2010年11月21日(日)

11R

2010年11月21日(日) | 6回京都6日 | 15:40発走

第27回マイルチャンピオンシップ(GI)

芝・右・外 1600m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(指定) 定量 | 本賞金:10000、4000、2500、1500、1000万円 |

予想

◎本命はダノンヨーヨー。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・1.32.8

今春の時点では500万クラスの身だったが、1000万クラスからオープン特別を連勝すると、重賞初挑戦の前走・富士S(G3)も勝って4連勝を達成。G1の今回は一気に相手強化されて楽ではないものの、前残りの流れを豪快に差し切った前走の勝ちっぷりを見る限り、ここでも通用する可能性は十分だろう。6勝の全てを1600Mで挙げており、京都へのコース替わりにも不安なし。瞬発力勝負の展開となれば、5連勝でのG1制覇があっても驚けない。

○対抗はサプレザ。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・1.33.4

昨年の当レース3着馬。英サンチャリオットS(G1)を制しての来日は昨年と同じローテーションで、暫定国際レーティングは今回のメンバーで最高の118となっている。日本の馬場への適性は証明済みであり、今年は昨年の優勝馬・カンパニーのように抜けた馬も不在。ここで結果を出せば賞金倍増とあって、陣営の本気度もかなりのものだろう。好位でスムーズに運べるようなら、アッサリと決めてしまうだけの力は持っている。

▲単穴はキンシャサノキセキ。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・1.32.8

昨秋のスワンS(G2)から重賞4連勝で高松宮記念を制し、悲願のG1タイトルを獲得。その後は一頓挫あったものの、前走のスプリンターズS(G1)では取り消し明けながらも2着に入り、改めて力のあるところを見せ付けた。近走はスプリント戦メインとなっているが、3歳時に当レース5着の実績があり、要は折り合いが付くかどうか。ひと叩きされた上積みも順当に期待できるため、一発を警戒しておく必要がありそうだ。

△抑えはトゥザグローリー。△穴はワイルドラズベリー。


たまちゃんの今週のワンポイントアドバイス

悲願のG1奪取,スマイルジャック


過去10年、連対馬は13-1、4-2、11-3、5-2、1-4、3-4、1-3、1-4、4-1、1-14番人気の組み合わせで決着した。

馬連配当は3けた〜2000円台5回、3000円台2回、6000円台1回、万馬券2回。上位1〜3番人気が連からそろって消えた年は1度もないが、2けた人気馬が連に絡んだ00年と02年に万馬券が出ている。

連対馬20頭はすべて前走重賞からの出走で、内訳はG1組10頭、G2組5頭、G3組5頭。オープン特別や条件からの臨戦馬は苦戦している。

前走成績は1〜5着馬の7、3、1、0、2頭と6〜10着馬の計7頭。前走で掲示板を外した馬でも巻き返し可能となっているが、7頭中5頭はG1からの臨戦馬だった。頂上決戦でもまれてきた馬なら、着順を気にする必要はなさそうだ。

ステップは天皇賞(秋)組が7連対でトップ。次いで毎日王冠組4連対、スプリンターズS組と富士S組が3連対の順。なお、最多連対の天皇賞(秋)組は8、2、7、1、6、9、1着からの臨戦で、7頭中5頭(4勝2着1回)はここ5年に集中している。

年齢別は3〜8歳以上馬が各3、8、6、2、0、1連対。連対率は8、20、12、7、0、33%。昨年、8歳馬のカンパニーが史上最年長の優勝を果たしたが、一昨年までは7歳以上馬の最高成績は08年の4着。高齢馬は苦戦している。

牡馬は149頭が出走して16連対(連対率11%)、牝馬が28頭で4連対(同14%)。牡馬が連対数で牝馬を圧倒しているが、率では牝馬が牡馬を上回っている。


◎…本命にスマイルジャックを推す。マイルに路線変更して、昨年関屋記念を勝ち、今春オープン特別の六甲Sを快勝。さらに安田記念で半馬身差の3着と確実に実績を積み上げてきた。ここ2戦はコース取りや馬群をさばき切れずに敗退しているが、もともとはスプリングSを制し、ダービー2着の実力馬。ベストの距離に戻って、たたき3戦目。悲願のG1タイトル奪取の好機だ。

○…ダノンヨーヨーはマイルに的をしぼって4連勝。重賞初制覇を飾った前走の富士Sではインを突いた馬が上位を占める中、大外からけた違いの末脚で差し切った。ここ3戦の上がりはすべて33秒台。マイルの頂点を射止める決め手も十分に備えている。

▲…テイエムオーロラは春に3連勝を飾ってマーメイドS3着。秋は降級戦で返り咲くと、前走・府中牝馬Sで重賞初制覇を果たした。相手はそろうが、今年は6戦5勝の好成績。充実一途の4歳牝馬から目が離せない。

△1…秋始動の2戦でオウケンサクラは凡走したが、3戦目の前走・天皇賞(秋)で古馬相手に4着と健闘した。マイルへの距離短縮はプラスで、春の桜花賞でアパパネと半馬身差2着の実績。鞍上が武豊騎手にスイッチするのも大きな魅力だ。

△2…サプレザは昨年同様に英国のマイルG1サンチャリオットSを楽勝しての来日。昨年は内をロスなく回ったカンパニーが優勝したが、15番枠から外々を回ってクビ差3着に追い上げた決め手は脅威。体調が良好なら上位争いに浮上する。

△3…今秋のショウワモダンは9、14、16着。3連勝で安田記念を制した春の勢いはすっかり影をひそめている。しかし、状態面に不安はなく、前走の天皇賞(秋)でも直線不利がなければ上位争いに加われる手応えを見せていた。得意のマイルでG1馬の底力が爆発しても驚けない。

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 ファイングレイン        
1 2 スマイルジャック    
2 3 ライブコンサート        
2 4 オウケンサクラ    
3 5 テイエムオーロラ      
3 6 ジョーカプチーノ        
4 7 ショウワモダン    
4 8 ダノンヨーヨー
5 9 トゥザグローリー    
5 10 マイネルファルケ        
6 11 ワイルドラズベリー      
6 12 アブソリュート        
7 13 エーシンフォワード        
7 14 ガルボ        
7 15 ゴールスキー        
8 16 サプレザ  
8 17 キンシャサノキセキ  
8 18 キョウエイストーム        

買い目

大多8=16 8=17 8-9 8-11 16=17
綾恵16=8 16=9 16-4 16-17 8=9
山田7=2 7=8 7=17 2=8 2=17 8=17
たま2=8 2=5 2=4 2=7 2=16
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。