2011年8月14日(日)

11R

2011年8月14日(日) | 1回札幌2日 | 15:25発走

第59回北海道新聞杯クイーンステークス(GIII)

芝・右 1800m | 天気:小雨 | 馬場:良 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)牝(特指) 別定 | 本賞金:3800、1500、950、570、380万円 |

予想

◎本命はアヴェンチュラ。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・1.47.9

休み明けの前走・漁火S(準OP)を快勝。条件戦だったとはいえ、あっさりと牡馬を一蹴するあたり、さすがはオークス馬・トールポピーの全妹だ。プラス28キロの馬体重はほとんど成長分で、さらにスケール感がアップ。まだキャリア4戦ながら、昨年の札幌2歳S(G3)2着、阪神ジュベナイルF(G1)4着の実績を挙げており、このメンバーでも素質では劣らない。ハンデ52キロのアドバンテージを踏まえれば、勝ち負けに持ち込めるはず。

○対抗はレディアルバローザ。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・1.45.4

前走のヴィクトリアマイル(G1)では、アパパネとブエナビスタの強豪を相手にあわやの3着に善戦。先行馬には厳しいハイペースの中、好位からの正攻法でクビ+クビの僅差に粘ったのだから、現役牝馬トップクラスの評価を与えていいだろう。本質的にはマイラーかもしれないが、前々走の中山牝馬S(G3)を圧勝した内容から、1ハロンの延長なら不安はない。順調な調整過程から、休み明けでも好勝負必至だろう。

▲単穴はダイワジャンヌ。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・1.46.9

1月のアメリカJCC(G2・5着)では、牡馬の強者を相手に0秒3の僅差に健闘。その後は凡走が続いていたが、休養明けの前走・函館記念(G3・11着)では良い頃の先行力が戻り、復調の気配をうかがえた。前走から3キロ増となるが、55キロは背負い慣れた斤量。内寄りの枠からうまく立ち回れば、直線アッと言わせるシーンまでありそうだ。

△抑えはアニメイトバイオ。△穴はブロードストリート。


たまちゃんの今週のワンポイントアドバイス

末脚G1級、ブロードストリート

過去10年、1、2番人気は5、4連対とほめられた成績ではないが、上位2頭が連からそろって消えたのは2回と少ない。

馬連配当は3けた〜1000円台5回、2000〜4000円台3回、万馬券2回。

05年と09年に2けた人気が連に絡んで2万2270円、1万1240円と荒れたが、8回は比較的平穏に収まっている。

連対馬20頭はすべて芝からの出走で、距離は1600M組6頭、1800M組6頭、2000M組4頭、2400〜2500M組4頭。マイルから中距離をステップにした馬が好成績を上げている。

路線別は4連対のマーメイドS組がトップ。3連対でオークス組とヴィクトリアマイル組が続き、エプソムC組2連対の順。マーメイドS組が最多連対を果たしているが、06年にヴィクトリアマイルが新設されると、前走か前々走でこのG1を使った馬が毎年連対する活躍を見せているのを知っておきたい。

年齢別は3〜7歳以上馬が5、7、7、1、0連対。連対率は18、18、15、7、0%。3〜5歳馬の争いと見てよさそうだ。

関東馬は59頭が出走して8連対(連対率14%)、関西馬が71頭で12連対(同17%)。連対数、率で関西馬が関東馬を上回っている。


◎……前走のマーメイドSでブロードストリートは中団の内で脚をタメて、直線馬込みをさばいて2着。フミノイマージンの決め手に屈したが、トップハンデながらG1で戦ってきた底力を見せつけた。道悪では能力が半減するが、開幕週の高速馬場なら突き抜ける末脚を秘めている。

○……アニメイトバイオは前走の七夕賞で直線窮屈なシーンがありながら3着を確保。昨年の秋華賞2着馬が、その存在感をアピールした。3走前のヴィクトリアマイル7着は6カ月ぶり、24キロ増の馬体も重かった。牡馬相手に健闘してきたここ2戦を見直したい。

▲……レディアルバローザはヴィクトリアマイルで、アパパネとブエナビスタを相手にクビ+クビ差の3着。一息入れての参戦となるが、能力的にはここでも十分通用する。

△1……久々の漁火Sでアヴェンチュラは、後続を2馬身半突き放して楽勝。デビュー3戦目で阪神ジュベナイル4着に入線した素質の高さを見せた。キャリア4戦。前走の反動が出なければあっさりがあってもおかしくない。

△2……ショウリュウムーンはチューリップ賞で、後の3冠馬アパパネを退けて重賞初勝利を飾った。牝馬クラッシックでは結果を出せなかったが、今年1月の京都牝馬Sで重賞2勝目を挙げた。3カ月ぶりになるが、乗りに乗っている岩田騎手へのスイッチだけに警戒は怠れない。

△3……アプリコットフィズはデビュー戦を勝ち、3戦目のクイーンCで重賞初勝利を挙げた。桜花賞は5着、オークス6着と敗れたが、昨年のこのクイーンSを制して重賞2勝目を獲得した。近走は凡退しているが、洋芝は得意。大駆けがあっても驚けない。

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 レディアルバローザ
2 2 デルマドゥルガー        
3 3 ダイワジャンヌ      
3 4 アニメイトバイオ
4 5 アスカトップレディ      
4 6 ブロードストリート    
5 7 ブライティアパルス        
5 8 アースシンボル        
6 9 アヴェンチュラ  
6 10 カウアイレーン        
7 11 ショウリュウムーン    
7 12 サンテミリオン        
8 13 アプリコットフィズ    
8 14 コスモネモシン      

買い目

大多9=1 9=3 9-4 9-6 1=3
綾恵4=14 4=9 4-1 4-13 14=9
山田1=4 1=11 1=5 4=11 4=5 11=5
たま6=4 6=1 6=9 6=11 6=13
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。