている。今回も同型のジョーカプチーノの出方は気になるが、内枠からすんなりとハナを切ることができれば出番があるはず。

▲単穴はスマイルジャック。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・1.31.8

昨年の当レースで0秒1差の3着に好走。2月の東京新聞杯(G3)を制した実績からも、府中マイル戦はベストの舞台と言っていいだろう。前走・マイラーズC(G2)では6着に敗れたが、休養明けの競馬で展開も向かなかっただけに、同情の余地はある。一度叩いたことで状態は上向いており、今週の追い切りでは美浦Wコースで6ハロン78秒台の好時計をマーク。再評価すべき1頭だ。

△抑えはストロングリターン。△穴はダノンヨーヨー。


今週のワンポイントアドバイス

古馬を撃破、リアルインパクト

春のマイル王決定戦に今年も香港から2騎の強豪が参戦し、日本馬16頭と激戦を繰り広げる。

過去10年、連対馬は9-15、7-2、4-6、6-4、7-10、3-10、2-3、2-5、1-2、8-6番人気で決着した。上位1〜3番人気は合わせて7連対と精彩を欠き、代わりに6番人気以下から2けた人気3頭を含む10頭が連対している。

馬連配当は3けた〜2000円台2回、3000〜5000円台3回、万馬券5回。10回中で5回も万馬券が飛び出す大荒れのレースとなっている。

路線別は4連対の京王杯スプリングC組がトップで、これを2連対のマイラーズC組、ヴィクトリアマイル組、大阪杯組、チャンピオンズマイル(香港)組、ドバイデューティーフリー(UAE)組が追っている。

年齢別は3〜8歳以上馬が0、6、3、6、5、0連対。連対率は0、13、5、13、20、0%。4、6、7歳馬が激しい世代争いを繰り広げている。なお、3歳馬は04年にメイショウボーラーが出走して11着だったが、サンプル数が少なく傾向を断定できない。

性別は牡馬が158頭出走して17連対、牝馬は22頭で3連対。連対率はそれぞれ11%、14%。牡馬は連対数で牝馬を上回っているが、率で逆転されている。

日本馬VS外国馬は156頭と24頭で争い18対2で、連対率は12%と8%。日本馬が外国馬をリードしている。なお、日本馬に限ると、関東馬が74頭出走して6連対(連対率8%)、関西馬は82頭で12連対(同15%)。関西馬が好成績を残している。


◎……前走のNHKマイルCでリアルインパクトは1分32秒5で3着。スタートのタイミングが悪く、直線でも前が壁になるロスがありながら0秒3差だった。走破タイムは翌週のヴィクトリアマイルのアパパネに0秒6遅れたが、アパパネの斤量55キロに対して57キロを背負っていた。今回は56キロ対54キロと有利で、牡馬とも4キロ差。斤量差を生かせば古馬を撃破できると見た。

○……ダノンヨーヨーは休養明けの前走マイラーズCで3着。先行した2頭で決まる流れで0秒3差なら悪くはない。不利のあった昨秋のマイルCSでクビ差の2着。たたき2戦目の上積みを見込めばG1奪取も十分ある。

▲……前走のストロングリターンは直線抜け出すのに手間取ったが、進路が開くとレース最速の上がりで一気に伸びた。マイルは(3・2・1・1)の成績。距離延長はプラスで、520キロの大型馬だけに斤量1キロ増に問題はない。

△1……アパパネはヴィクトリアマイルでブエナビスタを退けて、牝馬史上最速のG1レース5勝目を挙げた。勝ちタイム1分31秒9は昨年の当レースを制したショウワモダンの勝ち時計と0秒2差と優秀だ。ただ、今回は初の牡馬とのG1戦。前走激走の反動も気になり、今回に限り連下の評価に留めた。

△2……シルポートは今年重賞で2勝を挙げ、確実に地力をつけた。前走の京王杯スプリングCでハナ差2着に敗れたが、勝ち馬とは重量差もあった。積極策に出れば簡単に止まらない快速馬だが、ライバルのマークがきつくなる今回は軽い印とした。

△3……リーチザクラウンは前走、4コーナーでトモを滑らしてバランスを崩し、レースにならなかった。もともとは一昨年のダービー2着馬で、昨年のマイラーズCを制した実力馬。全能力を発揮できれば、ここでも通用するスピードを秘めている。

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 ストロングリターン    
1 2 シルポート  
2 3 スマイルジャック      
2 4 クレバートウショウ        
3 5 サンカルロ      
3 6 サムザップ      
4 7 シルクアーネスト        
4 8 アパパネ
5 9 ビューティーフラッシュ        
5 10 リディル      
6 11 コスモセンサー        
6 12 ライブコンサート        
7 13 ダノンヨーヨー  
7 14 リアルインパクト      
7 15 ビービーガルダン        
8 16 ジョーカプチーノ      
8 17 エーシンフォワード      
8 18 リーチザクラウン      

買い目

大多8=2 8=3 8-1 8-13 2=3
綾恵16=5 16=8 16-2 16-6 5=8
山田13=8 13=10 13=17 8=10 8=17 10=17
たま14=13 14=1 14=2 14=8 14=18
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。