2011年2月20日(日)

11R

2011年2月20日(日) | 1回東京8日 | 15:40発走

第28回フェブラリーステークス(GI)

ダート・左 1600m | 天気:曇 | 馬場:良 | サラ系4歳以上 | オープン (国際)(指定) 定量 | 本賞金:9400、3800、2400、1400、940万円 |

予想

◎本命はトランセンド。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・1.35.9

前走のジャパンCダート(G1)は逃げて1000M通過が1分ジャスト。このペースでも失速することなく押し切ったのだから、完全に本格化を果たしたとみるべきだろう。その後もデキ落ちは見られず、先週の追い切りではポリトラックで6ハロン72秒3、終い11秒7の猛時計をマーク。発馬後の芝部分をこなして先手を奪うことさえできれば、G1連勝の可能性は高そうだ。

○対抗はセイクリムズン。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・1.39.4

3走前の霜月S(OP)を5馬身差で圧勝すると、続くカペラS(G3)で重賞制覇。前走の根岸S(G3)ではダノンカモンとの叩き合いを制して3連勝を達成しており、今がまさに充実期といったところ。今回は久々のマイル戦に加えてG1のメンバーが相手と楽ではないが、東京コースの長い直線を生かすことができれば、まとめて差し切る場面があっても驚けない。

▲単穴はフリオーソ。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・1.37.0

交流G1・5勝の実績は今回のメンバーで最上位。いまだ中央で結果を出せていないが、昨秋の日本テレビ盃(交流G2)ではトランセンド相手に2馬身半差の完勝を収めているため、軽視するには危険な一頭だろう。芝スタートや距離短縮に不安があるとはいえ、地力の高さで上位争いに絡んでくる公算大とみる。

△抑えはシルクメビウス。△穴はダノンカモン。


たまちゃんの今週のワンポイントアドバイス

能力G1級、シルクメビウス

過去10年、連対馬は5-2、1-4、1-3、1-3、1-5、1-2、3-2、1-7、6-3、1-5番人気の組み合わせで決まった(03年は中山競馬、ダート1800M)。1〜3番人気は7、3、4連対と連対馬の7割を占め、人気薄からの連対は6、7番人気の2頭だけ。前走掲示板を外した馬は厳しい戦いを強いられている。

馬連配当は3けた3回、1000円台4回、2000円台2回、4000円台1回。1、2番人気がそろって連から消えた一昨年の4710円が最高配当。人気馬の活躍で波乱度は低いが、6回行われた3連単配当を見ると、1万2220円、2万1200円、5万4210円、1万7550円、5万7720円、4190円。昨年こそ4けた配当で決まったが、5回は万馬券決着。穴党は3連単を狙う手か。ちなみに、3着には6、11、9、3、1、2番人気が入線している。

前走を距離別に見ると、1400M2頭、1800M4頭、2000M7頭、2100M7頭。マイル戦でも1800M以上の中距離戦をステップに出走した馬が好走している。

路線別は6連対の東京大賞典組がトップ。次いでジャパンCダート組4連対、川崎記念組4連対、根岸S組と平安S組が2連対で続いている。

年齢別は4〜8歳上馬が41、27、45、26、19頭出走して、9、7、2、1、1連対。連対率はそれぞれ22、26、4、4、5%。4歳馬と5歳馬が強い。なお、6歳馬と8歳馬で決着した08年を除くと、4歳馬と5歳馬のどちらか1頭が必ず連対している。

所属別は関東馬35頭、関西馬111頭、地方馬12頭で争い、1、18、1連対。関西馬が強い。


◎……シルクメビウスは2走前のジャパンCダートで5着。スタートを決めることができず後方からの競馬となったが、直線大外から0秒5差まで迫った。東京の1600Mに勝ち鞍があり、G2を2勝、G3でも1勝の実績。G1をいつ奪取してもいい能力を秘めている。

○……トランセンドは前走のジャパンCダートを逃げ切り勝ち。1000M通過が60秒0というハイペースで、最後はクビ差まで詰め寄られたが、非凡なスピードを備えている。目標になる不利はあるが、ハナを奪ってそのまま押し切っても不思議はない。

▲……オーロマイスターは芝からダートに路線変更した初戦が東京の1600Mで、1分35秒5の好時計で勝利した。3走前の南部杯(交流G1・1600M)でもエスポワールシチーを3馬身突き放してレコードVと、マイル戦は2戦2勝。ここ2戦だらしないレースが続いたが、距離短縮で大駆けがあっても驚けない。

△1……フリオーソ(船橋競馬所属)は過去に中央G1戦で、10、7着。成績はパッとしないが、地方交流のG1では5勝を挙げている力量馬で、前走の川崎記念でも2着を5馬身ちぎった。08年12月以来の中央参戦となるが、地力アップした今なら警戒が必要だ。

△2……ここ2戦のバーディバーディは、強い逃げ馬を追いかけて末脚が甘くなった。2走前のジャパンCダートは1000M通過がジャスト60秒で、前走も58秒9というハイペース。それで4、3着と崩れなかったのは立派。流れひとつで上位争いに浮上できる。

△3……セイクリムズンは目下3連勝中の上がり馬。1400Mで5勝を挙げ、前走の根岸Sでは上がり35秒0の末脚で豪快に差し切った。1600Mの実績が乏しく評価を下げたが、勢いは一番だ。

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 オーロマイスター      
1 2 コスモファントム        
2 3 ダイショウジェット        
2 4 ライブコンサート        
3 5 バーディバーディ  
3 6 クリールパッション        
4 7 ダノンカモン    
4 8 ビクトリーテツニー        
5 9 パワーストラグル        
5 10 ダイシンオレンジ        
6 11 メイショウタメトモ        
6 12 トランセンド
7 13 フリオーソ
7 14 セイクリムズン  
8 15 シルクメビウス  
8 16 マチカネニホンバレ        

買い目

大多12=14 12=13 12-7 12-15 14=13
綾恵14=12 14=5 14-13 14-15 12=5
山田12=13 12=7 12=5 13=7 13=5 7=5
たま15=12 15=1 15=5 15=13 15=14
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。