IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2011年4月24日(日)

11R

2011年4月24日(日) | 2回東京2日 | 15:40発走

第71回皐月賞(GI)

芝・左 2000m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳 | オープン (国際) 牡・牝 (指定) 定量 | 本賞金:9700、3900、2400、1500、970万円 |

予想

◎本命はサダムパテック。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・2.01.0

今回のメンバーで唯一の重賞2勝馬。昨年末の朝日杯FS(G1)はスムーズさを欠いて4着に終わったものの、始動戦の弥生賞(G2)を快勝し、改めて能力の高さを見せ付けた。東京スポーツ杯2歳S(G3)圧勝の実績から、東京へのコース替わりは望むところ。久々で余裕残しだった前走を叩かれたことにより、更なる上昇も見込めるだろう。傑出馬不在と言われる今年の牡馬クラシック戦線だが、当馬が1冠目に最も近い位置にいることは間違いなさそうだ。

○対抗はナカヤマナイト。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・2.00.4

ここまで(3・3・1・0)の成績を残しており、東京コースも2勝2着1回の安定感。前走の共同通信杯(G3)では粘り強さを見せるユニバーサルバンクを競り落とし、キャリア7戦目で重賞馬の仲間入りを果たした。ホープフルS(OP)の内容から1ハロンの距離延長に不安はなく、内目の枠にも恵まれた印象。G1の今回は一気に相手強化されて楽ではないが、ここでも上位争い可能な力を持っている。

▲単穴はオルフェーヴル。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:(初距離)

グランプリホース・ドリームジャーニーを全兄に持つ良血馬。重賞初挑戦の京王杯2歳S(G2)こそ10着に敗れたものの、シンザン記念(G3)2着、きさらぎ賞(G3)3着と好走を続け、前走のスプリングS(G2)で念願の重賞タイトルを手に入れた。兄譲りの強烈な決め手を持っており、ここまでの6戦で上がり33秒台を4度マーク。唯一大敗した東京コースでの開催に不安は残るが、決して軽くは扱えない。

△抑えはトーセンラー。△穴はベルシャザール。


今週のワンポイントアドバイス

スピード決着大歓迎、ダノンミル

「東日本大震災」で中山開催が中止されたことで舞台は東京競馬場となり、例年とは異なる状況で迎える牡馬クラシック第1弾。不確定要素も多いが、ここでは過去10年に中山競馬場で行われたレースを参考に傾向を見てみた。

1〜3番人気は5、1、2連対。1番人気は4勝2着1回と最多の5連対を果たしているが、2、3番人気に全く元気がない。不振の上位人気に代わって、6番人気以下から2けた人気馬5頭を含む12頭が連対している。
馬連配当は3けた〜1000円台3回、4000〜5000円台2回、万馬券5回。2000円以下の堅い配当が3回ある一方で、万馬券決着も5回。一筋縄では収まらない傾向を見せている。

連対馬20頭の距離別は、1600M1頭、1800M7頭、2000M12頭。中距離の1800〜2000Mをステップにした馬が好走している。

クラス別はG2組14頭、G3組1頭、オープン特別組5頭。路線別は弥生賞組とスプリングS組が7連対で並び、若葉S組5連対、アーリントンC組1連対。連対馬20頭中19頭をトライアル組が占めている。

勝利数は1〜4勝以上馬が4、8、3、5連対。連対率はそれぞれ21、9、6、28%。勝利数が増すと連対率も高くなるものだが、このレースでは1勝馬が2、3勝馬を上回る活躍を見せている。


◎……前走の若葉Sでダノンミルは好位で立ち回り、直線抜け出して後続の追撃を封じた。勝ちタイムは前日の古馬準オープンを3秒1も上回る優秀なもので、持ちタイムはメンバー中最速の1分59秒1。開幕週の高速馬場なら、スピード決着も望むところだ。

○……オルフェーヴルは前走のスプリングSを鮮やかに差し切った。道中はロスなく立ち回り、勝負どころから外に出して完勝だった。G1を3勝しているドリームジャーニーの全弟。兄は春のクラシックで8、5着と涙を飲んだが、強烈な切れ味を武器に一冠獲りを目指す。

▲……共同通信杯で折り合いを欠いたベルシャザールだったが、前走・スプリングSで2着を確保。好位3番手で立ち回り、直線しぶとく伸びた。瞬発力勝負では見劣るものの、前々で競馬ができるのは有利だ。

△1……カフナは若葉Sで◎ダノンミルの2着。道中2番手で折り合って、直線でもスピードは衰えずゴール寸前まで頑張っていた。新馬戦以外の6戦は全て2000M。2勝は平たんの福島と小倉で、東京の坂がカギとなる。

△2……東京スポーツ杯2歳S、弥生賞とサダムパテックは唯一の重賞2勝馬。実績上位では一歩リードしている。ただ、気になるのが発馬。ここまで5戦中4回で出遅れの前科がある。スタートを決めれば上位争い必至だが。

△3……ナカヤマナイトは東京コースで2勝2着1回とパーフェクト連対。レースぶりも逃げ、差しと申し分ない。展開に関係なく上がり33秒台で差せる末脚も魅力。前走の共同通信杯から2カ月半ぶりでも軽視はできない。

Yahoo! toto

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 ステラロッサ      
1 2 ダノンバラード        
2 3 ノーザンリバー        
2 4 サダムパテック
3 5 ナカヤマナイト  
3 6 ダノンミル      
4 7 ロッカヴェラーノ        
4 8 ビッグロマンス        
5 9 カフナ      
5 10 エイシンオスマン        
6 11 ベルシャザール    
6 12 オルフェーヴル
7 13 リベルタス      
7 14 フェイトフルウォー      
7 15 デボネア        
8 16 トーセンラー    
8 17 プレイ      
8 18 オールアズワン        

買い目

大多4=5 4=12 4-11 4-16 5=12
綾恵12=4 12=5 12-13 12-17 4=5
山田16=1 16=4 16=12 16=14 1=4 1=12 1=14 4=12 4=14 12=14
たま6=12 6=11 6=4 6=5 6=9
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。